林さんちの販売管理システム「産直くん」がバージョンアップしました・たった2年半でも栄光盛衰が激しいです

 昨日から林さんちの販売管理システムの「産直くん」の入れ替え作業をしています。システムだけを入れ替える方法もあるがパソコンごと入れ替えになった。この手のシステムは、5年で保守期間が切れるので、まだまだ前のパソコンが使えるのに新しくせざるを得ない状況です。林さんちの経営の心臓部なので仕方ないが少々出費は痛い。それでも今までの複写式の送り状からB2と呼ばれるレーザープリンターで印刷する1枚シールになった。ただシールに変っただけでなく今までは、送り状番号は、印刷してみないと分からなかったが、これからは受注の段階から番号が振られるので、産直くん上で商品の追跡がすぐに出来る。さらにコレクト、冷蔵、時間指定と言った細かい情報も産直くん上で送り状シールに反映されるので、今までのように細かい指定シールを貼らなくて良いので梱包作業が速くなります。さらにクロネコドライバーさんも今までのように複写の送り状をめくる作業が無くなります。その他では、全国2ヶ所のサーバーに自動バックアップするシステムの導入等でよりデータ保守に関しては強くなった。このシステムは、東日本大震災以来利用が多くなったそうです。まだ慣れない新システムだけど力を発揮してくれることを祈っています。


 午前中、配達スタッフがいないので私と妻で風土金澤へ納品に行きました。よく考えたらかれこれ2年半も通っている計算です。でも道すがら多くのお店や会社が入れ替わっていて栄枯盛衰を感じます。たった2年でガラリと様子が変っていることを思うと風土金澤も健闘していると感じます。


クロネコヤマトのシステムが新しくなって送り状が変わりました
新送り状

風土金澤に納品に行きました、、気づけば2年半経ちました
風土金澤

このエントリーをはてなブックマークに追加