2013年2月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 昨晩、事務所に忍び込み?(自分の会社なのに)仕事をしてもまったく山積みの仕事は、減らないが、熱も下がってうぉりゃぁ~!と給料支払いへ農協へ銀行へと飛び回ってから午後は、作業申し込む書を作付け台帳に入力と張り切っていたら妻が、病院からインフルエンザの診断を受けて帰っていました。あららヤッパリ、、と思っていたら「あんたまさか飛んで回っているんじゃないやろね?」と一枚の注意書きを渡されました。「熱が下がってもウィルスの感染力が残っています。二日間は、外部との接触は避けましょう。」ということは、まだ家にいなきゃいけないってことです。確かにバイオハザード並の感染力です。しかし元気なのに家にいるのは、どうにもこうにも落ち着かない。やはり今夜もみんなが帰社後にそ~っと事務所に行って仕事するしかない。


 今日は、春のような天気で明日降ろすカキモチをラスト乾燥でライスセンター全開で干しています。手前には、もうだんだん山積みになって来た床土が見えます。種籾も搬入されて後は、カキモチ待ちの状況です。でも明日は、早くも午後雨の予報で午前中勝負です。カキモチが降りると春作業の号砲です。


2013kaki0228.jpg

 インフルエンザも収束して来ましたが、まだまだフラフラします。でも今日は、メルマガの発行日なので我慢できずに夜、事務所に来て山のようなメールと郵便物を処理してメルマガとブログを書いています。妻が夕方、心配してボカシ肥料を見に行ってくれました。写真を見ると「んんん?温度が上がっていない?」と思って良く見ると温度計をサヤから抜いてありません。お茶目な計測の仕方に笑いつつも、盛大にカビやネズミの糞でワンダーランド化するボカシ肥料みて大丈夫なのかと心配になって来ました。

 明日は、月末、どうしてもやらねばならないことがあるので、今晩は、気合を入れて寝ます(炎_炎) でも今度は、妻に異変がぁ~(×_×) うつした?

ワンダーランドになりつつあるボカシ肥料、、(ToT)
ボカシ肥料
インフルエンザ三日、昨晩も途中で薬が切れて激しい頭痛で眠れず。でも体温は、約一度低下しました。でも寝ていても仕事のことが気になってゆっくりできません。でも集中して治さないと、、(ーー;)
インフルエンザの薬
昨日の朝、目覚めてからずっと激しい頭痛。二日酔いかと思ったが飛行機に乗り白山野々市消防本部での講習会に参加の時点でこれは、風邪かインフルエンザと確信。39℃近い熱で丸一日うなされて今日の朝医者に行くとインフルエンザA型と判明。点滴と薬をもらって寝てます。私自身インフルエンザにかかったのは、初めてです。月末も近づいているしすること山積みなのでとにかく治します。
小型ポンプ操法
昨晩の野田さん長浜さんとのご苦労様会は、盛り上がりました。久しぶりに会った塾生もいて楽し過ぎたが朝起きると激しい頭痛と節々の痛み(ーー;)しかし朝一番の便で小松空港、そのまま着替えて白山野々市消防本部での小型ポンプの講習会に参加。でも最初二日酔いかと思ったがどうも風邪かインフルのようです。帰宅後、速攻で薬を飲んで寝てます。明日、インフル判定に行って来ます、、やはり少々強行軍だったかな。
野田さんと上甲塾長

 今日は、午後から青年塾かつてお世話になったメンバー中心で野田前総理のご苦労さん会?が東京である。午後の飛行機で出て明日の朝一便で帰るトンボ帰りです。明日は、消防本部で操法の講習会があるのでどうしても顔を出したいのでこんな日程になった。野田さんとは、これで16年のお付き合いになるがいろんなことがありました。政治の世界とは、本当に魑魅魍魎がところだけど、その泥の中で咲く蓮のような存在だと強く感じます。総理の時代の功績に関しては時代が検証することになると思うが、ひとまず今回は、ご苦労様と言いたい。


 しかし東京に行く前にいろいろとやる事が山積み。米袋の在庫を確認して平成25年産米の袋の注文。作付申込書を土地台帳、作業台帳に入力。風土金澤から昨晩急な注文がありその納品準備。そいてボカシ肥料のチェック、、ところがブルーシートをめくると怪しい物体がたくさんありました。順調に温度も上がって発酵が進んでいるのは良いのですが、ポカポカと暖かくしかも良い匂いのするボカシを食べにネズミが集まっているです。しかも食べるだけでなく置き土産の糞をして行っているようです。まあネズミにとってもご馳走なんでしょうね、、( ̄○ ̄;)


順調に発酵が進み温度は上昇中ですが、、怪しい物体がぁ~~( ̄○ ̄;)
ボカシ肥料

 昨日の富山県の講演は、イマイチ切れが無くてスベリまくりでした。やはりパワーポイントに頼るとロクなことがないと反省です。その反動か遅れて参加したアグリファンド総会の後の懇親会では、爆発でした。2次会と宿泊の深谷温泉の石屋さんでも大盛り上がりで気づけば深夜でした。おかげで今日は眠くて、、( ̄○ ̄;) アグリファンド石川は、通称「借金友の会」ですが、とても自由な雰囲気でしかもとても勉強熱心な会員が多いので楽しい。今期から会長さんも新しく変わり新人も役員になってさらに進化していく予感です。


アグリファンド石川総会の会場のシノアからみた雪化粧の葡萄の木
ぶどうの木シノア

能舞台があることで有名な深谷温泉・石屋、、隠れ家的な温泉宿でとっても雰囲気が良いのです
深谷温泉石屋

 今日は、味噌作りの合間の日で女性スタッフは、午前中お休み、男性スタッフもスーパー産直コーナー周りや商品の細々した仕事をしています。こんな日は、米粉詰めにもってこいの日です。この粉モノの袋詰めは、なかなか気を使う作業です。下手すると舞い散るので落ち着いてやらねばなりません。私なんかじゃとても無理な作業です。林さんちの超普通じゃない米粉も爆発的には、売れませんが地味に少しづつ売れるようになった林さんちの定番商品になりました。最近では、でんぷん用のジャガイモの不作で給食用のでんぷんが高騰して林さんちの米粉をたくさん使ってもらったこともあります。でももっと売れるように頑張りますo(^o^)o


 今日、私は、ダブルブッキングです。富山市での講演と金沢市でのアグリファンド石川の総会が重なってしまいました。午後から雪が心配なので早めに富山に行き、講演を済ましたらトンボ返りです。でもちょっと高速道路は、凍結で飛ばせないからかなり厳しい状況です。せめて懇親会には、間に合いたいのですが、、( ̄○ ̄;)


林さんちの米粉詰め中、、なかなか粉モノの扱いは難しいです
米粉

 午前中、大豆の戸別所得保障の数量払いの書類が出来たのでまとめてデータ送信。しかし林さんちは、農協出荷の他に直売や味噌加工が多くてデータを揃えるのが大変でした。特に、スーパーの生産者直売コーナーは、うまくコード付け出来ていないので平成23年産と24年産がまたがった月のデータの証明に担当のスタッフが四苦八苦。この手の売り場もデータ管理を進めないと、税務署さんが来た時に困ることになる。でもここからまた修正の要請が来るのは、目に見えているので覚悟しています。たったこれだけの手続きでも大変なのでに、補助金をたくさんもらっている人の事務能力は凄いと思います。


 そして実は、今日は、結婚記念日、しかも25年目の銀婚式なのです。本当は、温泉にでも行って美味しいモノでも食べたいところですが、ここのところ出歩く機会が多く断念。かと言って花とかプレゼントを買うと妻は、嫌がるのでただ「ありがとう」と言うのみです。でも来週くらいやはりお食事会くらいはしたいなぁ~d( ̄^ ̄)


もう25年も経ったのかと思うのですが、、これからもよろしく(o^-')b
銀婚式

 昨日から続くHPページへのタグ付けをなんとか付けて修正加筆しました。全部で11ページ!果たしてこれで良いかは、今後の検証によります。でもあくまでこれもワードで作ったテキストにしか過ぎません。次は、これをMTに組んでもらうのは、林さんちのIT関係をお願いしているK氏に委ねます。検索エンジンの身になってコンテンツを作るのは、本当に疲れます。まあ慣れてくればどうってこと無いのかもしれません。だから11ページのうち後半にタグ付けしたページは、調子よく出来上がったので、前半部分は、もう一度校正するはめになりました。とにかくこれでHPドクターの宿題の一つは、クリアです。


 そして青年塾のことやらそれに続く志ネットワーク全国会議・石川大会の打ち合わせで走り回っていたので数日ぶりに「ボカシ肥料」を見に行きました。するとちゃんと温度が上がっているじゃありませんか!現在約42度です。少し表面にカビも見えますが、温度が上がってくるとそれも無くなるはずです。別になんにも菌を入れたりしなくても発酵するなんて不思議です。きっと私は、素手で掻き混ぜたので「私の菌」で発酵したんだと思います、、(o^-^o)


お!!!発酵して温度が上がっています!
ボカシ肥料発酵中

2月17日に山中温泉で行われた志ネットワーク全国会議・石川大会の打ち合わせです
山中温泉・胡蝶にて

 昨日は、山中温泉・胡蝶での打ち合わせ、懇親会、そして最後は、お風呂まで入ってお肌ツルツルになって帰って来ました。しかし興奮冷めやらずだが体は、グッタリしています。ここ1週間は、なんやかんやあったので今日は、ノンビリしています。現場では、味噌の仕込みをしています。林さんちのお味噌は、減塩ですがそれでも8%の塩分濃度です。しかし減塩が良いと言ってこれ以上塩分を減らすと味噌糀が働きが鈍ります。そして逆に他の雑菌が活動し出すので減らせば良いと言うもんでないのです。


 私は、せっせとHPの主だったページにタグを付け加えて加筆中です。HPドクターの指導でハナエチゼンとひとめぼれのテストページで実践した方法を各ページに反映して検索エンジンに読まれ易い形にして行きます。具体的には、h1=背表紙 h2=表紙 h3=見出し h4=小見出し そしてそれに関する記述は、300文字程度あると良い。しかも主語述語にすること。と言う形で書き換えて行くのだが、これって見出し?小見出し?と迷いながら検索エンジンの身になって考えるので疲れます。さらに外部リンクが多いとNGなので内部リンクでなるべく説明ページを作るということで宇宙人農家青年塾のページを作成しました。今後は、何かあるたびに増えそうです。でもフェイスブックは、30時間以内の連続投稿だと効果が薄いというのでなるべく間を空けるようにしているけど、これは、なかなか難しいです、、(* ̄▽ ̄*)


糀と大豆と塩を混ぜて味噌の素を作ります
味噌の仕込み

ミキサーでモンブラン状態にします、、塩分濃度8%です
味噌の仕込み
1桶大体55キロ分仕込みます、、空気が入らないように味噌団子を敷き詰めます
味噌の仕込み

 ついに今日は、林さんちで青年塾の金沢講座が行われます。女性社員さんにお願いしてオニギリとメッタ汁を用意してもらい昨日からテーブルとイスを持ち込み準備。今日も、朝から除雪や細かい設営をして待ち構えていました。そして塾生達が集まったところに、ちょうど思いがけずゲスト講師の高野誠鮮氏が来られました。今日は、大阪8時発のサンダーバードと聞いていたのですがなんと6時台の便に切り替えて間に合わせてくれたとのこと。こうなれば全ての予定をぶっ飛ばしてすぐに講話をしていただきました。憧れの高野さんの取り組みの一端でも塾生に伝わってくれたのではないかと考えています。早朝から駆けつけていただいた高野氏には、感謝です。

 あとは、塾生の研究発表と私の食育のお話でした。でもメインイベントが終了したのでホッとしました。最後に、オニギリとメッタ汁を食べて塾生を次の研修先「兼六園・時雨亭」に送り出して長かったこの3日間が終わりました。そしてOB塾生と後片付けをして解散。でも今日は、夕方から山中温泉で志ネットワーク全国会議石川県大会の打ち合わせがあり急いで準備して出かけます。まだまだ続く志の旅です。 


富陽ドームが研修会場に変身です
青年塾金沢講座in林農産

ようやく実現した高野誠鮮氏の講話、、奇跡のような参加です
高野誠鮮氏講話
私の食育講話です、、時間がタイトでしどろもどろ、、( ̄○ ̄;)
林浩陽食育講話

 今日は、朝から青年塾の金沢講座で今日の会場の会宝産業さんに出かけました。会宝産業さんは、いわゆる自動車解体業ですがその志がハンパでは、ない。世界中の発展途上国で問題になっている自動車の廃棄問題を解決すべく活動されています。当然、本業の解体業も我々の一般的な3Kのイメージとは、程遠い実に素晴らしい取り組みをされていて初めて見る方は、口アングリです。社長の近藤氏は、世界中を飛び回っている隙間に講話をして頂いていますが今年は、ロンドンから帰ったばかり昨年は、ナイジェリア!から帰ったばかりともうワールドワイド!近藤氏は、自動車解体業を静脈産業と呼び動脈産業の自動車製造業との循環を目指しておられます。最近では、解体で出る燃料やオイルでお米やトマトまで作ってその循環を完全なモノにしています。何度、お話を伺っても感動的な社長のお話でした。


 そんな凄い会社の後の研修会場がなんと林さんちの富陽ドームで行われるんだから大変です。もう昨年からこの日が来るのが怖いのが事実です。林さんちに40名近い参加者を受け入れてさらに食事まで摂れるスペースは、ありません。そこで窮余の策で富陽ドームを使う案を出したらなんと大好評で受け入れられました。青年塾の研修は、不便不自由不親切がモットーなのでまさに打ってつけの会場になってしまったのです。でも昨年は、たまたまお天気が良かったけど2月で雪でも降った日には、冷蔵庫のような中での研修になります。さらに雨やアラレが降るとハウスを叩く音で何も聞こえやしない。机もイスも何もかも運ばねばならないので大変です。それでも上甲塾長には、大好評で会場変更の様子はありません。頼むから明日が穏やかな天気であることを祈るだけです。


青年塾金沢講座の始まりです、、実りある研修でありますよ~に!
青年塾金沢講座

 今日から青年塾の金沢講座が始まる。今日は、夕方から夜、明日は、朝から昼過ぎに参加。そして夕方から林さんちの富陽ドーム(ビニルハウス)の17日の講座のために設営と掃除をします。昨年は、餅つきにカキモチ編みをしたことを思えば今年は、楽と言えば楽だがそれでも会社に上甲塾長夫妻を迎えるには緊張します。昨年から始まった講座ですがとても不思議な感じがします。まさか子供達の野球の練習用に建てたビニルハウスに上甲塾長をお呼びして青年塾の講座を開催するなんて考えもしませんでした。これまでの一瞬一瞬の選択決断がこのご縁を作ったのです。実りある講座になることを祈っています。


 ボカシ肥料作りには、温度計は、必須です。でも林さんちには、育苗用と水槽用の温度計は、ありますが土中温度計というモノは、ありませんでした。そこでホームセンターや園芸店を回りましたがありません。仕方ないので育苗用の温度計を使用していましたが、金属ケースに入った温度計は、直接ボカシには、触れないので温度が分からない。メモリが下の方にあるので奥まで刺せないとやはり不具合が出ました。そこで羽咋で見たデジタル温度計をアスクルで検索したらありました!さっそくポチッとしたらすぐに来ました、、早い!さっそくブスっと刺して見ましたが10℃、、でもこれってまだ気温と同じです。しかし何からお酒のような香りが漂って来ました。このまま腐らずに発酵してねo(^o^)o


やはりデジタル温度計でないと分かりません、、でもまだ冷たい
デジタル温度計

 愛器オリンパスPEN が無いので専務のデジカメを借りています。このカメラは、現場用カメラで耐ショック、防水と実に頑丈なカメラです。農作業を撮影するには、こんなカメラが良いんでしょうね。でもねぇ~~やはり綺麗に撮りたいし、いろんなレンズも使いたい。迷うところです。あと私のガラパゴス携帯 auの東芝製T002もなかなかカメラ性能が良くて上手く撮るとなかなかのモンです。このカメラも防水なので農作業や火災現場でも重宝しています。


 今日は、お味噌を仕込む日です。糀の生産は、予約のお客様の分をギリギリ出荷しつつのペースで進んでいます。出来上がった糀を布の上に広げて冷却、パラパラにしてあげます。そして販売用は、袋に入れてシール、味噌用は、バンジュウに入れてスタンバイです。同時に大豆もセイロで蒸して午後には、塩を入れて混ぜてミキサーです。林さんちは、もちろん手回しですo(^o^)o


専務のカメラ、、耐ショック、防水とヘビーデューティ仕様です
ペンタックス

お味噌用です、、広げてパラパラにしてあげます
糀
バンジュウに入れて今度は、蒸した大豆と混ぜます
糀

 昨日から何やら林さんちの機械が壊れる。カメラ屋さんに持ち込んだが結局、カメラの修理に2週間もかかる。この2週間は、妻のiphoneと専務の業務用カメラと携帯カメラを併用せざるを得ない。ふとカメラ屋さんのディスプレーを見ると同等機種でも3万~6万円台!う~~~ん、思い切って買い替えかとも思ったがプルプルして耐えました。でもねぇ~望遠レンズまで付いての価格ですからねぇ~修理見積もりがそれぐらいだったら即購入かも、、(* ̄▽ ̄*)


 カメラが壊れて落ち込んでいたらゼロックスのカラープリンターが故障してプリントが汚れるトラブル。以前もあったので今回は、中身を交換と思ったが10万円以上もするとのことで断念。なんとかメンテナンスで直してもらった。このプリンターは、もう保障期間が切れていて部品代が実費になるのである。そしてさらに昨晩、新しい田んぼ便りを完成させてプリント中に今度は、コニカミノルタの複合機が壊れた。にっちもさっちも行かず朝イチに修理をお願いした。このコニカミノルタは、故障したらそのデータが自動送信される優れもので部品を持参しての修理だったので対応は、早くて感謝です。普通は、壊れた箇所を見て部品の取り寄せなので1日動かないと言うことも考えられます。でもこのコニカミノルタが無いと納品書が出ないのです。でも朝どうしてもプリントしたいものがあってゼロックスを動かしたらエラーがまた出た。この時期は、気温の変化が大きくこの手の機械には厳しいようです。何度か電源を入り切りしてようやく作動しました。なんだか機械が壊れる時は、連鎖しますねぇ~。もう壊れんといて\(_ _)


う~んまだまだ上がって来ない、、温度計のせい?
ボカシ温度確認中

カメラ壊れる、、半年前に修理したばかりなのに、、( ̄○ ̄;)
オリンパスPEN故障
続いてコピー機壊れる、、業務ストップです
コピー機故障

 連休後の林さんちは、せわしない!餅つきに、味噌の仕込みに、風土金澤への納品、etcと山盛り。ネット注文もたまっていて発送準備も大忙しです。そんな盛り上がりの中、味噌作りの撮影をしていたらなんだかカメラがおかしい、、シャッターが切れても1回でモニターが真っ黒、しかも露出がおかしいので画像が真っ白に飛んでいる、、(ToT) しかし予想通りの糀不足でネット通販のカゴは、ず~っと売り切れのまま。やはりこりゃ来年は、2台体制やね。そして私の机の上は、事務作業も山積みになって来て焦り始めています。こんな事務仕事をしたくないから百姓をしているのに、段々増えているというパラドックスです。あ~~でもカメラを修理に持って行かなきゃ、、(×_×)


お味噌作り第3回目、、糀不足の中なんとかやっています
味噌作り

まるでモンブランのようなお味噌の素です
味噌作り

 昨日、自然栽培米用のボカシ肥料を作るために材料集め。まず困ったのが籾殻の入手、、近所の農家に聞いたらもう色々な資材を入れてボカシ肥料の発酵中。林さんちでも畑用にとったのがあったはずと倉庫代わりのハウスに行くけどもう無い。あ~こりゃ白山市のライスセンターに頼むしかないかなぁ~と思いましたが、ふと思いついて米作りをしている林さんちのバイト君に電話したら少しあるとのこと!10キロほど先の鶴来へ取りに行きました。次は、フネと呼ばれるコンクリートをこねる箱を探すが、確か昔あったと思うのだが見当たらない。でもそこで息子達の赤ちゃん風呂を発見。うん、これで十分(o^-')b 最後は、羽咋で使用していた地中用のデジタル温度計を探すが、普通の温度計すら無くて結局、育苗用の温度計を拝借。


 材料が揃った時点で、籾殻2:米ヌカ1の割合で水を60%、、ギュッと絞ってチョロと出る程度まで掻き混ぜます。皆さん、機械でやっている方もいるようですが、私は、少しづつ手でやりました。寒い日で手がかじかみますが、どうせやるなら素手にこだわりました。それを何回も繰り返し、必要分が出来た時点でブルーシートで包みました。翌日、温度計を刺してみましたが4℃、、気温と同じです。う~ん、ちゃんと発酵するんだろうか?少々不安になりましたが「自分を信じろ」と呪文を繰り返しています。


米ヌカと籾殻を混ぜます、、籾殻の入手で苦労しました
林さんちのボカシ肥料

水を加えて手で掻き混ぜます、、素手ってところにこだわりがあります
林さんちのボカシ肥料
ブルーシートで囲んで完成
林さんちのボカシ肥料
翌日まだ発酵していません、、冷たいままです( ̄○ ̄;)
林さんちのボカシ肥料

 昨日は、朝からフルマックスのところへ、車両火災発生で出動。すぐに鎮火したので白山市の農業人を営む番場さんの所へ急行。自然栽培米のことを勉強しました。番場さんは、今年ですでに4年目で実績を上げておられる私の大先輩です。木村秋則さんのことをラジオで知ってから始めたというのですから凄い方です。いろいろと親身になって教えてくださり感謝です。さっそく今日は、教えてもらった苗作りの基本「床土」の「ボカシ肥料」を作ります。レシピ通りやって上手く発酵してくれるかは、神のみぞ知るです。まずは、自分を信じるところからスタートです。

 そして昨日の午後は、鬼のHPドクターの指導を受けました。今回が最後となるのでさらに厳しい指導でした。まずは、SEO対策でいろんな指摘と対策をいただきました。そして今までの対策の効果も確認できたので、これからは、全てのページの改善を人力でやることになりました。もっともこの部分が辛いところですが、やるっきゃありません。そして林さんちの今後の販売戦略を相談しました。ここの部分も優しい私にとっては、心を鬼にして対応しなくては、いけない要素がたくさん出ました。まずは、価格改定です、、林さんちの商品は、安過ぎるとの指摘です。今度の消費税アップに備えて上げるべきとのこと。少々ストレスのかかることですが、自宅に帰って「ちょみぞう」に癒してもらってまた考えます。


番場先生の所へ指導を受けに行きました
番場さんのボカシ肥料

これが自然栽培用のボカシ肥料、、私に出来るか?
番場さんのボカシ肥料
チョミゾウ型コブラマシンガンです、、ドッドッドッ!
ちょみぞう

 昨日午後、JA羽咋さんへ木村式自然栽培米の指導を受けに出かけました。でも早く出すぎたので時間が余ってしまい、ふと思いついて「コスモアイル羽咋」に行きました。ここのアメリカ合衆国やソビエト連邦の宇宙船は、全部本物です。羽咋市役所のスーパー公務員の高野誠鮮(じょうせん)さんが集めて来たレアモノばかりです。当然、ディスカバリーチャンネルの宇宙モノは、全てチェックしている私には、宝物のような場所です。そしてUFOの展示も数々あって、宇宙人について知識を深めたところで宇宙人農家達に遭いに行きました。

 今回、JA職員、市役所職員、新規就農者の自然栽培をされている方と羽咋JA本店でお会いしました。私のこれまでの経緯や羽咋の状況を話したりお聞きして実際の栽培方法について質疑応答をしました。それから苗の床土作りとチェーン除草の機械を見せてもらいました。意外にもチェーン除草までは、大変だけどあとは、慣行と変らない。肥料をやらない分楽かもということでした。羽咋では、どうも高野さんが煽って私が鳴り物入りでの参戦となっているようで、驚きました。まあ私のような栽培の下手クソが実践できれば、誰でも出来るのは確実です。ということで今日も、朝から白山市ですでに実践されている番場さんの所に指導を仰ぎに行きます。今日の午後は、鬼のHPドクターの指導もあるけど、そっちは、もうぶっつけ本番です、、(×_×)


バイキング1号と月着陸船、、どれも本物です!
コスモアイル羽咋

トイレは、宇宙人が来ても大丈夫なサインになっています、、他にも色々(⌒‐⌒)
コスモアイル羽咋
今回お世話になったJA職員、市役所職員、新規就農者の方々、、皆さん優しかったです
JA羽咋
これがチェーン除草機、、まだまだ改造中とのこと、、この手配が問題です
JA羽咋

 今日は、加工場は、ようやく味噌作りに入ります。在庫がギリギリで推移していてネット注文も今は、在庫ゼロ状態。予想通りの展開ですが、味噌を仕込んでしまえば少しづつ販売して行きますので皆さんお待ちください。そして糀の菌糸のマクロ撮影に挑戦しました。なかなかミクロの世界を撮影するのは、大変ですがなんとか撮らえました。でもまだまだクリヤな画像では、ないので次回また挑戦します。

 今日は、午前中、市役所で会議、その後、羽咋市農協へ急行して木村式自然栽培の指導を受けて来ます。しかし昨日の春一番から一転吹雪です。早めに出ないとo(^o^)o


糀の菌糸の撮影に挑戦、、う~んもう少しか
糀マクロ

 2月17日に林さんちの富陽ドーム、、まあビニルハウスですが、そこで青年塾の金沢講座が行われます。この時、昼食も食べるのですが使用するのが林さんちのマイ食器です。今から10数年前に林さんちで田んぼのフェスティバルを開催した時に使い捨て食器を使うのが嫌で作った食器です。この食器は、加賀市山中温泉の山中漆器で出来ています。今から16年前に青年塾のいわゆる卒塾式の「出発式」で150人分の食器が必要になった時に山中温泉の知人がポォ~ンと寄付してくれた食器セットと同型モデルです。それには、「志」のロゴがありましたが、林さんちは、「お餅+お米」のロゴ付きで40セット作りました。それ以降、林さんちで行われるイベントで大活躍してくれています。昔は、冠婚葬祭を自宅でやったので必ず、九谷焼、輪島塗、山中塗の食器をたくさん持っていました。今は、そんな風習が無いので食器は、家族分のみという家が多いと思います。でもやはりこんな食器セットを持っていると、ひょんな場面で結構出番があって便利です。場所がだいたい外やハウスの中なので食器がチープだと雰囲気が悪くなるのです。使い捨ての発泡スチロールの食器じゃ出せない高級感があって一気に場が良くなります。本当は、この食器に糀を盛ってマクロ撮影しようと引っ張り出して来たのですが今日は、糀が出ない日でしたので明日撮影しますo(^o^)o


林さんちのマイ食器セット、、40セット所有しています
マイ食器

林さんちのロゴ入りです
マイ食器

 午前中、大豆の戸別補償数量払いの申請の打ち合わせを北陸農政局の担当者と打ち合わせをしました。しかし林さんちの大豆の販売先は、多岐に渡るのでその証明が大変です。農協に出荷のみの農家ならアッサリと帳票類は、揃うのですが林さんちは、そうも行きません。学校給食、ネット通販は、林さんちの販売管理で使っているクロネコヤマトの産直くんでサクッと分かるので簡単。味噌加工用は、自己申告で良いような書式が用意されています。まあこれは、一般的に多くの農家が申請するからだと思う。でも本当に、林さんちの大豆を使ったの?と言われれば何の証明もありません。店舗販売分は、レシートとエクセル販売データ表でしか表現できないので私の署名捺印で証明するしか方法がない。最後に一番、難しいのは、生産者直売コーナーでの販売分。昨年、この分を証明できなかったので直売コーナーの価格バーコードに大豆のコードを追加して今年は、分かるようにしました。ところが12月に、23年産と24年産を混ぜて売ったのでその振り分けを証明するために四苦八苦。そして農業祭り等のイベントで販売した分は、もう証明が出来ないので無理。ということで、とぉ~ってもややこしいことをしています。補助金が良くないのは、こんな非生産的な作業に時間が食われることです。でも悪法も遵守しないといけないと思い頑張ってみます。


 午後は、その今使っている産直くんが購入後5年経過して保障期間が切れるのでニューバージョンの産直くんのデモがありました。保障期間が過ぎると修理に2~4万円の出張費と部品の実費を請求されます。とてもじゃないけどそんなの無理なので仕方なくニューバージョンの購入となりました。でも多くのメリットがあります。今までの複写式の送り状ではなく、1枚のシールに印刷するタイプになります。これは、ドライバーさんが荷物を1個1個ピッと登録する必要がないので積み込み作業が圧倒的に楽になります。さらに産直くん自体に通信機能が付くので、荷物の行方も一発検索、さらにコレクト便の入金処理も一発です。ただし新しいレーザープリンターを購入する必要があるのと、今の複写式用のドットプリンターもどうしても運用上必要なので結局、事務機器がまた1台増えることになります。便利になったのか複雑になったのか分かりませんが、林さんちの根幹の部分なのでシッカリしないといけません。上手く移行できることを祈っています。


産直くんのニューバージョンのデモ機を操作中、、ふむふむなるほどってフリをしてます
クロネコ産直くんデモ

 林さんちの糀が出来て続々と出荷されています。林さんちに糀は、実に地味なパッケージでなんとかしなきゃと思わないでもないのですが、年間数十パックしか出ないので二の足を踏んでいます。あと問題は、保存方法です。林さんちの糀は、「生糀」です。よくスーパーで売っている糀は、「乾燥糀」が多いと思います。生糀は、生きているので時間が経つと袋の中で発酵して炭酸ガスを出しながら熟成して行きます。そこで冷凍庫に入れて保存をしていますが林さんちの冷凍庫は、容量が大きくありません。そこで炭酸ガスを吸ってくれるエージレスを使ってみることにしました。これで熟成速度が収まればもう少し販売期間を延ばすことが出来ます。でも発酵の仕組みは、本当にまだまだ分からないことだらけで勉強しないといけないことだらけです。先人達の知恵には、本当に脱帽です。


林さんちの糀です、、地味なパッケージですわ(* ̄▽ ̄*)
糀

今年は、少し保存に関して工夫をしています
糀
このエージレスは、二酸化炭素を吸ってくれるそうです
糀

 今日は、糀の発酵が終わり袋詰めの日です。間髪いれずすぐに次の発酵準備に取り掛かっています。今のところ予約分で自社の味噌作りが月半ばからしか出来ないようです。本当に間に合うのか心配になって来ました。今年の糀には、ハナエチゼンの2番米を使用しています。糀に適しているのは、なるべく硬めのお米で、かつまた表面に傷があった方が良いので2番米が良いのです。以前、それを知らずに1番米の綺麗なお米を使用したら糀屋さんにそれは、発酵しにくいしコストも合わないと言われました。なんでもかんでも1番米を使うのではなくて作るモノに対して適したものがあると言うことです。


 昨日の夕食になにやら珍しい野菜が出た。ブロッコリーでもないカリフラワーでもない「ロマネスコ」と言う野菜らしい。食感は、ブロッコリーの硬い版と言った感じでしたがシチューで美味しくいただきました。いろんな野菜があるけど一般の人の食べる野菜の種類って本当に数種類らしい。魚も同様で、イワシ、サバ、タイ、サンマと言った具合。でも実際には、雑魚と呼ばれる多様な魚が捕れているのにも関わらずです。結局それが地産地消を妨げているのです。 しかし人間って食べ慣れたモノ、料理し慣れたモノを買ってしまうんです。また消防メシが始まるので私も反省しないといけませんね。


糀発酵終了して冷却中です
糀発酵

上手く発酵したようです、、これを袋詰めします
糀発酵
昨晩、自宅で食べた恐竜の野菜?ロマネスコ、、カリフラワーとブロッコリーの合体らしい
ロマネスコ
暇なので「ちょみぞう」の撮影を各種モードでやっています
ちょみぞう

 日曜日、金曜日の消防団の温泉の疲れで土曜日は、1日中ゴロゴロしていました。今日も珍しい何も予定の無い日曜日なのでさらに家でゴロゴロ。でも加工場では、専務が休日出勤をして糀発酵に仕事をしています。とにかく予約も一杯、味噌作りも一杯とギリギリの生産体制なので1日も無駄に出来ません。休日出勤をしてフルに生産する予定なんです。まあもう1台購入すれば無理をする必要もないのですが1台30万円の機械の代金とその世話を考えると1台でこなさえることに越したことはありません。この発酵器もずいぶん悩んで購入したけどもう8年も経ったと思うと時間の過ぎるのが早い。最初は、電気毛布と発砲スチロールで作りました。次は、稲の苗の芽出し器と布団乾燥機でやろうとしました。でもなかなか安定して発酵させるのは、難しいので結局購入したのです。当時は、そんなに糀の需要もなくてずいぶん無駄な投資と思いましたが、いわゆる先見の明があった、、という事ですかね(o^-')b さあ明日には、完成して袋詰めです。生産が追いつきますよ~に!


これが糀発酵器です、、もう購入して8年も経つんだd( ̄^ ̄)
糀発酵器

中の温度を発酵の状態によって自動的に上げたり冷却したりします
糀発酵器

 昨日、野々市市消防団第2分団の新年会&家族慰安会を山代温泉・瑠璃光にて開催しました。今年は、新入分団員の家族も増えてとても盛り上がりました。温泉が初めての子供達もいたと思います。飲み食いは、全て自由ですので分団員家族も子供達もパラダイスです。私も、今年は、禁断の〆のラーメンまで食べました。まあおかげで、これから先の活動は、極貧生活に入ります。でもせめて1年に1回の贅沢を家族の方に味わってもらうためには、惜しくない投資です。まずは、家族の理解がないと消防団活動は、成り立ちません。特に新入分団員の家族は、右も左も分からないと思うのでなおさらです。そして今日の朝は、ロビーの喫茶で甘いモノをみんなで食べて終了しました。今年1年が分団員そして家族にとって良い年でありますよ~に!


 でも実は、昨夕、山代温泉に向かっている時、野々市市で火災発生!もう小松に差し掛かっていましたが、速攻でUターン、辰口まで来た時点で誤報と判明。うちの管轄地域ではなかったのですが、もし管轄内で本当の火災だったら消防団の温泉が全てキャンセルになるところでした。ところが宴たけなわの午前1時に白山市内で火災発生!ここも応援地域で無かったので出動は、しませんでしたが、どんな場合でも常に有事に備えねばならない消防団としては、ヒヤヒヤな1日でした。でももちろん、こんな時に備え、各分団が同日に温泉に行くことはありません。必ず他の分団のバックアップ体制がありますのでご安心を。さらに数名、温泉に参加しなかった分団員も待機しています。でも危なかったなぁ~(* ̄▽ ̄*)


総勢70名参加の消防団の温泉です、、この後、怒涛の盛り上がり!
消防団温泉

 カキモチ作りが終わって一段落、そして次の糀と味噌作りのために加工場を清掃します。林さんちには、ボイラー付きの熱湯が出る洗車機があるのでそれで清掃します。熱湯で洗うので綺麗になります。そして今日は、林さんち恒例の恵方巻きの日です。昼食を社員みんなで恵方巻きをほうばりました。あまりに美味しいので食べ過ぎてしまうので要注意です、、っていうか作り過ぎじゃない?そして今日の夕方から山代温泉・瑠璃光で野々市市消防団第2分団の新年会&家族慰安会があります。老若男女70名の参加で大盛り上がりの予定です。まあ私は、お世話係なので大変ですが、それでも明日は、二日酔い必至です。ウコンを購入して行って来まぁ~す\(^o^)/


カキモチ作りが終わり加工場の清掃を熱湯ジェット噴射で行います
加工場掃除

林さんち恒例の恵方巻きです、、今年も良い年でありますよ~に!
恵方巻き
たくさんの種類の恵方巻きを作ってくれました、、でも大きいのでお腹一杯です
恵方巻き