風土金澤への初荷は社長が作りました・出初式は分刻みのスケージュールです

 林さんちは、6日までお休みですが風土金澤・エムザ店から昨晩ドッサリと注文があり、社長一人でシコシコと納品準備です。幸い餅以外の加工品は、これを見越してスタッフが製造してあったので詰めるだけです。しかしお米は、2キロ袋、2合袋を精米からスタートして小さい袋に詰めて行きます。いつもは、慣れたスタッフが素早く作業をするのですが、口だけの社長では、なかなか前に進みません。結局午前中いっぱいかかって準備完了です。配送は、午後から明日の出初式のハシゴの市役所への搬入があるので、ちょっと重いので心配ですが妻にお願いしました。休み中は、夫婦でなんとかこなして行くしかありませんが、エムザ店も金沢駅百番街店も2日から営業しているので、正月早々仕事をしているスタッフのことを思うと当然です。お餅の狂想曲も終わりここからは、通常営業での勝負です。たくさん売れるといいなぁ~。


 昨晩、登り手の最後の調整を兼ねてハシゴ練習をしました。昨年の最終の練習が12月26日と間が空くので練習日を設けました。出初式の登り手の栗山君も良い仕上がりです。あとは、お天気が良いことを祈るだけです。今日は、市役所に予めハシゴと装備を搬入します。明日の朝8時集合から分刻みで動くのでなるべく余計な作業をしたくないのです。朝の裸放水要員のフンドシ締めから始まり、式典、車両行進、ハシゴ登り、初放水、町内を回り安全祈願初放水、町会長さん議員さんへの挨拶周り、後片付け、打ち上げ、分団長以下全員が役割を持って的確に動くように綿密に計画されています。私も色々と隙間を埋めるべく懸案事項が山積みですが今晩しっかり準備して明日を迎えるつもりです、、(炎_炎)


風土金澤の初荷をお正月休み返上で納品です、、売れますよ~に!
風土金澤初荷

このエントリーをはてなブックマークに追加