2013年1月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 月末業務で走り回る中、2月2日~4日に金沢市の名鉄エムザの風土金澤で行われるお雛祭りフェアーの準備も平行して進めています。加工現場の方も、餅つきが糀作りのためにしばらく出来ないので、急ぎお餅の在庫を製造中です。今回のフェアーで新商品「素焼きあられ」を販売します。林さんちの新商品開発能力は、非常に低くてなかなか形になりません。私は、イケイケドンドンで適当に?作って行くタイプですが妻は、超慎重でユックリとしか動かないのでいつも不協和音で前に進まないのです。まあ多くの場合、妻の言うことが正しいので私は、従うことが多いのですがとにかく時間がかかる。今回の「素焼きあられ」も昨年の寒中に製造したあられの素から始まっているので1年がかりでようやく小さな小さな小袋の完成です、、やれやれ。他の宇宙人農家は、ガンガン新商品を発表しているのに比べ、UFOと機関車くらいの差です、、(×_×) まあそれでもなんとか完成したので今度は、ポップやプライスカードの作成に入ります。モノを売るっていうのは、本当に大変です。


ひし餅のリボン付け、、1個1個時間をかけて結わえて行きます
ひし餅

林さんちの新商品「素焼きあられ」、、まずは、風土金澤と産直オーナーで販売です
素焼きあられ

 午前中、金沢市四十万小学校5年生の収穫感謝の会に行きました。四十万小の米作りは、地域の方がやられていて林さんちは、トラクター作業と出来た餅米の精米と餅つきを担当しています。子供達は、加賀野菜、お米の歴史、笹寿司とちまきの紙芝居やパネルで発表してくれました。なかなかの発表方法がバラエティーに富んでいてレベルの高さに驚きました。ただし昨年まで米作りをお手伝いされていた地域の方が高齢化で辞められることになりました。こうなると困ったのが校長先生、なんとか四十万小の伝統を守ろうと奔走されています。無くすのは、簡単ですが継続だ大事です。当然、林さんちにもオファーは、来ましたがさすがに子供達の米作り授業は、現状で一杯一杯です。そして簡単に林さんちが受けるのは、簡単ですがやはり地域の方で子供達を支えるのが一番です。なんとか後継者を見つけて続けて欲しいと願っています。


四十万小5年生の発表中、、ベジタン登場で加賀野菜の説明中
四十万小感謝の会

子供達が収穫した餅米で搗いた餅で「ぜんざい」を頂きました
四十万小感謝の会
今日のちょみぞう、、大あくびです
ちょみぞう

 かきもち搗きが終了しました。次は、速攻で「ひし餅」作りです。最近は、なんでも季節モノが早くて1月中から準備しないと販売時期を逃してしまいます。風土金澤でのおひな祭りフェアーも2月2日から始まるので急いで準備しています。林さんちは、特別な菱型の型があるわけでもないので、定規を当ててシコシコ切って組んでいるので手間も時間もかかりますが、完全な手造りです。さらに今年は、「素焼きあられ」も準備中ですが、これは、まだラベルすら完成していません。急いで準備しなくてはいけません。そしてこれらを仕上げたらすぐに糀作りに突入します。今年は、もう1台発酵器を購入していましたがとりあえず1台で生産することになりました。2月中は、限界まで稼働させて頑張ります。そして私は、政策金融公庫主催のフードネット北陸に参加して来ます。毎年、多くの農業者と会える楽しみにしている会です。


定規で30度の角度をつけて台に載せます
ひし餅

ずれないように慎重にカッターで切ります
ひし餅
これで緑の部品が完成です、、次は赤、白です
ひし餅

 週末会社を空けていたのでドッと仕事が溜まっていて朝から全開です。倉敷でお世話になった方へのお礼や自然栽培米の種子の入手に向けての準備もさっそく始めました。でも社員の皆さんに自然栽培米を始めると宣言したらみんな一様に「え~~~( ̄○ ̄;)」って顔になり、年配の社員は、「私しゃ世話せんしね」と言うし母親に至っては、「私の見えるところでやるな」と怒り出す始末、、(×_×) まあ10年前に、紙マルチ栽培で無農薬米を作ると言った時と同様なので結果が出れば納得するでしょう。今回、木村式の自然栽培をされている方は、技術うんぬんというより「自然体」の方が多くてよくある宗教チックなトゲトゲしさが無い不思議な雰囲気でした。そして実践者のうち多くが農業者以外から参入してやられていました。つまり慣行の栽培方法を知らない方が実は、上手く行くようです。私のような煩悩の塊は、まずは「素直」になることからスタートです。先は、長い、、(* ̄▽ ̄*)


 そんな少々ブルーな月曜日でしたが、昨年食育授業に行った加賀市の金明小学校からお便りを頂きました。私の食育授業の感想が書いてありしたが実によく聞いているなと感心しました。これからの食育活動にとても励みになります、、o(^o^)o


いよいよ北陸らしいお天気になって来ました(o^-^o)
雪

加賀市の金明小学校からお便りを頂きました
金明小学校

 昨晩、風雪でダイヤがガタガタの中、予定した車体が用意できずに通常の12両が8両と短縮されたサンダーバードで帰って来ました。でも23時31分着が40分遅れて深夜に到着。今日は、そんな少々寝不足の中、朝8時格納庫集合で管内の文化財火災防御訓練が行われました。想定場所は、三納町会の神社。訓練は、消防署、地域の方、自警団と共に行われました。訓練は、若い衆に任せ私は、カメラマンで神社の中にいたら9時に火災用の発炎筒が焚かれました。すると町内の方が何人も神社に入ってきて何かを持ち出して行きました。ビックリして中を見るとそれは、ダミーのご神体でした。訓練は、雪の中、無事終了して帰ったあとポンプ点検と装備の扱いを新入分団員を中心に訓練しました。ここでも、訓練は、部長さんに任せ私は、格納庫の掃除でした。訓練は、熱心に行われた、これで有事の際は、新入分団員も戦力に、、なると信じています。


2013bunka.jpg

午前中、岡山空港へ木村秋則さんを迎えに行きました。車内でマンツーマンで指導を受けるにあずかりました。そして生産者説明会、懇親会とジェットコースターのような一日を終え帰路につきました。多くの出会いがあり、多くの驚きもありました。収穫の多いこの二日でしたが本番は、これからです。
木村秋則さん講演
石川県は、朝から暴風雪です。おかげで特急サンダーバードが朝から何便も運休。倉敷に出張なのにピンチ!どこかに出かけるたびに、この調子だがエライ人と待ち合わせているので遅れるわけには、行かない。二便早めて出発しました。幸い四分遅れで京都で乗り継ぎでした。あとは、余裕、、のはずです。一時間早く着きます。今日は、岡山で木村式の自然栽培米を実践されている方と会食です。緊張してます。
京都駅

 毎日の日記ネタに困った時の基本は、どこの世界も「動物ネタ」「赤ちゃんネタ」で決まりです。そこでいつものPENくんのレンズをパンケーキレンズに交換して「ちょみぞう」の撮影です。このレンズは、単焦点レンズですが軽いし可愛いそして明るいので猫との近接撮影には、もってこいです。お天気も良いのでサンテラスでパチパチ撮って楽しんで会社に戻ったら忘れ物を思い出して自宅に帰ると、なんとサンテラスから脱走中の「ちょみぞう」と遭遇、、「やべっ、、」と言う顔をして二階の屋根伝いに着地できる場所を探し回ります。以前は、納屋の小屋根から下に駐車してあったステージアのルーフに着地でしたが、なんと今回は、母親の漬物小屋の屋根から直接地面にジャンプ!見事着地しました。前のアメショーの「ちょみのすけ」は、体重を支え切れず転倒ねんざをしたのですが、まだ体重4.3キロの「ちょみぞう」は、なんなく着地。パラダイスの屋外に脱走して行きました。また捕まえるのに苦労しそうです。特に今日は、暖かいのでなかなか戻って来る気配がありません、、(ToT)


お天気に誘われて脱走中の「ちょみぞう」を発見!
ちょみぞう脱走中

着地地点を散々探した挙句に、ついに意を決して飛び降りる
ちょみぞう脱走中
見事な飛行姿勢です、、伸び切っています
ちょみぞう脱走中
そして着地、、脱走成功です( ̄○ ̄;)
ちょみぞう脱走中
まあ家でゴロゴロしている時は、可愛いもんですが
ちょみぞう脱走中

 毎日、カキモチ作りのネタしかなくブログ作成に苦労しています。スタッフからも毎日毎日、地味な写真ばかりやし、かと言ってプランターの花まで撮影するには、よほどネタが無いな、、と突っ込まれながらも結局今日もカキモチネタの日記です。 どうせならとカキモチ切り作業動画も撮影しました。カキモチ作りで一番時間と正確さが必要な作業です。1日70本切るのですが約5時間かかります。時々ノギスで計りながら林さんち基準の4.2mmに切って行きます。0.1mmでも厚いと焼くと芯が残り、0.1mmでも薄いと歪んだり割れたりします。それほど微妙な世界なんです。私もやったことありますが、あまりの単純作業にすぐに飽きてしまい、今やっているスタッフの忍耐力には、脱帽です。


カキモチ切り、、カキモチ作りで一番時間と正確さを要求されます
カキモチ切り

今日は、青のり入りのカキモチを作っています
カキモチ型入れ
青のり入りのカキモチ編み、、美味しいのですが青のりの緑は出ませんね
カキモチ青のり

 今日もカキモチ作りです。せっかくなのでかキモチ作り動画を撮影しました。作り手は、我が社の最年少のタクマ君。まだまだ90センチのトボ餅が全て回転するところまでは、行っていませんが、まあまあ合格でしょう。搗きたての餅は、柔らかいので、あっちを回せばこっちで潰れると言った具合なので、餅が潰れて平たくなる前に手で回してあげないとダメです。2本の手を千手観音のように動かす必要があります。


 餅つきと平行して「カキモチ編み」も進めています。昔のワラやワラ縄で編んだ頃は、3本で編んでいたようですがワラだと吊れるのは、せいぜい5~6枚、ワラ縄もそんなに吊れません。じゃあ似た感じの麻紐で編んだら実は、この手の紐やロープを作るのに油を使用しているようで、その油分がカキモチに付着して上手く乾燥しないことが判明。そこで今のポリエチレンの紐に落ち着いたのです。しかも細いと乾燥して小さくなった時に滑って落ちるにで太めの商品を探して来て使っています。そしてさらに4本で編んで小さくなって緩んでも安定するようにしています。編む枚数は、25枚前後でライスセンターで吊るす時のスタッフの身長と同じにしてあります。余り長いと吊るす作業も大変ですが、下にフォークリフトが走るスペースを確保しないといけないので25枚前後に統一しています。カキモチは、つくづくノウハウの塊ですね。だからこそ、みんなに良く知ってもらって美味しく食べて欲しいと願っています。


林さんちのカキモチは、4本で編みます、、この方が安定します
カキモチ編み

 いつの間にか昨日の雨で雪が融けてしまいましたが、朝から快晴で放射冷却です。ライスセンターの前の水溜りがいろいろな幾何学模様に凍って綺麗です。そしてあんだけ雪が積もってもますます綺麗なのが葉ボタンです。なお微妙に成長して葉の密度が上がったようです。そして一緒に置いてあるパンジーは、雪で潰れたよに見えてまったく無事で綺麗に咲いています。冬の白黒の世界で貴重なフルカラーを提供してくれています。


 工場では、いつものようにカキモチの計画製造が進んでいます。そしてこの好天に工場の前には、揚げカキモチ用にカキモチを干す風景が見えます。この「揚げカキモチの素」は、割れたカキモチを使用するいわゆるリサイクル商品です。昔、カキモチ作りが下手くそで良くカキモチが割れました。でも割れたカキモチを格安で販売すると翌年から普通のカキモチではなくて安い「割れカキモチ」の注文が殺到。そうなんです実は、割れるか割れないかのギリギリが一番美味しいので割れてしまったカキモチは、商品価値は、なくとも実に美味しいのです。その割れカキモチをなんとかしようとして生まれた商品です。でも今では、割れカキモチは、ごく少量です。そこで干したカキモチの中でトボ餅の前後の形の良くないモノをわざわざ割って使用しています。よそでは、わざわざ商品を割ってまで焼いたり揚げたりしているところもあるようですが、まだそこまでは、行っていません。でもそのうち供給が追いつかなくなったらどうしようか思案中です。林さんちのい商品で捨てる部分は、ほとんどありません。必ずなんらかの形でリサイクルして「お金」に換えていますo(^o^)o


雪は、融けましたが放射冷却でキンキンに凍った朝です
放射冷却

揚げカキモチの素を干しています、、今では貴重な材料です
揚げカキモチのモト
度重なる積雪でもますます綺麗な葉ボタンです
葉ボタン
雪で潰れたように見えてまったく影響なく元気なパンジーです
パンジー

朝から藤平町内会の総会があった。下水道工事が近づいて公民館の工事費のことや、人事のことで、喧々諤々あったがなんとか話し合いがついた。その後、恒例の懇親会があって昼間から飲んだら一日終了でした。

 

昨晩、妻が突然テレビの上から見下ろす『ちょみぞう』を見て天草四郎に似て来たと突然いうので笑えた。たしかにタテガミが最近ハンパなく大きい。どこまで大きくなるのだろう。

 ちょみぞう

 今日は、カキモチ製造の日です。餅つき、カキモチ切り、カキモチ網、そしてカキモチ干しと全工程が行われます。外も雪が積もってようやく「寒中」という感じになって来ました。私は、カキモチ干しの鍾乳洞が大きくなったのでトップ画像用の撮影をしました。カメラのアングルやモードをあ~でもないこ~でもないと変えて、さらにレンズも交換して撮影しました。なかなか完璧!という写真が撮れないのは、腕のせいですがこれも数をこなすしかないと思うので次回の撮影に期待しましょう。


 私は、この間に今年の作付け計画しています。今年、面積が少し増えること、ミルキークィーンを紙マルチ栽培すること、木村式自然農法をすること、、等々新しい試みが多いので早めのシュミレーションです。実際は、2月に作業申し込み書を送ってから確定するのですが、それまで待てません。種子の注文も早めの押さえておかないと手に入らない品種もありそうです。


カキモチ干し、、鍾乳洞が大きくなってきました
カキモチ干し

ポップアートで撮影してみました、、派手!
カキモチ干しポップアート
マクロレンズで撮影してみました、、雰囲気が出ます
カキモチ干しアップ

 昨晩、若手稲作経営者の新年会に混ぜてもらって美味しい焼肉とビールを頂きました。今は、どんどん新規就農者が入って来る時代なんだなと彼らを見て思いました。確実に世代交代の波がやって来ています。今日は、カキモチ製造は、お休みの日ですが、私もスタッフも風土金澤や生産者直売コーナーへの納品準備で大忙しです。外は、雪が少し積もってカキモチを干すには、ちょうど良い具合です。


 私は、お隣の松任駅に1月26日に倉敷で行われる「木村式自然米の生産者説明会」にお誘いを受けたので切符を買いに行きました。ずっと長い間工事中でしたが足場の隙間から駅舎の全容が見ることが出来ました。どうも霊峰白山をイメージした駅になるようです。でも整備場は、あるけど肝心の新幹線は、停まらないと聞いています。確かにいくらなんでも金沢と松任では、近過ぎます。新幹線が加速したと思ったら着いてしまうので当然のことですが残念ですね。でも野々市駅は、金沢でも松任でもどっちに行っても中途半端な位置なのであまり関係のない話です。


ようやく少し積もりました、、この程度がちょうど良いですね
雪景色

松任駅に切符を買いに行きました、、霊峰白山をイメージした新駅舎が見えました
松任駅

 今日は、野々市市の御園小学校5年生の餅つきに出かけました。最初、先生から子供達が育てた餅米で餅つきをしたいのだが、蒸す手段がないのでなんとかならないか?という妙なメールが来たのが最初でした。しかも時間割の都合で午後1時50分にピンポイントで餅つきをしたいと言うのです。林さんちでは、今カキモチを全開で搗いている最中なので、大丈夫かな?と思いましたが昼食時間に蒸すことが出来ると分かりました。あとは、冷やさずにどう運ぶかですがセイロにいれたまま一気に車で飛ばし小学校で給食ご飯用の保温箱に入れることにしました。最初、餅っ子でこねてから搗く予定だったのですが、林さんちのセイロとボイラーで蒸した餅米は、硬いので上手に出来ないし冷えてしまうということで「小搗き」から全て手で搗くことにしました。そして今日の本番、セイロをバイクの車載用のバンドで留めて出発、御園小の体育館では、もう先生も子供達も準備万端!冷えるので挨拶もソコソコに速攻で餅つき開始!案ずるより生むが易し。美味しいお餅を搗くことが出来ました。以前、地元の富陽小学校でこの方法で失敗したのですが、御園小の子供達は、セイロの餅米の香りに感動してくれて心配はいりませんでした。こりゃ来年以降も言って来そうな予感です。しかし小搗きから全開で搗いたので結構、神経痛がぶり返したかもぉ~~( ̄○ ̄;)


セイロで蒸した餅米を積んでスクランブル発進です
御園小学校餅つき

結構がんばって搗きました、、神経痛がぁ~~(×_×)
御園小学校餅つき
手回し式丸餅切り器で切り分けたお餅をみんなで食べました
御園小学校餅つき

 昨晩、風土金澤の会議があったがメンバーは、当然、宇宙人農家達ばかりです。金沢駅に降り立ったら反対側のホームにUFOが!良く見たらUFO電車でした(* ̄▽ ̄*) みんなこれに乗って来たのだろうか?そして今日は、宇宙からシャバに戻ってibrd=いしかわ大学連携インキュベータで授業をしました。学生さん50名ほどにマーケティングセミナーとして90分話しましたが、ちょっと詰め込み過ぎて時間が足りませんでした。林さんちのマーケティングを説明するとなると経営基本理念や社訓と言った基本的なことから、今まであった色々な事件?天皇杯受賞や食育授業のことを話さないといけません。まあなんとか帳尻を合わせましたが早口になってしまい学生さん達分かってくれたかな?しかも真面目な学生さんでいつものようにドッカンドッカン来ません。女子がクスッと来る程度で私的には、少々撃沈気味でした。まあ授業でお笑いに行っているのではないので仕方ないと自分に言い聞かせていますが、、(* ̄▽ ̄*)


宇宙人農家の会合でUFO電車に遭遇、、驚いた
UFO電車に遭遇

いざibirdでの講演です、、お天気が良く居眠り日和?
IBIRDセミナー
熱血授業中です、、マーケティングセミナーだけどほとんど横道です(×_×)
IBIRDセミナー

 忙しない連休が終わりようやく平常運転に戻った林さんちです。せっせとカキモチを作っていますが、そろそろ編みと干しが本格化して来ました。総数10万枚以上をライスセンターの天井に吊ります。全部吊られると鍾乳洞のように綺麗になります。しかし干しに関しては、雪が積もっている方がジックリと乾くので良いのですが、なんとここ数日、東京で雪が降って北陸は、雨、、( ̄○ ̄;) 気温も高く推移しているので少々心配しています。週末に向けて雪の予報なので期待しています。でもあんまり降りすぎるとマズイのでホドホドでお願いします。


 明日、近所の県立大学に付設された「i-bird=いしかわ大学連携インキュベータ」で大学生に向けてマーケティングの授業をします。多くの優秀な諸先輩方が授業をされているので少々気が引けますが、まあ付け焼刃で頑張ろうと昔の講演資料を引っ張り出して作り直しています。ちょっとボリュームが大きいので心配ですが、まあ足りないより良いでしょう。


カキモチを干し始めました、、まだまだ地味ですがそのうちカラフルに
カキモチ干し

 昨日の午後は、富陽学童野球クラブの餅つきでした。今から13年ほど前から林さんちの餅工場で蒸して餅つきをしています。昔は、富陽ドーム(ビニルハウスの野球練習場)がなかったので外のテントや工場の中で子供達と食べていました。そのうちドームが出来てからドンドン大掛かりになって餅つきの後は、焼肉で新年会をするようになりました。最初の頃は、有志のオヤジで細々とやっていたのが今では、大々的にやって大盛り上がりです。私もお呼ばれして飲ませてもらってご機嫌でバタンキューでした。お世話をする保護者の皆さん、本当にご苦労様です。でも5年生以上は、富陽小学校で餅つきを一度経験済みなのでとても上手に搗いていました。


 今日は、成人式ですが野々市市は、昨日終わったので静かな休日です。年末年始ほとんど休めずに走って来たので完全休養日にあてて夕方までゴロゴロしていました。まあそれでもブログ、フェイスブック、メルマガと風土金澤で行われている「おかきフェア」の撤収に行くのでまあ完全休養ってわけには、なかなか行きせん。それでも神経痛は、少し良くなって来ました。次男は、お昼ごろに「帰るわ」とアッサリと雪の東京へ帰って行きました。男子は、簡単なモンです。


子供達が順番で餅つきをします、、5年生以上は経験者なので上手です(o^-')b
富陽学童野球クラブ餅つき

お母さん達が大勢でお餅を仕上げて行きます、、今年は10臼!
富陽学童野球クラブ餅つき
そして恒例のメッタ汁も準備してみんなで食べます。オヤジ達は同然、、(⌒‐⌒)
富陽学童野球クラブ餅つき

 今日は、朝からバタバタうるさい、猫も興奮し走り回っています。原因は、次男が成人式に出席のため昨晩帰省。朝からシャワーやらスーツを着たりと大騒ぎです。だから夜のうちにスーツやシャツに付いているタグを取っておけと言っておいたのに、なめていたようで朝見て大慌て。しかも記念撮影中に仕付け糸が残っているのを発見。これから立派な社会人になって欲しいと願う親の気持ちとは裏腹に、バタバタのスタートでした。でもこれで一つの節目を超えました。


 私は、私で朝から消防団員として左義長の準備で出かけました。最近は、左義長の日時と場所、そしてs消火の報告まで消防署に必要です。最近は、左義長の意味を知らない新しい住民も多く、少し煙が出ただけで通報されるのです。しかし今年の竹が立派過ぎて大きな差義長で盛り上がりました。熱い熱いと言いながら書初めを飛ばしたり、餅をみんなで焼いて楽しみました。そして午後から富陽学童野球クラブの餅つきです。でも朝から頑張り過ぎて神経痛が痛くなって来ました、、(ToT)


次男・亜久里の成人式の前に記念撮影です
亜久里成人式

左義長開始、、竹、大き過ぎない?
左義長
恒例の書初め飛ばし、、高く上がると字が綺麗になると言われています
左義長
これまた恒例の餅焼き、、左義長で焼いた餅を食べると1年風邪をひかないと言われています
左義長

 昨日の農協でもご婦人方への講演会は、いつものようにドッカン!ドッカン!盛り上がりました。そしてその後、林さんちを含め石川県の農業者が若い時にお世話になった経営指導の恩師との食事会で、旧県庁のしいのき迎賓館の中の「ポール・ボキューズ」に行きました。しかしとっても美味しい食事でしたがかしこまった雰囲気に神経痛が再発、、(ToT) 修行のような数時間でした。また元気な時に行きたいですね。


 カキモチ作りも今日から「編み」と「干し」が始まります。カキモチを切るとカキモチに「歪み」が生じるので切ってすぐに編んで干すと割れてしまいます。2~3日の養生を経てから編むのでいろんな工程のあとようやく7日に搗いたカキモチを今日から編むわけです。しかし編む作業は、ベテランのパートさんをお願いして人海作戦で行えるのですが、切る作業は、1台の「とぼ切りカッター」でカッタンカッタンと1枚づつ切るしかないので時間がかかります。 そこで2台にすれば作業効率も上がると思い見積もったら1台75万円以上するとのこと。簡単な機械の割りに高価なのは、それほど特殊な機械だということです。林さんちでは、1枚4.2ミリで切るのでノギスで計りながら正確に切って行きます。これが0.1ミリでもずれると割れたり歪んだりするので難しいのです。根気のいる仕事ですd( ̄^ ̄)


カキモチを切ります、、これが均等に切るのが難しい
カキモチ切り

ギロチン式で切って行きますが、この機械簡単そうに見えて75万円以上します!
トボきりカッター
カキモチを編むのは、やはりベテランの女性陣の出番です、、速い!
カキモチ編み

 2、3日前から神経痛が出始めました。出初式以来、、いや年末以来ほとんど休めずに来てヤバイと思っていましたが、行方不明者捜索で痛みが増してしまいました。連休も仕事と行事がたくさんあるので朝いつもの鍼灸院に行ってきました。これで少し良くなることを祈ります。そんな社長の状態とは、関係なくカキモチは、毎日搗いています。早めに作らないといけないカキモチ、、例えば黒豆入りと平行して時々カラーカキモチも作って行きます。今では、天然素材の着色ですが昔は、平気で化学合成着色料を入れていたのですから信じられません。でもこの天然系は、本当に高価で100g入りで数千円、、( ̄○ ̄;) 合成着色料の数倍でしかも色が薄いので量が必要です。カラーカキモチは、意外に高級品です。


 今日の午後、地元ののいち農協のご婦人方の団体に講演会をすることになっています。以前、支所でやったのが講評だったので今回は、本所でしてくれとのこと。でもさすがに地元中の地元での講演は、やりにくい。このことを知った母親が、へんなこと言うなと朝からうるさい。まあ結局、いつも通りにやるだろうと思います、、(⌒‐⌒)


毎日毎日変らぬカキモチ作りです、、型に入る瞬間です
カキモチ作り

カラーカキモチも作ります、、イエロー、グリーン、レッドです
カラーカキモチ

 今日も、行方不明者の捜索です。早く見つかることを祈るだけです。そして社長不在の林さんちでは、製造計画通りキッチリ毎日カキモチ作りが進みます。今日は、カキモチの型出しもありました。カキモチ専用の型箱を大工さんに作ってもらいました。通常のトボ箱ならこれに超恒久テフロンシートを貼るところですが、そんなお金は、ありません。そこで知恵を絞って考えたのがポリフィルムで箱にくっつかないようにする方法。半信半疑でやってみるとこれがなかなか上手く行くのです。しかもコストが安い!型から出すとピッチリと寄せて並べて次の切断に備えます。隙間があるとそこから乾燥が進み中との収縮差で「応力集中」が起きて割れる危険が出て来ます。さらにカッターで切断後も「養生期間」が必要です。この辺りが分かるまで10年以上かかりました。今年も上手く行くことを祈っています。


カキモチの型出しです、、逆さまにするだけでパカッと出ます
カキモチ型出し

ポリフィルムを剥がします
カキモチ型出し
キッチリ寄せて並べておきます、、隙間があるとそこから割れます
カキモチ型出し

 参りました、、午前中、県庁で会議があり出かけたが、ハッと気づくと携帯電話を忘れていました。午後に帰宅したら、着信6、メール8の数字、、嫌な予感がしてメールを見ると市内で81歳のおばあちゃんが行方不明。捜索出動がかかっていました。慌てて着替えて分団に合流して捜索をしました。今日は、結局発見出来ず、明日また捜索することになりました。この1ヶ月で3名の行方不明捜索出動がありました。高齢化社会に突入したと痛感する出来事です。

 昨日、林さんちの包装資材の取引のある共和化学興業株式会社さんが、年始の挨拶に来られて50周年記念の品ですと「熊手」を置いていかれました。最初、熊手?と思いましたが調べると浅草で行われる酉の市しかも一の酉でしか手に入らない貴重な品と知り驚きました。きっとこれで林さんちも1年、商売繁盛、家内安全です。共和化学さんありがとう!

 ところが気分良く仕事を始めたにも関わらず、昨晩2時間かけて書いたメルマガのデータが保存されていませんでした。どこを探しても無い、、(ToT) 結局、書き直すことになりましたが、今度は、農協から請求書の間違いで呼び出されて四苦八苦。今日は、午後から石川県で天皇杯を受賞した小林正治さんの講演会に行くので午前中しか時間がないのに焦ります。途中、風土金澤からの電話や会計士さんと年末調整の段取りをしていたらもうお昼です。果たして間に合うのか?


よ古山(ヨコヤマ)さんの熊手を頂きました、、商売繁盛!家内安全!
熊手

 出初式でグッタリ疲れた体を引き摺りながら仕事始めを迎えました。それでも朝、全員で念頭の挨拶の後、昨日とは、打って変わってポカポカ陽気の中、順調に作業を開始しました。お天気が良いとライスセンターに避けてあったお米を倉庫に戻したりカキモチ用の餅米を搬入したりと助かりました。そしてカキモチの製造に突入しました。カキモチは、約90センチの長さの丸い棒状にこねるのですが、長く均等に丸くしかもシワが無いようにこねるのは、なかなか難しいのです。シワが寄るとそこから割れるのです。均等でないとやはり割れの原因になります。素早く手を移動しながら繊細にこねて回して行きます。スピードが命です。でもここで社員のタクマ君が風邪でリタイヤ、、(ToT) いきなり人員減で全開作業になってしまいました。初日から波乱の林さんちです。


 私は、たくさん来たネット通販やお正月餅の請求書を農協へ持って行ったりと「疲れた」なんて言ってられないほどの仕事量です。昨日の出初式の祝儀の記帳や領収書発行等々の事務も残っています。あと多くの方が挨拶周りに来られてその対応もありました。またいつもの林さんちに戻りました。今年のお正月休みは、ほとんど無かったなぁ~(×_×)


ポカポカと穏やかな天気の中仕事始めです
穏やかな仕事始め

初日から全開のカキモチ作りです、、まずは大きな棒にして
カキモチ初日
素早く長く伸ばして型にストンと落とします、、スピードが命です
カキモチ初日

 出初式当日、、朝から雨、こいつは、面倒なことになったと思いつつ出動。準備万端、打ち合わせ完璧で出初式式典に出席しました。式典後は、車両行進。でも第2分団は、ハシゴ登りで人員を取られて人手不足で毎年、私一人で裸の初放水準備をしますが、今年は、さらに新入分団員しかいないので大変でした。OBやいろんな人に助けられてなんとか準備が完了しました。しかしの間、ハシゴ登りでは、激しい雨で濡れたせいで滑ってしまい肝を冷やす場面があったようです。私も経験がありますが、雪より雨は、やっかいです。それでもなんとか無事終わって良かった。ハシゴ登りが終わればすぐに助けにみんな集まったのでスムーズに放水が出来ました。今年は、吸管2本出してさらに少し工夫をしたのでフルパワーを発揮出来ました。なにせ自警団4団が吸水する水槽と自団の放水もしなくてはいけないので、1対5の戦いになります。これまでいつも負け気味でしたが、ようやく完勝です。


 その後は、私と部長で町内へ挨拶周り、ポンプ車は、管轄の町内を回っての初放水をして回りました。ようやく全て終わったのが4時ごろ。無事、今年の出初式が終わりました。これから打ち上げの焼肉です、、(⌒‐⌒)


新年の出初式にあたり記念撮影です、、人数増えたわぁ~!
出初式

裸放水に向けて準備万端の第2分団のスーパ-ウエポンです、、今年はフルパワーでした
出初式
裸放水の雄姿、、、今回は、割と暖かかった
出初式

 林さんちは、6日までお休みですが風土金澤・エムザ店から昨晩ドッサリと注文があり、社長一人でシコシコと納品準備です。幸い餅以外の加工品は、これを見越してスタッフが製造してあったので詰めるだけです。しかしお米は、2キロ袋、2合袋を精米からスタートして小さい袋に詰めて行きます。いつもは、慣れたスタッフが素早く作業をするのですが、口だけの社長では、なかなか前に進みません。結局午前中いっぱいかかって準備完了です。配送は、午後から明日の出初式のハシゴの市役所への搬入があるので、ちょっと重いので心配ですが妻にお願いしました。休み中は、夫婦でなんとかこなして行くしかありませんが、エムザ店も金沢駅百番街店も2日から営業しているので、正月早々仕事をしているスタッフのことを思うと当然です。お餅の狂想曲も終わりここからは、通常営業での勝負です。たくさん売れるといいなぁ~。


 昨晩、登り手の最後の調整を兼ねてハシゴ練習をしました。昨年の最終の練習が12月26日と間が空くので練習日を設けました。出初式の登り手の栗山君も良い仕上がりです。あとは、お天気が良いことを祈るだけです。今日は、市役所に予めハシゴと装備を搬入します。明日の朝8時集合から分刻みで動くのでなるべく余計な作業をしたくないのです。朝の裸放水要員のフンドシ締めから始まり、式典、車両行進、ハシゴ登り、初放水、町内を回り安全祈願初放水、町会長さん議員さんへの挨拶周り、後片付け、打ち上げ、分団長以下全員が役割を持って的確に動くように綿密に計画されています。私も色々と隙間を埋めるべく懸案事項が山積みですが今晩しっかり準備して明日を迎えるつもりです、、(炎_炎)


風土金澤の初荷をお正月休み返上で納品です、、売れますよ~に!
風土金澤初荷

 1月4日もう世の中は、完全に通常モード、、と思いきやなんと今日は金曜日、明日からまた休みだというところも多い。そこで私は、JAへ請求書を送ったり、年末調整の書類を出したり、消防団のビールの買いだしをしてから事務所にこもってたまったメールの処理やいろんな関係者からの問い合わせや打ち合わせメールに返事と大忙しです。年始になってからチラホラ雪が降っていますが、積もるほどもないので助かっています。出初式のことを考えるとあまり降って欲しくないですね。専務も毎朝、トラクターで除雪していますが、まあ練習には、ちょうど良いという程度です。 


 写真は、家族の集合写真です。ことあるごとに撮影していますが、ここ最近家族が揃うことがなかなかありません。年末年始も息子達は、やれボードだライブだと出かけてばかりです。そこで元旦の午後にたまたま全員揃ったわずかな時間を捉えて撮影しました。ちょみぞうもメンバーに入っているので大変です。でもなんとか上手く撮影できて良かったです。こういう家族の肖像っていうのが後でとても大事になるです。


なかなか家族が揃うことがない林家ですが一瞬のチャンスでパチリ!
家族集合写真

年始になってチラホラ降っていますがまだまだ本格的ではありません、、練習には、ちょうどいい?
除雪作業
昨日、富山市の実家のそばの日枝神社に初詣に行きました。大渋滞を横目に歩いて行けるというのは、なんとなく優越感を味わえます。そして御参りの後おみくじを引くと二年連続の大吉。日枝神社の大吉は、かなり当たるので大喜びd(^_^o) 今年は、良いことがたくさんありそうです。そして夜電車で帰省。今日は、ハシゴ登りの安全祈願に白山さんに登り手と関係者で行きました。昨年は、10時集合で行ったら大渋滞に巻き込まれたので今回は、8時半集合で行ったらスキスキ!結局予約より1時間早く待ち時間無しで9時のお祓いに間に合った。おかげで余裕で帰って来れたので箱根駅伝を、観戦します。大吉の効果が早くも出ました\(^o^)/
大吉
昨晩から妻の実家の富山市に来ています。一緒に来た次男は、お年玉をもらったらさっさと帰り妻と義母の三人です。私は、朝から恒例の箱根駅伝テレビ観戦を楽しんでいます。なんと言っても富山の実家のテレビは、プラズマの大画面!迫力満点です。午後には、近くの日枝神社に初詣に行きます。その前に富山のお雑煮を食べます。焼いた四角の白餅を入れて野菜各種と焼いたエビがお頭付きで入ります。これは、これで美味しいです。富山では、加賀藩型も出ますので二種類食べます\(^o^)/ 明日は、朝からハシゴ登りの安全祈願に行くので今晩電車で帰ります。出初めが早いとお正月のせわしないこと!
富山のお雑煮

 2013年の始まりです。年越しで結構雪が積もっていて餅つきの時でなくて本当に良かったと胸をなでおろしています。年末商戦は、スタッフ全員の頑張りで前年比4%アップと久しぶりに良い数字でした。今年は、お鏡餅の大きなものがたくさん売れ残りましたが、切餅やお雑煮用丸餅は、完売、、というか不足でした。原因は、地元スーパーの閉店で「お正月餅難民」の発生でした。そこまで読めませんでした。また来年のデータに組み込んで対応したいと思います。でも増産すると売れ残るのがマーフィーの法則ですね。大晦日の夜、みんなが帰って最後の後片付けをしていたら餅っ娘のホワイトボードへのニューイヤーメッセージが面白くて一人笑っていました。巳年、長男、鏡餅すべてが網羅されていますね。さあ今年も楽しい林さんちで頑張りますo(^o^)o


2013年の始まりです、、白山のご来光です
新年

餅っ娘が描いたニューイヤボード、、長男に似ていて笑える
夢太新年