玄米餅を作るには沢山のノウハウが必要です・鳩の鈴なりはあまり歓迎されません

 今日は、週の半ばの一番落ち着いた日です。やはり週末から週の初めがいつも工場も店も事務所も炎上していまうので、こんなにしか出来ないことをせっせとやっています。私は、年賀状のコメント書き、田んぼ便りの年末バージョンの作成。現場では、玄米餅の製造に入っています。この玄米餅は、玄米をただ搗けばよいものではありません。いろいろなノウハウの積み重ねで美味しく仕上がるのです。その分、特別にいつもの餅つきを止めて製造しなくては、ならないので今日がそのチャンスです。搗く前にまずは、よく洗うことから開始ですo(^o^)o


 そして今日は、コイン精米機の上に鳩が鈴なりになっていました。この鳩も米ぬかを食べるのですが、どっちかと言うとコイン精米機に来るお客さんが、お米をエサにやってしまい集まるようになったのです。鳩にエサをやらないように注意書きをしてありますが、やはりやってしまう方がいるんです。やっているうちは、いいのですが今度は、ドアを閉めていかない「尻拭かず」の人がいて中に鳩が侵入して糞をして行くのです。そうなるとお客様からクレームに繋がります。だからスズメの鈴なりと違い鳩の鈴なりは、あんまり嬉しくないのです。でもお米も米ぬかもこぼれていないので、この後諦めてどこかへ飛んでいきました。どこか別のコイン精米機に言ったのかもぉ~~( ̄○ ̄;)


玄米餅の製造準備です、、ノウハウがいろいろあるんです
玄米餅

今日は、鳩がコイン精米機の上でお米の「おこぼれ」を狙っています
鳩

このエントリーをはてなブックマークに追加