今日もデパ地下にスクランブル発進です・林さんちの大豆は給食に使われています

 朝のメールのやり取りで風土金澤の玄米売り場のリニューアルを再度することになって、昨日に引き続きスクランブル発進しました。実は、昨晩も妻に緊急納品に行ってもらっているので、24時間以内に3回は、行っていることになる。なかなかデパ地下では、勝手に何でも出来るわけでないので難しいがそれでも出来る範囲ですいぶん良くなったと思います。これ以上は、ここの売り場を壊して完全に改装する必要があります。努力が報われることを祈るばかりです。


 そして今日は、給食用大豆の配達日です。林さんちの大豆と米粉は、貴重な野々市産の食材として給食に使用してもらっています。毎月、給食センターと各小学校へ配達に行きます。いつもは、妻の担当ですが、今月は量が多くて私も同伴しました。林さんちの大豆は、種まきして覆土した後に散布する除草剤1回だけ使用で、あとは、一切農薬を使用していない極めて低農薬な大豆です。おかげで少し色が悪かったり虫喰いもありますが、栄養士さんや給食スタッフの皆さんのおかげで、いろんなメニューに生まれ変わっています。自分で言うのもなんですが、相当美味しいと思います。畑のお肉と言われる大豆を食べて元気な「ののいちっ子」になって欲しいと願いながら配達しました。

林さんんちの大豆は、野々市市の給食に使用されています
給食用大豆の配達
今日も風土金澤にスクランブル発進で玄米売り場のリニューアル
風土金澤玄米売り場

このエントリーをはてなブックマークに追加