アイデンカルスがせっせと土作りしてくれます・今年は増量です

 昨日、私が富陽小学校で足踏み脱穀している時に、林さんちでは、アイデンカルスを散布していました。この菌は、田んぼのワラや籾殻を食べて土中堆肥化してくれる優れもので、林さんちの「普通じゃないコシヒカリ」「超普通じゃないコシヒカリ」「女王さまミルキークィーン」に使用しています。アイデンカルス菌は、嫌気性菌なので撒いたらすぐにトラクターで耕す必要があるのでチームワークが要求されます。特に、超普通じゃないコシヒカリには、通常「硫安」と呼ばれる化学肥料を混ぜて散布するのを「油粕」に変えて散布します。それは限りなく有機栽培に近づけるためです。そして今年は、来年のミルキークィーンも紙マルチ栽培にするために「カルス菌+油粕」仕様に変更しました。冬の間に、これらをエサにしてカルス菌がせっせと土作りをしてくれます。


アイデンカルス菌、、田んぼでワラや籾殻を土中堆肥化してくれる菌です
アイデンカルス

超普通じゃないコシヒカリの田んぼに油粕と混ぜて撒きすき込みます
アイデンカルス

このエントリーをはてなブックマークに追加