サタケさん部品をありがとうございます・中学生職場体験わくワーク始まる

 籾摺りした玄米を粒の大きさで選別する機械「選別機」が壊れて、今日からの中学生の職場体験「わくワーク」の作業をどうしようと悩んでいたら、昨晩、メーカーさんが部品を持って来てくれました。部品の在庫は、無いのでおそらくどこかの機械から外したのでしょう。感謝感激です。林さんちでは、価格や性能うんぬんでメーカーや購入先をいちいち変更しません。アフターサービスを優先してそれらを決めています。今回のメーカー「サタケ」さんも永い永いお付き合いでしたので無理をしていただいたと考えています。さっそく専務が、昨晩のうちに修理したので今日は、朝イチから籾摺り再開です。中学生も一緒に参加して一生懸命30キロ袋と格闘しています。


 そして同時に稲刈り関係の機械の清掃洗浄を専務が行います。完全整備は、来年に行いますが、ある程度綺麗にしておかないと中に溜まった籾やワラに虫やネズミが寄って来ますし、ドロドロだとサビも増えてしまいます。今年、私の愛器クボタAR70のクローラー(ゴムのキャタピラ)が磨り減っていて切れたらどうしようとビビッていましたが、なんとか1シーズン持ちました。来年は、新品にしてくれるそうです。そういえば今年は、私のマシンは、ノートラブルだった。まだまだイケルね(o^-')b


選別機のモーターとギヤボックスが修理出来ました
選別機復活

お隣の白山市松任中学2年生の職場体験「わくワーク」開始です、、3日間よろしく
中学生の職場体験「わくワーク」
10年目の稲刈りシーズンを大過なく終えたAR70、、ご苦労様
稲刈りご苦労様!

このエントリーをはてなブックマークに追加