ブラジル直行の田んぼはないはずと言い聞かせながらの稲刈りです・NHKで林さんちの頑張りが放送されました

 予想通りのお天気の展開です。あれほど晴れていればどこかで帳尻を合わせないといけませんよね。おかげでここのところの雨で、どこの田んぼも軟らかくて難儀しています。でも知り合いの農家で田んぼの底が抜けてブラジル直行なんて田んぼは、無いので大したことないと、自分に言い聞かせながら刈っています。今日の田んぼには、入り口が急降下でしかもうねっている通称「野々市のコークスクリュー」と呼ばれるスロープがあります。アメリカ合衆国のラグナセカサーキットにある、落差18mの急降下しながらのS字カーブの名前にちなんでいます。降りながら、登りながら、ハンドルや方向スティックを操作するのは、非常に危険なので「良い子は、真似をしてはいけません」特にコンバインは、降りながら右に曲がろうとする時、右側のクラッチが切れてブレーキがかかるので、そのクラッチ切れとブレーキの間に引力でグワァ!と左に曲がって行くので危ないのです。だからと言って思い切って右に切ると曲がり過ぎるので、一瞬のうちに適正なあて舵が要求されるのです。その逆も同様です。そしてなんとか夕方に難関を突破して広々とした田んぼに出て黄金色に輝く田んぼ見てホッとしました。でも明日からまだ雨、そしてまだまだF難度の田んぼは、続きます。


 そして今日の夕方、NHK金沢で「稲刈り請負人」というタイトルで市街地の稲刈りを頑張る林さんちが放送されました。何がプロフェッショナルって、カメラマンの前で生垣に方向指示器のウィンカーをぶつけて壊した美味しいシーンを魅せるところでしょうね。でもカメラマンさん、しかも女性の方でしたが重いカメラを持ってあの炎天下の撮影は、頭が下がります。それだけ素晴らしい映像になっていました。林さんちの都市部の棚田を守る取り組みが少しみんなに知ってもらって嬉しかったです(⌒‐⌒)


今日は、稲刈りのお客様のコシヒカリに突入、、どこも軟らかい(ToT)
コシヒカリ稲刈り中

しかもF難度で軟らかい田んぼでしたが、頑張りましたo(^o^)o
コシヒカリ稲刈り中
野々市のラグナセカ・コークスリュー、、結構怖いんです( ̄○ ̄;)
ラグナセカ・コークスリュー
ようやく市街地を抜けパラダイスへ、、黄金色の稲穂が目に優しいです
黄金色の稲穂

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
  • 降りで微妙な方向修正は、むずかしいですね。
    あらかじめ逆にきったりしてます。

    壁際も気をつかいますね。
    僕はモンローでウインカー部分を逃がしたりしてますよ。

    hiror(2012年9月 7日 08:05)
  • この下りの難しさを説明するのは、かなり難しいですね。

    構造を知らないといけないので、、(* ̄▽ ̄*)

    逆に切るんですか?今度、危なくないところで試してみます。

    モンローで逃がす、、これもなかなか高等技術ですね!

    ここらは、乾田なのでモンローは、常に切ってあるんです。

    逆に壁際、1センチ程度だとモンローでフワフワ動くと

    怖いんです、、( ̄○ ̄;)

    ウィンカー割ったのは、バックで生垣から離れようとして

    逆にハンドル切ったら想像以上に寄ってしまい、、(ToT)

    今度、モンローも試してみます。

    こーよー(2012年9月 7日 18:34)
お名前
メール
URL
コメント