急げ!培土2回目・穂ばらみ中

 梅雨の合間の強烈な太陽の下、大豆培土2回目に突入中。もうすでにかなり大きくなった畑もあるし、雨が降って軟弱になると出来ないので、この好天は、千載一遇のチャンスです。そしてコシヒカリへの穂肥えを散布するために、幼穂チェックに毎日出かけているが、未だに見えるか見えないか。出来れば今週中に1回散布しておきたいのだが、それは、人間の都合なのでなんとも言えない。有機肥料は、3回に分けて散布するが1回目が、一番重要です。そんな中、林さんちの一番打者ハナエチゼンの穂がもう出そうです。「穂ばらみ」といって止め葉と呼ばれる小さい最後の葉の後に膨らんでから一気に顔を出します。いわゆる「出穂」ですが、その前に「走り穂」と言われる「せわしない穂」がパラパラと出て来ます。
まあどこの世にも必ずいる奴ですが、私にとても似ていますね。次は、「穂ぞろい」となって一斉に開花受粉が始まります。もうその頃には、夏本番ですね(o^-')b


梅雨の合間に大豆培土2回目に突入中、、急げ急げ!
大豆培土

「穂ばらみ」もう出穂寸前です、、人間で言えば臨月?
ハナエチゼン

このエントリーをはてなブックマークに追加