来年に向けて・ガラ~ンとした米倉庫

 幸い空梅雨が続き農作業も順調に進んでいます。大豆の培土作業も終わって、専務は、春作業で使った農機具の洗浄の日々です。こうやって綺麗にしてさらに、壊れたところや不具合のある部分をチェックして場合によっては、修理します。春先は、あれやこれやと一気に仕事が来るので、にわかに壊れたと言って修理するロスは、経営を直撃します。カキモチの紐もこの好天を利用して虫干ししておきます。すでに来年に向けての戦いが始まっています。


 林さんちのお米が、ついに「超普通じゃないコシヒカリ」と「普通のコシヒカリ」の2種類しか在庫がなくなりました。他のミルキークィーン、普通じゃないコシヒカリ、ハナエチゼン、ひとめぼれと、順番に春先から売切れてしまうという非常事態でした。しかもそれが林さんちだけの現象ではなく石川県の仲間の農家も同様で、風土金澤での量り売りのお米も無くなってしまい、今は、なんとか地域で共同栽培のお米も出して棚を維持しています。林さんちも「普通のコシヒカリ」のみを販売可能な状態です。東日本大震災の影響でこのようなことになっていると思いますが、ということは、東日本のお米が余っているということになり、非常に複雑な気持ちになります。でも今は、在庫が無くなってガラ~ンとした米倉庫を見て早く収穫したいと焦る気持ちで一杯です。最速で8月20日のハナエチゼンかなぁ~~(* ̄▽ ̄*)


ひたすら農機具の洗浄の日々の専務、、来年向けてすでに準備
農機洗浄

これも来年のカキモチに向けて紐を虫干し中
カキモチ紐干し

このエントリーをはてなブックマークに追加