さすがキリスト様・100年伝統の力

 今日は、食育授業三連戦の最終日、金沢市内の川上幼稚園に行った。ここは、数年前に一度、訪れているが金沢市内でもど真ん中にあって狭くて一方通行だらけの道路を迷いながら、最後は、一方通行を逆走して到着。すると私の連絡ミスで、いきなり野菜やお肉の準備をしていないことが判明。野菜は、慌てて買いに行ってもらい、お肉は、いつも持参している緊急用の保冷剤のニセお肉を使用することに。そして今回は、年少~年長さん60名の合同授業、、昨日のこともあり危険な匂いがすでにプンプンしていたが、始めてみると実に見事なお答えをしてくれました。あんまりアッサリと答えてくれるので、少々私も拍子抜けくらいでした。やはり100年の歴史を持つキリスト教系の幼稚園、伝統の力を見せつけられた感じです。ここは、第2次世界大戦までの11代園長まで外国人の園長さんだったという由緒正しい幼稚園です。そして年少年中さんを帰してから、明日、きゅうりの糠漬けをするのでお米の話をしてくださいという要望で、オプションとしてお米の授業もしました。通常、小学校で行う授業の超ショート版です。最後、子供達が帰ったあと後片付けしていたら保護者が数名残っていたので、緊急ダイジェスト版保護者授業を少ししました。次回は、保護者向け完全版に呼んでくれることをお願いして帰って来ました。さすがに3連戦は、チャクラを消耗してグッタリでしたが、充実した三日間でしたo(^o^)o


年長さんにオプションのお米の授業中、、稲、玄米、白米、米糠を見せました
川上幼稚園

このエントリーをはてなブックマークに追加