2012年5月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 昨日で林さんちの全ての田植えが終了した。林さんち38.4ヘクタール 作業請負3.8ヘクタールの42.2ヘクタール、500枚以上の田んぼを無事植え終わりました。このために、昨年から準備をして来てようやくたどり着くのは、本当に山登りに似た達成感があります。田植え終了と同時に、大豆の播種に向け作業を開始、育苗ハウスの後片付けと仕事は、山積みですが、田植えさえ終わればもうこっちのモノです。ラストでカグラモチの苗が足りずに、植え付け幅を調整してなんとかラスト1箱残りというギリギリ田植えを演出してしまったが、60センチの苗箱でもう1センチ少なく植えれば楽勝だった。それは、植え付け誤差2%以下の精度です。途中ミルキークィーンを無理やり田植えしたのが、功を奏しました!


 そして今日は、17年間に渡り林さんちで頑張ったコイン精米機1号機の最後の日となりました。使用時間7843時間ですが、まだまだ機械的には、問題ありません。しかし最近の高機能化したコイン精米機に太刀打ちできず、ここ数年は、月3万円程度の売上。かつて月27万円を達成したマシンですが、この辺で後継機種に跡を譲ることになりました。次の3号機は、明日設置予定です。千円使用可能、分搗きがダイアル調整可能、と言った最新機種です。1号機に負けない活躍を祈ります。

林さんちの全ての田植えが終了、、職場体験に来ている中学生と記念撮影
田植え終了
17年間に渡り林さんちで頑張ったコイン精米機1号機、、さよなら!ありがとう!
さよならコイン精米機1号機

 昨日は、私の田植えが終わり気を抜いたせいか、体が熱っぽくてダルい。午前中、中学生にオリエンテーションをしたらもう動けない。ドラッグストアで、葛根湯とドリンクを購入して飲んで午後は、寝てました。ところが、夕方に雷の音で目覚めました。田植えチームは、早々に退散して来たので出迎えましたが、今年は、この突然の雷雨というパターンが多く気性の荒さを感じるお天気です。しかしこうなると、消防の練習がいつもの野々市中学グラウンドを使えないので急遽、重い体で室内練習場を予約に行きました。その後、ドリンクが効いたか体調も持ち直し消防メシの買出し、そして操法練習をして早めの帰宅、すぐに寝ました。


 今日は、朝から良い天気ながら冷たい風が吹いていて予定していた除草剤散布は、見送り。田植えチームがラストに向け出発して行きました。個人的には、まだ少々ダルイので助かりました。そんな時、納屋から一斉にたくさんのツバメが飛び出して来ました。そして中には、地面に落ちて止まってしまうツバメや、妙なところに止まるツバメがいました。このヘタクソな飛行を見てすぐに若ツバメの初飛行とすぐに分かりました。これから飛行練習とエサを食べて次なる大飛行に向けて準備に入ります。親ツバメは、夏の雛を生むためにまた巣作りをします。着実に、命の鎖が繋がっているのを実感します。


ツバメ初飛行、、まだまだフラフラ飛んでいるので妙なところに着地します
ツバメ初飛行

雨天につき室内練習中、、なんで雷雨なの?晴れると思っていました
操法練習

 昨日、社長チームの田植えが終了した。残り3ヘクタールは、専務チームが植えます。遠方の田んぼばかりなので2台で動くとトラックの運用が面倒なのと、代掻きしたばかりで少し時間をおきたいので1台で植えます。あと苗の数がギリギリなので、2台だと調整が難しいというのも理由の一つです。でも私もこの1ヶ月の戦いで体力的に限界に近づいていたので助かりました。結局、昨年より1.2ヘクタール多いにも関わらず1日早く終了予定です。それもかなり余裕でした。新型田植え機の性能と、コンスタントに来てくれるバイトくんがいたからだと思います。関わってくれた全ての方に感謝です。


 そして今日から3日間、野々市市立布水中学2年生3名が来て職場体験「わくワーク」をします。うまく田植え作業のある日に当たってよかったです。これぐらいの歳の子供が下仕事にピッタリです。まあ私なんか小学生の頃から散々、手伝わされましたが、、( ̄○ ̄;)


社長チームの田植え終了、、夕日をバックに感慨にふけります
田植え

田植えも一段落して、朝の水周り、、ずいぶん枚数が増えました
水周り

 朝、今日は、PENでキジを撮影しようと少し長めのマクロレンズをわざわざ装着して水周りに出かける。しかしキジには、遭えず代わりに雷様に遭遇。しかも突然の雨に、合羽を着ていなかったので少し濡れてしまった。帰宅後、朝食を食べながら天気予報を見ると雷注意報とともに、外では、ゴロゴロドッカンと激しい落雷。結局、午前中の田植えを見送って、午後の回復を待ってカグラモチの田植えを再開することにした。今の田植えのエリアは、田んぼだらけの真ん中なので雷が落ちたらひとたまりも無い。


 せっかくのマクロレンズなので、林さんちの作業場の周辺にたくさんある花壇の撮影を試みる。ここのところiphoneカメラで、お茶を濁していたので、やはり腕が落ちたようである。これからは、また積極的にベストショットを目指し頑張ろうと思います。それにしても雨で花壇の花々は、より一層景色の中で映えます。私が、母の日や誕生日に買った花を植えたり、自分で買って来たり、もらったりで少しづつ増やしている花壇やプランターの花です。学校でも花壇のある学校はイジメや問題行動がなぜか少ないというデータがあります。花は、自然に人の心の栄養になっているんでしょうね(⌒‐⌒)

カグラモチの苗を積んで準備完了と思いきや、、(×_×)
カグラモチ
林さんちの作業場は、母親の花壇で囲まれています
花壇
PENが戻って来て嬉しくて、パチパチ撮ってしまうんです
花壇

 朝、水周りに行くといつものキジが田んぼにいました。さっそく撮影を試みるが、iphoneでは、限界がある。明日は、PENを持って行こうと思う。向こうの住宅地は、ここ数年に林さんちの田んぼをたくさん埋めて出来たところ。ますます家が増えて以前とは、まったく違う景色になっている。キジ、カモ、ツバメ、スズメがいる普通の景色が実は、非常に貴重なものであると感じています。朝の水周りの後は、ひたすら休む、FBを見ていると各地で運動会真っ盛りで皆さん頑張っておられる様子。でも私は、1ヶ月ぶりのお休みで、田植えと操法訓練が重なってしまいもうヘロヘロ。でも夕方から風土金澤の理事会で出かけます。なかなかユックリは、させてくれません。

 

 午後、知人がFBを通じてコシヒカリの苗を取りに来た。これで残してあった苗は、ほとんどさばけた。残念ながら余って捨てた苗も数百あるが、1万箱以上で数百は、2~3パーセンの誤差。こんな誤差は、あっと言う間に逆もありえるので、今年も合格ラインだと自負しています。ミルキーは、貴重な苗だったので余った苗をギリギリ無理して植えました。残りは、カグラモチの田植えですが、最後は、ピッタリ来ることを信じています。

 

2012kiji527.JPG2012kosinae.JPG

 今日から社長は、田植えのオペレーターから開放されました。代掻きも1台体制でラストスパート、田植え機も2台出動すると代掻きに追いついてしまうので、1台のみなのでスタッフ達で十分ということです。来週からは、代掻きチームが田植えに合流するので、おそらく私の田植え乗車は、もうないかもしれません。まあおかげで山となった机の上の事務作業をこなすことが出来ます。そして数日前に修理が完了していたのに取りに行けなかった愛機オリンパスPEN・EP1をようやくカメラ屋さんに引き取りに行きました。激しい環境での使用で砂やホコリで作動不良を起こしていました。おかげでピカピカになって戻って来ました。修理費は、ナイショですが2万ン千円、、スタッフからは、そんなにかかるならデジカメ一台買えるやろと言われましたが、そんな問題では、ありません。今までiphoneカメラでお茶を濁して来ましたが、復活したPENちゃんでバリバリ撮りますよo(^o^)o


 朝、ツバメの巣を数えたら7つ雛が入った巣がありました。どうりで賑やかなはずです。林さんちでは、1つの巣×100万円=経常利益なので、今年は700万円でしょうか。


ツバメの巣、、雛もずいぶん大きくなりました
ツバメ

修理がようやく完了したオリンパスPEN-EP1
オリンパスPEN-EP1
嬉しくなって花壇の撮影、、やっぱりこれでないと(o^-')b
バラ

 昨日、頑張ってミルキークィーンを植え終わりカグラモチに突入。今日も、張り切って朝から頑張るが、毎晩の消防練習と田植えでソロソロへばって来た。バイトくんも別の分団で毎晩訓練をしているので、ヘトヘト。でももうここまで来れば惰性モードなので、だまってハンドル握っているうちに終わるはずです、、と植えていたら、天気予報じゃ大したことないと言っていた雨が激しくなって来た。それでも全天候型の林さんちなので平気で植えていたら、第4クォーターにスタッフから中止の要望が出た。コシヒカリで冷たい雨の中、植えて植え痛みしてしまったからだ。これ幸いと田植えを中止して事務所にこもっています。ここまで来れば慌てないでも、先は見えて来ました。ノンビリ確実にやります。


カグラモチ田植えに突入、、毎年のことだがヘバッってます
カグラモチ田植え

今週から始まった操法訓練、、う~~ん見事だ(o^-')b
操法訓練

 朝から代掻き2台体制のため私が田植え機に乗車。昨日に続きミルキークィーンの田植えを行う。午前中に市街地を突破して広い田んぼを植える。広いと気持ちが良いのだが、大豆跡の田んぼだったので代掻きが少々上手く行かず、慎重に植えた。さらに最後の苗の調整があり、神経を使った。余り苗を残してももったいないので、多めに田植えをしたのだが、それでも結構残った。そこで急遽カグラモチの田んぼにミルキークィーンを植えることにした。すると今度は、苗がギリギリになってしまいネズミに食べられた苗までカットして使いなんとかピッタリ終了。これでミルキーの作付け面積を増加出来たのと、カグラモチの苗のアドバンテージが出来た。カグラモチの苗は、毎年、足りるかどうかヒヤヒヤものなのでナイスである。

ミルキークィーン田植えラストスパート中、、市街地を突破!
ミルキークィーン

 今日は、富陽小学校の田植え、1限目にあるので朝早くから、枠や苗を準備して予めセットした。そして保護者を8時半に迎え、枠回指導、、でもなかなか真っ直ぐに回せません。そのうち子供達が田んぼに現れたので、焦って回してもらいました。そして100人対1人の田植え指導を開始、案の定、子供達は、興奮状態でなかなか集中してもらえません。でも先日、子供達にお米のお話をしているのでその分、しばらくしてこっちに気持ちを持ってくることが出来ました。そして苗を持ってもらいいよいよ田んぼに入る段になり、3クラスの特徴が如実に出てしまいました。あるクラスは、完璧に植えて行きました。あるクラスは、なかなか田んぼに入れず植えることが出来ません。あるクラスは、あれほど注意したのに、1条植えで走り回る始末、、。まあそれでも、一度、そのことを話してあったので、そこそこで落ち着いた感じでした。そして保護者の枠回しは、大変になりますが、田んぼを堅めに水を抜いておいたので、ドロドロにあまりならないことも功を奏しました。そしてなんとか、昨年よりマシに田植えを完了、全ての子供達の田植えが終了しました。


 私が、子供達と田植えをしている間に、専務チームがミルキークィーンの田植え、代掻きも2台体制で行いました。私も子供達の田植えが終了後すぐに、代掻きチームに合流。しかし午後は、風土金澤への配達と会計士さんとの打ち合わせで離脱。でも明日からは、私が田植え機に乗車予定です。いよいよ残りの12ヘクタールの田植え後半戦の開始ですo(^o^)o


富陽小学校の田植えに備え完璧な準備
富陽小田植え

総勢100人を越える児童と保護者の田植えです
富陽小田植え
戦いを終え今年の役目を終えた枠を片付けます
富陽小田植え

 午前中、藤陰幼稚園の田植えをしました。昨年、柔らかめの田んぼに枠を回したら、線が見えない上に子供達が、走り回って悲惨な田植えになったので、今年は、堅めに水を落としました。すると枠回しが重いのなんの、、( ̄○ ̄;) でもおかげで、多少元気の良い藤陰幼稚園の田植えでもなんとか線が見えたので、上手に植えることが出来ました。明日の富陽小学校の田植えも、この作戦で田植えします。


 昨晩から毎日、操法訓練が開始されました。ということは、毎晩、私の賄いメシが始まるということで、毎晩のメニューを考えるのが一苦労の日々が始まりました。まずは、超簡単な豚シャブそして惣菜を少し足して誤魔化してスタート。そして今晩は、OB団員が、メンチカツの差し入れをしてくれるとのことで、すっごくホッとしています。簡単=高価という方程式なので昨晩のオーバーした食費分を、今日は、超安価のモヤシサラダで取り返します、、o(^o^)o

藤陰幼稚園仕様の堅めの田んぼに枠回しに四苦八苦のパパ達
藤陰幼稚園
元気良く田植え開始、、今年は、走り回らないように!
藤陰幼稚園
可愛い足跡だらけの田んぼ、、実りの秋が楽しみです
藤陰幼稚園

 朝、水周りを終え朝食を食べたら、ちょうど日蝕の時間帯。今回は、タップリと拝見させていただきました。金冠日蝕には、なりませんでしたが快晴の中、しっかりと見えたので大満足です。すると妻が、ナビスコを持って来たので、てっきり朝食代わりに食べるのかと思ったら、なんとリッツの穴をピンホールにして日蝕を観測しました。ということは、木漏れ日も同様に、日蝕だらけの模様がステージアのボディーに映りました。


 そして朝、少し除草剤を散布して後、とくの幼稚園の田植えに行きました。ここは、子供も保護者も大勢来るので、凄い人数です。でもちゃんと綺麗に植えてくれるので、田植えは、すぐに終了。その後の記念撮影の方が、エネルギーを消耗します。みんなで畦に並んで「せぇ~~の!田植えぇ~~!」の掛け声で、撮影をします。そして田んぼに水を入れて次の稲刈りでお会いしましょうと、挨拶して無事終了です。

とくの幼稚園の150人超?の田植えです、、壮観です
とくの幼稚園
大騒ぎの田植えが終わり、やれやれのトノサマガエル
***
ナビスコリッツの日蝕、、ピンホールならなんでも良かったんだ!
日蝕
木漏れ日の日蝕、、ステージアが別にカラーリングに見えます
日蝕

 朝から、野々市市消防団で、操法講習会が、野々市小で行われました。小型ポンプ、ポンプ車を各分団で順番の行い、消防署の方に見てもらい指導をしてもらいました。昨年から練習して来て、そこそこ出来ると思っていたが、甘かった。やはり毎日、どっぷりとやるのとは、まったく精度が違う。午前中、いっぱい講習会をやって、お昼に弁当を食べて今度は、同じ場所で、自警団の操法講習会を、2分団の小型ポンプの選手で模範演技そして指導を行った。10自警団を2つづつ指導したが、これが長いのなんの。途中、あまりにも疲れ果ててポンプ車の中で寝てしまった。夕方になりようやく終了。明日から、毎晩の操法訓練そして賄いメシが始まります。1ヶ月の訓練期間、無事、終わることを祈っています。

2012souho520.JPG

 今日は、朝がギューっと予定が詰まっていて走り回っていました。まずは、白銀幼稚園の田んぼに、枠と苗を運び、さらに藤陰幼稚園とのシェアの田んぼなのでメジャーで計って真ん中に棒を立てて帰社。そしてコシヒカリへの除草剤散布を社員二人にレクチャー、、頼むから散布ホースを破らないようにと念を押して、歯医者へ急行。歯医者で無事、義歯を被せてもらい、これで美味しくご飯が食べれるようになりました。そして次は、白銀幼稚園の待つ田んぼへバイクで行き枠回しの指導。そのうち子供達が集まって来て、ようやく田植え開始となりました。白銀幼稚園の特徴である「お上品」に田植えを行いました。少し水が多くて、線が消えてしまい難儀しましたが30分ほどで終了。子供達も保護者も好天の中、大満足で帰って行きました。


 午後は、代掻き2台体制に戻しミルキークィーンの田んぼを済まし、カグラモチに突入です。私は、風土金澤に、お米の納品に行きました。理事各農家さんのお米が、どんどん売り切れで量り売りスペースに空きが生じています。その穴を、林さんちが埋めるように増殖中です。まあ林さんちのお米の在庫が比較的余裕があるってことなんですが、、( ̄○ ̄;) 今回新しく販売する「普通のコシヒカリ」と「超普通じゃないコシヒカリ」「貴女とひとめぼれ」の3種類が並びました。他社に比べリーズナブルな価格なので、ぜひお越しいただいてお買い求めください\(_ _)

白銀幼稚園に子供達と保護者に、1本目はぁ~~と熱血指導中
白銀幼稚園
お上品に田植えが開始されましたが、少々水が多くて枠の線が見えない、、(×_×)
白銀幼稚園
カラフルな子供達のサンダル、、オシャレなのが多いね
白銀幼稚園

 今日も早朝、水周り中、激しい雷雨に見舞われた。毎日、こんな調子のお天気が続いている。昨晩も消防本部で練習中に落雷があり、結局1時間で切り上げて帰った。雷雲って半径10キロもあるので、結構遠くで鳴っていても、もう雷エリアに入っているとのこと。しかし予想通り雨は、すぐに上がり太陽が顔をのぞかせて来た。昨日の紙マルチ祭りを終了して、いったんリセットして代掻きを再開。まずは、「林さんちの女王さまミルキークィーン」「お米屋さん用のミルキークィーン」この二つは、土作り資材と肥料がまったく違う。ややこしいがしっかりと分けて作業しなくては、いけません。そしてようやくカグラモチの代掻きに突入です。

 その代掻き中に、私は、向いの富陽小学校に田植え前の米作りのお話に行きました。現在、増改築中の富陽小学校に入るのは、初めて校長室に行くだけで迷ってしまった。かつてPTA会長の時校舎内を全て使って「肝試し大会・貞子は、いたか?」と企画したので、教室という教室、非常階段に至るまで熟知していた私としては、少々ショックでした。でも子供達とのお話は、ドッカンドッカン受けて楽しかったです。これで今度の田植えは、完璧、、のはず?

ミルキークィーンの代掻き、、この次がカグラモチ
代掻き
富陽小学校で田植え前に、米作りのお話をしました
富陽小学校

 朝、曇り空の中、水周りを終えて食事をしていたら「ピカッ!ドッカン!ドッシャー!」と激しい雷雨になりました。あっらぁ~!今日は、紙マルチ田植え(動画)の最終日なのに、、と思っていましたが、結局すぐに晴れて無事開始出来ました。結局この雨は、昨日、敷いた紙マルチを押さえる役目を果たしてくれるので「恵みの雨」でした。今日も風が強くて、少々心配でしたが、少なくとも昨日植えた分は、心配無用です。そして終了後紙マルチ田植え終了「喜びの舞を田んぼで披露、、喜びを表現して紙マルチの田んぼを後にしまいた。しかし動画を見たスタッフが「伊勢海老みたい、、」と一言、、( ̄○ ̄;)

 そしてその頃、2回も順延してようやく3回目に実現して藤陰幼稚園の代掻き(泥遊び)。ここの代掻きが、やはり一番激しい!田植えを終えて田んぼに行くと、小さな土人達がアフリカの草原の中のようにたくさんいました。頭から見事にドロドロ、農道でスッポンポンになって着替えていました、、ワイルド~~!そして子供達にいつも質問「この田んぼの水は、どこから来るのかな?」すると「川!」その向こう「雨!海!」、、いやいやその手前「山!」、、ん~なんて山かな?「富士山!五箇山!立山!里山!」肝心な山の名前が出て来ません。そして結局、田植えの時の宿題になりました(⌒‐⌒)


強風の中、無事、紙マルチ田植え終了、、喜びの舞を田んぼで披露
紙マルチ田植え

藤陰幼稚園の代掻き恒例の田んぼの中での「縄跳び」、、みんあ頭からドロドロ!
藤陰幼稚園

 今日は、紙マルチ田植え日、林さんちにとっては、お祭りのような日です。スタッフ全員で、苗補給、紙マルチ補給、スキママルチ敷きと、一斉に行います。私は、ひたすら田植え機に乗って植えるのみ、いわゆる「殿様田植え」です。それでも紙マルチ田植えは、絶対にミスの出来ない「一筆書き」のような田植えなので、神経を使いました。しかし途中、紙マルチ田植えの最大の敵「強風」が吹いてきて、冷や汗もんでした。でも、昨年から風下から順番に植えると紙がめくれないことが判明。本来の植え方とは、逆になることも多く、外周を回る時、後戻りのロスは、ありますが風でめくれるより絶対にマシです。夕方には、なんとか風も止み、大きな田んぼ6枚と小さい田んぼ2枚で約1.5ヘクタールを植えて今日は、終了。明日は、残り5枚を雨の降る前に済ませます、、o(^o^)o

紙マルチ田植え開始、、さあ行くぞo(^o^)o
紙マルチ田植え
今年の代掻きの状態が良くて非常に順調に田植えが進みました
紙マルチ田植え
こんな感じになりますが、このあと強風が吹いて冷や汗、、( ̄○ ̄;)
紙マルチ田植え

 今日は、予定通りの雨。朝から、みんなで加工場にこもって、田植えで在庫が無くなったカキモチやお米の袋詰め、加工品の生産、配達を行う。そして今日は、藤陰幼稚園の代掻きが5月11日が出来なかったので予備日だったが今日も雨。でも同じ田んぼの白銀幼稚園さんが土曜日に田植えなので、どうしても今日、肥料散布、代掻きをしたかったので困ってしまった。そこで代替田として富陽小学校の田んぼの代掻きを17日にやってもらうことにした。富陽小学校では、代掻きをしないのだが、やはり子供達に掻き混ぜてもらうと、トラクターで代掻きをしても綺麗さが違う。まあ一石二鳥のナイスなアイデアでした。


 実は、3月くらいから歯に穴が開き始めて歯医者に、行かなきゃと思いつつ、でも田植えの最中に行けないしなぁ~と半分逃げていました。でも5月になり田植えも後半戦を迎えるころになり穴も段々大きくなって来た。こりゃ痛くなってからでは、大変だし、操法訓練も始まるし、暇になることは、絶対にない。昨晩から今日こそ歯医者に行こうと、心に決めていたがた、それでもグズグズしていてようやく昼過ぎに行きました。ここ数年、お世話になっていなかったのだが、歯医者さんは、林さんちのお米やお餅のお客様なので「あ、林さん」と気づかれてさっそく治療。予想通り、神経の近くまで虫歯になっていて、いきなり麻酔を打たれて削られてしまいました。神経は、抜きたくないので、とりあえずこのまま被せますということで、型を取って薬を入れて仮のフタをして終了。カグラモチの田植えまでには、上手くいけば治療が終わりそうでホッとした。でも、やはりもっと早く来るべきでした、、( ̄○ ̄;)

 朝、風が無かったので昨日の消防団の家族バーベキューで疲れ果てた体にムチ打って、コシヒカリに除草剤を散布する。おかげで結構、たくさん撒けました。そして帰社してすぐに、白銀幼稚園の苗見学で子供達にお話、その後、とくの幼稚園の田んぼに行き、すでに代掻き中の子供達にお話、そして今度は、白銀幼稚園の田んぼに行き、お話と、今日は、2園掛け持ちで走り回っていました。とくの幼稚園も最初の頃は、お上品に代掻きをしていたが、今では、元気なモノで広い田んぼを所狭しと走り回って転げ回っています。片や白銀幼稚園は、お上品に走って代掻きです。でも白銀さんは、子供より一緒に来たお母さん方の方が、喜んでやっていました。そしてそのうち代掻きもそっちのけで、カエルやヤゴに夢中。市街地のど真ん中でマンション住まいの方が多いので、必ず、生き物に食いつきます。まあ、それは、それでホンモノの自然に触れることなので非常に良いことだと思います。白銀幼稚園の代掻き動画、こんな感じでやってます(o^-')b


 今日は、超コシを除く全ての田植えが終了。ミルキークィーンの田んぼに有機肥料を散布しながら荒起こしをしました。次は、いよいよメインイベントの紙マルチ田植えを行い、後半戦のミルキークィーンとカグラモチに突入です。

とくの幼稚園の代掻き、、というか泥遊び、駆け回っています
とくの幼稚園
白銀幼稚園の苗見学、、この後、お上品に代掻き
白銀幼稚園

 今日は、朝から晴れたが、水周りは、寒かった。それでも久しぶりのビューティフルサンデー。今日は、母の日で、林さんちの専属バンド「今本withサンフラ&バレンタインズ」のバレンタイン2号さんのG&B園芸から、サルビアとベゴニアが届いた。毎年、誕生日と母の日にお願いしている。田植え時期なのでメール一本でいつもお願いせざるを得ないが、バレ2チョイスで林家の家庭平和に貢献していただいて本当に助かっています。


 そして午前中から、今日の消防団の家族バーベキューの準備にかかります。毎年、操
法大会の毎晩の訓練が始まる前に行うのだが、今年は、曜日の関係でいつもより1週間、場合によっては、2週間も早い。お天気が心配だったが、大丈夫のようでホッとしている。みんな楽しめるように、頑張ります。


2012gb.JPG

 朝の水周りから土砂降りで、今日も合羽を着ての田植えかと思うと、少々ブルー。それでも田植えが始まると少しづつ天候は、回復。風は、相変わらず冷たいが、林さんちの普通&普通じゃないコシヒカリなので非常に順調に植えることが出来た。多少飛び飛びだったので2台で50枚植えて、月曜日から林さんちのある藤平地区の11枚を残すのみ。コシヒカリの残りは、超普通じゃないコシヒカリだけになった。月曜日は、私が除草剤散布、専務が田植え、残りのスタッフでミルキークィーンの荒起こしの予定。晴れるといいなぁ~(⌒‐⌒)

3日連続の雨、、土砂降りの中水周り
水周り
家の前を歩く鴨、、あんまり雨が降るもんだからかな?
鴨
ようやく晴れました、、折り返し地点まで来ました
田植え

 なんと寒い日でしょうか!朝の水周りで凍えて帰って来ました。幸い今日は、田植え機乗車は、専務なので私は、事務作業です。昨夕、2時間ほど田植えしましたが、それだけで凍えてしまったので助かりました。そして紙マルチ栽培の超普通じゃないコシヒカリの田んぼを2台体制で代掻きをしています。事務作業とともに精米作業を林さんちのコイン精米機で行いました。真空袋精米は、農協の精米機でお願いしていますが、その他の紙袋精米は、自社のコイン精米機にお金を入れて行っています。各農家で精米機を通常持っていますが、まあ林さんちの精米機は、稼ぎながらも自社の精米業務を行う優れものと言えます。このコイン精米機は、2号機で8年目のマシンです。そして1号機は、17年目を迎えそろそろ更新を考えていたが、ようやく先日発注しました。3号機は、千円札が使えて「分搗き」もダイアル式の優れものです。これで一気に周辺のコイン精米機のトップの性能に君臨できます。さあ、これでコイン精米機の売上が2倍になるでしょう、、と「捕らぬ狸の皮算用」をしています(o^-')b


 最近、私の愛機「オリンパス・ペンE-P1」が調子が悪い。やはり使用環境が農作業中なので厳しくてついに音を上げた形です。ズームレンズのズームを動かすと「レンズの状態を確認ください」とエラーが出る。さらに心臓部のセンサーを超音波振動でホコリを落とす機能が、ガタガタと非常に激しく動く。ズームを回すとジャリジャリと嫌な音も出る。そこでついに修理に出すことにしました。購入したお店に持って行くと3週間ほどかかるとのこと。この間は、iphoneカメラで代用することになります。はぁ~早く直らないかな、、( ̄○ ̄;)

コイン精米機で精米中、、林さんちの精米機でもあります
コイン「精米機

 事務所の机の上の未決書類、請求書、その他の通知がエベレストを越え大気圏外に突入しそうになったので、朝から全開で事務作業をしました。おかげでようやく地面が見えて来ました。でも田んぼは、朝からあいにくの雨、それでも超コシの畦の草刈りをどうしてもしなくては、いけないのでスタッフが合羽を着て突入。そして専務が、田植えで出動、今日から新しいバイトくんを頼んで人員を強化した。ここからは、総力戦になって来るので新人さんの能力に期待大です。午後からお天気も良くなって来たので、より一層ペースもアップしそうです。


 一昨日の子供達の苗見学の写真が、とくの幼稚園の園長先生から送られて来た。さすが素晴らしい出来栄えで、思わずフェイスブックに投稿したら、凄い反響でした。確かに、子供達の気持ちが良く表されているベストショットです。明日は、藤陰幼稚園の代掻きなので、私もナイスショットを狙いますよ、、o(^o^)o

子供達の苗見学、愛しむように撫でてくれます、、拝んでいるようにも見える
とくの幼稚園

 朝、風が無かったので昨日の早生の除草剤散布の残りを済ますことが出来た。これでしばらく田植えに専念できる。さっそくコシヒカリの田植えを再開してガンガン植える。今日は、林さんちに数枚だけある30アール以上の大きな田んぼを植えました。でも小さい田植え機なので苗補給の際、目一杯搭載しなくてはいけないし、かと言ってキリの良い状態で苗補給できるわけでもないので、結局うまくペースをつかめないまま終了。まあそれでもかなり速く植えることが出来たのは、事実ですが、いつもの7アールの田んぼのように目をつぶっても植えれるのと違い、少々疲れました。そしてようやく超普通じゃないコシヒカリの田んぼを除きコシヒカリの代掻きが終了。明日は、専務が一台で田植え、残りのスタッフは、超普通じゃないコシヒカリの田んぼの畦と農道の草刈りです。除草剤を撒けないので、代掻き前に刈ってからいよいよ田植えです。少し先が見えてきたかな(⌒‐⌒)

林さんちに数枚だけある大きな田んぼです、、意外にペースがつかめない
田植え

 今日は、田植えを一旦休んで早朝出勤で除草剤を撒きました。どうしても確実に散布するには、早朝の無風を狙うしかないので、GWぶっつづけの田植えでヘロヘロですが頑張りました。夕方を狙ってまた撒きます。そして午前中、とくの幼稚園と藤陰幼稚園が苗見学に来ました。田植えの呪文「1本目は、鳥さんの分、2本目が、虫さんの分、そして3本目がみんな分」で植えてね!とお話しました。いよいよ子供達の米作りが今年も始まりました。

早朝出勤での除草剤散布、、無風のうちが勝負
除草剤散布
とくの幼稚園さんに田植えの呪文を伝授中
とくの幼稚園苗見学
とくの幼稚園の子供達が苗をナデナデ中
とくの幼稚園苗見学
藤陰幼稚園の子供達も苗見学に来ました
藤陰幼稚園苗見学

 朝、カグラモチとミルキークィーンの芽出し苗をハウスに並べました。一度苗が入っていたハウスなので軽トラックのわだちに水が溜まっていたりしてフォークリフトがはまってしまい、結構大変だったが、それでもなんとか搬入無事終了。その後、代掻きチーム2台と私が専務のニューマシンを使って林さんちのコシヒカリをひたすら植えた。さすが林さんちの田んぼの田植えは、要領を得ていて高速で植えることが出来る。でも夕方になると目が回ってしまった。明日は、早朝出勤で除草剤散布の予定、無風であることを祈っています。

カグラモチとミルキークィーンの芽出し苗の搬出、、見事に出てます
カグラモチ苗
今日から林さんちのコシヒカリの田植え、、専務のニューマシンで高速田植え中
田植え

 今日は、ついに林さんちの早生品種のハナエチゼン、ひとめぼれのラスト、そして私の作業請負の田植えのラストのダブルで一段落の日になる、、はずが午前中みるみるお天気が荒れてきて激しい雷雨になった。ひとめぼれの専務チームは、田んぼの真ん中だったので一時避難したが私は、市街地の谷間だったので田植えを続行。なにせこのラストの田植えを終わらせばパラダイスなのだ。ところが途中、お客様にあそでトラクターがはまってヤンマーさんに揚げてもらったと聞いていたのにも関わらず、ガタンと田植え機がターン中に、はまった!少しタイヤが空回りしら時点で、すぐにバイトくんにヘルプ要請で空回りしている左フロントタイヤ側に体重を乗せてもらい私も田植え機の上で乗り出して体重移動。デフロックを踏んで田植え機を下ろし植えながら、わずかなトラクションを探しながらエンジンをコントロールしながらようやく脱出。ここで、はまったらコンクリートの谷間のような深い田んぼでしかも田植え機の向いている方向が最悪だったので本当に肝を冷やしました。この後、もう1回はまりそうになるも、今度は、早めに諦めて植えずに脱出しました。


 でもおかげで午前中、作業請負の田んぼが全て終了。午後イチから、林さんちのコシヒカリの田植えに突入。しかもあんなに荒れていた天気が快晴に!冗談か?と思うほどの急変ぶりです。午前中の緊張感と疲労感から開放されて体が弛緩状態になり、もう眠くなってしまいました。まあ眠りは、しませんでしたがそれぐらい気持ち的には、パラダイスな田植えです。さあ明日から、最速田植えガンガン行きますよo(^o^)o


雷鳴とどろく中、土砂降りの中の田植え、、しかもこの後
田植え

数時間後の同じ日、、本当にあの天気が幻のように感じます
田植え

 今日は、会社は、お休み。でも社長と有志のバイトくんで、毎年恒例の特別な田植えに行きます。ここは、金沢市内で無農薬栽培で米作りを頑張っているお客様の田んぼです。草が生えるので、水を落とせないのでいつも湖状態での田植えです。こうなると真っ直ぐ植えるためのマーカーの線が見えずいつも苦労します。さらに小さい耕運機で耕してあるので田んぼが凸凹。だから相当、集中してユックリ植えないといけません。焦りは禁物なので、休日出勤でノンビリと植えているのです。昨年から田んぼの端で目印の棒を立ててもらうことにしたら、ずいぶん楽に真っ直ぐに植えることが出来るようになりました。夕方までにもう1軒の田植えを済まし、私の超短いゴールデンウィークならぬゴールデンタイムです。明日で最後の1軒の作業請負の田植えが終了するので、これからは、全開で林さんちのコシヒカリを植えます。


無農薬栽培のお客様の田んぼ、、草が生えるので水を落とせません
田植え

田んぼの端に目印の棒を立てて植えました、、o(^o^)o
田植え

 今日は、午前中、田植えで午後からカグラモチとミルキークィーンの種まきの予定。しかし朝からの雨がドンドン激しくなって田植えが厳しくなった。雨だけならともかく、濡れて来て寒くて大変だった。午後から種まきは、実にナイスなタイミングでした。それでも外に床土を取りに行くだけでびしょ濡れでした。今回も林さんちの楽しい種まき動画を撮影しました。1時間800箱以上の種まきは、こんな感じです。まあレンズを向けられると反応するのが、林さんちのスタッフです。良く教育されています(o^-')b

雨の中の田植え、機械は、なんともありませんが人間が寒くて、、( ̄○ ̄;)
雨の中の田植え

 我がJA野々市の農機センターは、優秀である。昨晩、部品が届き次第、朝の始業までに修理を完了してくれた。おかげで、朝一から予定通りの田植えに突入出来ました。やはり自分の田植え機は、サクサク動きます。操作を考えなくても、体が覚えているのです。この考えながら操作をすると言うのは、なかなかの疲労感なので、早い復活は、助かりました。最近の田んぼへの出入りは、お客様にもお願いしてアルミブリッジをかけなくても大丈夫なようにスロープを作ってもらっています。ところがそれでも何箇所かは、見えている部分が氷山の一角で泥の中は、垂直状態のスロープがあります。それでも上手くいけばブリッジ無しでも登ることが出来るのですが、今回は、ハマってしまいました。こうなるとアルミブリッジを使用して登ります。まあそうすればいとも簡単に登るのですが、登った後のアルミブリッジの後片付けが大変。田んぼにめり込んだブリッジを引き抜くのにエライ体力を消耗して今度は、ドロドロで重くなったブリッジを洗おうにも、用水が暗渠で水もない。仕方ないのでドロドロなまま軽トラックで運ぶことになりますが、荷台も積んである何もかもドロドロになってしまいます。まあこれでも最近の田植え機は、ずいぶん性能が良くなって、田んぼの出入りでハマることは、少なくなりました、、(⌒‐⌒)


 朝、次男から学校のHPに出ているから見てとメールがあった。何やらセッションということを学校でやったようです。私は、それが意味することすら良く分からないのですが、頑張っている様子が分かって嬉しかったです。と次男の姿を自宅のノートパソコンで見ていたら、今度は、リアルに長男が突然、なんの連絡も無しに帰省して来ました。まったくもってフリーに動く息子達である。まあ私もそうなので、何も言えないが、、(* ̄▽ ̄*) そしていつも通り、帰宅するなりタッチアンドゴーで、どこかへ遊びに行きました。当然、田植えを手伝う気は、ないようです、、(-_-#)


田植え機がスロープを登れずスタック、、(×_×)
田植え

上のスロープ部分は、氷山の一角で泥の中は、日本海溝のように落ち込んでいます
田植え


仕方ないのでアルミブリッジをかけます、、最初からこうすればいいのですが、、( ̄○ ̄;)
田植え

無事、登った後にドロドロのアルミブリッジの後片付けが待ってます、、大変なんです
田植え

 雨の予報にも関わらず曇り空でラッキー!今日も好調に作業請負のお客様の田植えを始めて1枚半、、いきなり田植え機が田植えをしなくなってしまった。あ~だこ~だするも動かない。結局、専務を呼んでトラックで農機センターに入院。私は、専務のマシンを林さんちの田植えを途中にして、取りに行きお客様の田植えを再開。専務の最新型の家電のような田植え機に戸惑いながらなんとか植えてました。ここの田んぼのおばあちゃんは、毎度「ありがたや、ありがたや」と手を合わせて拝みながら私の田植えや稲刈りを応援してくれる名物おばあちゃんです。ずいぶん、高齢ですがまだまだ元気でいて欲しいと願っています。


 それにしても昨年も、私の田植え機は、故障して1日動かなかった。今回は、田植え機の苗台を横送りするギヤが磨り減って舐めてしまったようです。この時期の故障は、本当に痛いです。でもどっちにしろ代掻きもしなくては、いけないので代掻き2台体制に戻し、しばらく田植え機1台体制で作業をします。それにしても専務の田植え機は、完全自動な分、融通が効かずスイッチを押し忘れるミスとそれをしないように、集中しなくては、いけないのでかえって疲れています。早く、SPUくん直って来てぇ~~!

田植えのお客様のおばあちゃんと記念撮影、、(⌒‐⌒)
田植え
社長の田植え機が故障、、急遽、専務のマシンと入れ替え
田植え
専務の家電のようなオートマチック操作に戸惑いながらなんとか再開
田植え
哀れ社長の愛機SPU55が壊れてJAの農機センター行き
SPU55
ここのところのギヤが壊れて苗送りが停止してしまったのです、、(×_×)
SPU55

 今日から市街地の作業請負のお客様を回って田植え開始。苗の品種、数量、肥料、農薬まで全て1軒1軒違うので確認しながらトラックに積んで行きます。そして1軒終わると余った苗をハウスに間違えないよに戻し、肥料や農薬も田植え機から抜きます。それを繰り返すので急いだ仕事は、出来ません。さらに市街地なので、田んぼから田植え機が上がっても道路に撒き散らした泥も片付けないといけません。小さいトラクターで耕しているので田んぼの凸凹がひどくて田植え機を真っ直ぐに走らずのが困難です。それでもお客様が、「ガン見」しているので集中力の鬼となって植えます。さらに田んぼのはみ出ている障害物やギリギリの壁際を避けるために田植え機の苗台やマーカー装置を折りたたんだり出したりと忙しいことこの上ありません。それでもお客様から缶コーヒーや感謝の言葉をもらうと頑張ってしまうのです。GW中は、こんな毎日が続きますo(^o^)o

前方に植木がはみ出ているところを発見
市街地田植え
意を決して突入してみます
市街地田植え
幸いまだ春の柔らかい木と葉っぱで無事通過、、でも田植え機は、葉っぱだらけ
市街地田植え