穀雨・恵みの雨

 今日は、田植え前の最後の休日。来週からは、まったく休めない1ヶ月間が続きます。この休日にふさわしい雨が穏やかに降っています。晴れるにこしたことは、ありませんが、やはり晴れると、あれやこれやとしたいこともあるし、ハウスの水遣りも大変です。雨は、お百姓にとって仕事を休める恵みの雨でもあります。おかげで今日一日、ゆっくりできます。でも朝の水遣りの後、育苗ハウスの空いたスペースの家庭菜園を耕したりしました。母親は、じっとしていられる性格でないようです。昔は、農繁期に雨が降ると「アメヤシコ」「アマアシコ」という「御ふれ」を村で出して強制的に休ませたそうです。こうでもしないとお百姓は、休まないということもあったし、特にお百姓の嫁は、休めずに体を壊すのを防ぐ意味があったそうです。村の最後のセフティーネットでもあったようです。私も田植えで体力の限界に突入して何度もこの春の雨で助けられたことがあります。でも週明けからは、晴れてくれることを祈っています。

「穀雨」というらしいが、春の雨が穏やかに降っています
穀雨

このエントリーをはてなブックマークに追加