自画自賛・巣の取り合い

 今日は、土砂降りの荒れたお天気。つくづく苗出しと種まきが昨日で良かったと思います。まあ雨であれ雪であれ苗出しと種まきは、問題なく出来るのですが、やはりお天気が良い方が仕事は進むし、なんと言っても気分が良い。しかも昨日は、トラクター2台体制を4/3日維持出来たので、ずいぶん荒起こし作業も進めることが出来た。まあ偶然とは、言え私の作業計画の成果です。でも偶然というのも、ちゃんとした準備の上の必然とも言えるので一人でこの天気を見ながら自画自賛しています。


 そして林さんちに来たツバメは、現在、巣の取り合いで忙しいようです。すでに3夫婦が来てバトルを繰り広げています。林さんちの納屋には、すでに巣が10個以上ありますが、ツバメによってリフォーム派と新築派に分かれるのが面白いです。おそらく何世代にも渡って同じツバメが来ていると想像します。最近は、化学肥料で痛んだ土が減ったのか、新築してもしっかりとしています。以前は、土が悪くて良く落ちてしまいました。そこでヒビ割れを見つけると下に支えを取り付けて補強してあげています。この画像の巣は、最近の巣ですが、中でも綺麗で立派です。当然、競争率が高いのか、ツバメが「キュンキュン」と警告音を発しながら空中戦を演じています。


林さんちに飛来したツバメ、、何世代に渡っているのだろうか
ツバメ

このエントリーをはてなブックマークに追加