3棟だけ張る・社長が売り子に

 朝からお天気が良い、、しかも無風!もうこれ以上、我慢がならず全スタッフにハウス張りを指示。とりあえず1回目の苗出しに使用する7、8,9番ハウスだけ張ることにした。結局、終日穏やかなハウス張り日和で、この千載一遇のチャンスを逃したことが、後でどう影響するか心配だが最低限の仕事は、出来た。女性スタッフは、ハウスの屋根部分を載せた時点で、すぐに明日の椿まつりとカキモチ配達の準備に戻った。農業で6次化が、叫ばれているが生産、加工、販売の3つの作業工程が重なった時は、今日のようにかなり辛いことになります。とにかくここまで、やっているんだから明日の椿まつりでは、売上を伸ばすように頑張ります。ちなみにインフルエンザの妻に代わり社長の私が、販売促進員として売り場に立ちます、、o(^o^)o

前後のツマとスカート部分を張ったらいよいよメインの屋根部分を載せます
ハウス張り
ポリフィルムをスプリングと呼ばれるジグザグの針金で留めて行きます
ハウス張り
ロープにハウスバンドを仮結びして一気に反対側に持って来て留めます
ハウス張り

このエントリーをはてなブックマークに追加