作付け面積アップ・資材続々と

 ようやく今年度の作付け計画が出来たが、よく見ると昨年の土地台帳ファイルにデータミスが結構あってショック。そうなると苗の数や平均収量も大きく変化するし、栽培指針となるデータそのものが間違っていたことになる。今年は、かなり集中して何度も見直したので、大丈夫だと思うが、もう何度か見直す必要があると思う。そして今年度の水稲作付け面積は、1ヘクタール余り増えることになった。ここ数年、ジリジリと面積が増えていて、毎年、もう限界では?と思うが作業機械が、新しくなって能力アップしたり、新しい社員増えた分、能力がアップしているのか、問題なく収穫出来た。そして今年もそうありたいと願っての作付け面積アップです。

 そして作付け計画が決まる前に、もう前倒しで白山市まで床土を取りに行き始めました。全部で60数トン必要なので3トンづつ運んでも20数往復。1日頑張っても5往復と言ったところ。しかも春が近づくにつれて、床土の会社も混雑して来てなかなか積めないので、今のうちが勝負。種籾、肥料等々も注文をJAにしました。資材がどんどん運び込まれて行くと、ついに春が来たという気持ちが強くなって行きます。

床土運搬開始、、全部で60トンほど運びます
床土運搬

このエントリーをはてなブックマークに追加