左義長・無病息災でありますよ~に

 今日は、村の左義長の日です。最近は、土日優先で行事が行われますが、本来は、昔は、15日開催でした。そんな意味からすると、正しい日での左義長です。朝から前日から用意したワラとお正月用品、火を管理するフォーク、消火用のバケツ、そして御餅と焼き網を持参。現地に行くと思ったよりデカイやぐら用の竹が用意されています。おっとこんな大きい竹は、燃え残って始末が大変と焦りましたが、点火後、バンバン竹の爆発音と共にきれいに焼けました。その大きな火で、字が綺麗になりますよ~にと、書初めを燃やして灰を空高く上げます。高ければ高いほど、字が綺麗になると言われています。そしておき火で、お餅を焼いて食べます。左義長で焼いたお餅を食べると、1年無病息災と言われています。私は、自分用と妻と母親の分、3つを焼きました。確かに、昨年1年は、大きな風邪もひかず元気に過ごせました。今年も期待しながら食べました。

TS3P01360001.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加