箱根駅伝で感涙・明日も観戦

 朝から箱根駅伝を観戦。今年は、特に東洋大学の柏原竜二選手の箱根5区の最後の山登りを観たくて6時には、起きて朝食を食べてテレビの前でスタンバイしていました。冬は、モータースポーツがシーズンオフなので、駅伝やマラソンを楽しみに観ています。そして見事、今年は、東洋大学が柏原選手に1位で襷を渡し、往路新記録と柏原選手が5区の目標として公言した自らの区間新記録を塗り替える1時間16分台をダブルで達成した。柏原選手の前に、順天堂大学の今井正人選手が、同じく5区で大逆転をして「山の神降臨」と言われたのに、さらにそれを上回る選手がすぐに出てくるとは、思わなかった。昨年、さすがの「新・山の神」柏原選手も、プレッシャーに押しつぶされて調子が出ずに、早稲田大学に優勝を21秒差で持っていかれたが、今年は、圧倒的強さを見せた。その後のインタビューで、「私の苦しみは、1時間ちょっとで終わります。でも福島の人たちは、ずっと苦しんでします。そのことを考えればなんともないです。」というコメントにウルウル(ToT)してしまった。最近、スポーツで元気付けられることが多い。私も頑張らなきゃと思い、すぐに事務所にこもってメルマガの執筆をした。明日もきっとドラマが用意されているんだろうな。また6時起きでテレビの前にスタンバイです(o^-')b

このエントリーをはてなブックマークに追加