先生とボイラー設置・公文バックで会議

 夕方から風土金澤の会議があるので、明日の富陽小学校の餅つきのための準備を、午前中からする。一番の難関は、重いボイラーを車から降ろしての設置。このボイラーは、近所にある餅つきメーカーのワタナベ工業からお借りしている実演用ミニボイラーなので、移動に便利なように、キャスター付き。しかし大量の餅つきのために、セイロ9段も積むとキャスターが重量に耐えられず倒れる。そこで下にブロックをかまして設置するのだが、このミニボイラーなかなかの重さなのだ。私がギックリ腰になるので、先生とタイミングを合わせて持ち上げてもらっている。


 最近、会議等が多く、持ち歩くカバンが必要になって来た。妻に、カバンが欲しいと言ったら嬉しそうに、持って来たのが「公文バック」。次男が、通っていた学習塾のモノだが、しばらくで辞めたので綺麗である、、( ̄○ ̄;) え~~オシャレなビジネスバックを買ってもらえると思いきや、男51歳で公文バックで会議に行くことになった。誕生日にプレゼントがなかったからかな?

ワタナベ工業から借りた実演用ミニボイラー
ボイラー設置
せ~ので先生4人で、持ち上げて下にブロックをかまします
ボイラー設置
きっちり入れるために、微調整を繰り返します
ボイラー設置

このエントリーをはてなブックマークに追加