オーバーヒート・23年目大豆コンバイン

 連休明けと同時に、大豆の刈り取り開始。今年で23年目の林さんちでも、群を抜く古い機械である大豆コンバインDC-1を駆って行っている。毎年、いつ壊れるだ?という恐怖心の中、専務のスーパー整備と修理を繰り返しながら寿命を延ばしてきた。なんと言っても初期型の辛さ、整備性がひどい、どこかが壊れるとジグソーパズルのようにばらして修理をしないといけない。近隣の転作補助金で購入されている大豆コンバインは、キャビン付きでタンク付きの最新鋭機に、とっくの昔に切り替わっている。でも林さんちの大豆の売上では、とてもではないが、新型機に更新できない。今日も、ホコリでオーバーヒートしたようである。だいぶラジエーターもくたびれて来たようだ。1年でたった数日しか使用しない大豆コンバイン、1年でも2年でも長生きして欲しい機械である。

秋晴れの中、大豆刈り取り開始、、今年は、ちゃんと収穫できますよ~に
大豆刈り取り
収穫した大豆は、お米で一杯のライスセンターの隅で自然乾燥
大豆刈り取り
オーバーヒート、、頑張れ!クボタ大豆コンバインDC-1!
クボタ大豆コンバインDC-1

このエントリーをはてなブックマークに追加