豊作?不作?・芸術的ワラ落とし

 昨日から刈り始めたカグラモチだが、見た目豊作に見えるが、コンバインのタンクになかなか一杯にならない。逆にすぐにタンクが一杯になって喜んでいたら、籾の毛=毛茸(もうじ)が大きくてそれが原因で隙間だらけで、実は、少なかったということもある。でも乾燥していて量が減っているのかもしれないし、本当に少ないのか籾すりしてみないと分からない、ホントに不思議なお米である。刈りながら、あ~でもないこ~でもないと、考えながら刈っています。

 今日は、近所のしめ縄農家さん用に、ワラをカットしないで落とした。雨に濡れると、せっかくのワラの色が汚くなるので、お天気を睨みながら、林さんちとどこの田んぼに、どれだけ落とすか打ち合わせをする。ここ数日は、お天気が良いみたいなので、一気に大きな田んぼに移動して大量に落とすことになった。私としても細かい田んぼで落とすより効率が良いので助かる。ワラを落とすとその上をコンバインで走れないので動きに制約が出来てしまうのです。小さい田んぼは、前進バックが多くなるので、その分通常のワラをカッターで切っての稲刈りが多くなる。今回は、芸術的に隅から隅までギリギリ落としました(o^-')b

一見豊作に見えるカグラモチだが、何度騙されたことか!
カグラモチ
恒例のしめ縄用のワラを落としました、、美しく落としました(o^-')b
しめ縄/center>
何度見ても不思議な、ワラの結束機、、超高速で縛って行きます
しめ縄

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
  • ワラの結束機、今のコンバインの能力はスゴイですね!

    メカなどなかった昔は、
    私の母や手伝いのおばちゃんで、
    ワラをくるくる回して縛ってました。
    たぶん、それをメカに置き換えたのではないでしょうか?

    稲刈りの休憩でもらった、
    コーヒー牛乳とアンパンの味が懐かしいです。
    (小中時代は田んぼの手伝いをしたんですヨ、これでも・・)

    広島いけさ(2011年9月28日 22:46)
  • まっこと不思議ですが、この結束機械は、

    18世紀には、発明されてたんよ。

    でも不思議ですわ。

    いけさは、我が家で勝手に朝食も

    食べていたという伝説もあるね!

    懐かしいです、、(⌒‐⌒)

    こーよー(2011年9月29日 18:18)
お名前
メール
URL
コメント