車がダイブ・稲刈りカウントダウン

 朝から交番から電話があって、私の水周り地区のひとめぼれの田んぼに車が、落ちたとのこと。今シーズンで2台目だが、林さんちの田んぼに落ちて今までケガをした人はいません。林さんちの田んぼや稲がクッションになって助かるのです。それにしても、ここは、交差点でもない直線道路の田んぼ、、どうやってダイブしたんだろう?でも問題は、これから、交番からは、頻繁に電話がかかってくるし、そのうち当事者や保険屋さんからの電話で、仕事にならないことがある。今回は、コンクリート畦の破損が幸いなかったので、社内規定で一律2万円を請求して終了です。年間、何台も田んぼに車が落ちる林さんちでは、いちいち被害査定をしていません。現場では、稲刈り前の畦に除草剤を撒いています。稲刈り機械のコンバインを進入させるための隅刈りの時に草がボウボウだと、邪魔になるのです。もう稲刈りに向けてカウントダウンが始まっています。

今シーズン2台目のダイブ、、ドライバーには、ケガは、ありません
交通事故

このエントリーをはてなブックマークに追加