市街地向きのER467だが・ウィンカーレンズ破損

 昨晩も雨が降ったが、今週の天気予報もあまり良くないので、のんびりともしていられない。しかし今日から、作業請負の超市街地での「ゆめみづほ」の稲刈り、案の定、田んぼは、柔らかくてしかも倒伏しているという最悪の状況。ただ気温が低くて涼しいということだけが、唯一の救いでした。今年のゆめみづほは、なぜか倒伏しています。昨年から市街地の稲刈りは、専務のERで出動している。4条刈りで、コンパクトな分、小さな田んぼでのターンでも稲を踏みつけることが少なく、さらに道路を走ってもドロを撒き散らす量が少ない。スタッフからも好評なので、愛機ARは、お休みです。しかし4条刈りは、運転席側が刈取り部から飛び出ているので、壁際の稲刈りは、ギリギリ。いつもかなり気をつけて乗っていたのだが、壁際を刈り終えたあとのバックで、田んぼが軟弱でふらついてウインカーレンズをコンクリート壁に擦ってしまった。擦っただけでも3トン近い重量のエネルギーが、プラスチックのレンズの1点に集中して、パリィ~ンと一瞬であえなく割れてしまった。まあARでも、何度も割っているが、どうして壊れやすいこんな所についているの、、(-_-#) まあこんな市街地でER467やAR70を持ち込んでいる農家は、普通いないのでしょうね。ちなみに、ウィンカーは、帰社してすぐに、愛用の瞬間接着剤プロ用にて、修理完了、、(o^-')b

超市街地名物「壁際稲刈り」数ミリ単位の操縦です
ゆめみづほ
やっちまった!一瞬の油断でコンクリート壁に擦ってパリンと割れました
ゆめみづほ
これまた超市街地名物「アルミブリッジ2枚がけ」、、このあとのダイブが怖い
ゆめみづほ

このエントリーをはてなブックマークに追加