2011年7月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 今日は、まったく何も予定のない1年でも、めったに無い日曜日。でも昨日は、朝は、雨、日中は、蒸し暑さの中の第59回石川県消防操法大会、その後の野々市じょんから祭り警備で22時。その後、23時集合でオネ~ちゃんのいるお店で打ち上げ、、帰ったのは、、(* ̄▽ ̄*) だから今日は、本当にゆっくりとしています。今回の県大会では、タイムに関しては、2本の放水タイムは、ビリだったのに9位まで順位を上げました。タイムによって、基準タイムが加算され、遅いと減点されます。今回は、最悪の7点減点。第2分団の得点は、164.52点だったので、普通に放水出来て減点無しとすれば、171.52点、、これは第3位に当たります。さらに優勝した三波さんは、176.10点なので、5秒基準タイムより速ければ、とんでもないことになっていた、、かもしれません。この5秒速いというのは、別に夢のタイムではなく、多くの出場隊の普通に出すタイムです。今回のテーマは、「節度」をちゃんとすることで努力して来ました。その努力が評価されてタイム減点を相殺してくれたと思います。でも速くなれば節度も落ちるので、この「たられば計算」は、成り立たないことは、分かりますが、今の第2分団の低馬力かつ操作の悪いポンプ車で、よく出した成績だと思います。そしてなんと来年、新型高性能ポンプ車が、ついに第2分団に来ます。これでようやく普通のタイムが出せます。6年前、訳も分からず県大会に出場して、訳も分からず最下位を2年、それから15位、14位と来て、昨年は、全国大会で地獄を見てからようやく正しい道が見つかった気がします。しかしゆっくりもしておられません。明日から関係機関への挨拶、お礼状の発送、消防団役員会、県大会慰労会、岐阜県消防操法大会見学と予定がテンコ盛りです。ますます消防バカに磨きがかかって来ました、、( ̄^ ̄)

開会式での行進、、しかし足も手もバラバラちゃんと揃えろよ、、(-_-#)
第59回石川県消防操法大会
操法開始です、、この後、タイムの遅さに真っ青になる事態に、、( ̄○ ̄;)
第59回石川県消防操法大
戦い済んでまた来年この地で会いましょう、、もう恒例になった全員記念撮影
第59回石川県消防操法大会

 早朝4時起床、5時15分集合で、雨の中、第59回石川県消防操法大会に出場。ようやく一桁の9位になった。五回目の出場で最下位から敢闘賞八位の背中が見えた。そしてヘロヘロになって戻って、速攻で野々市じょんから祭り警備と大量の後片付けをする。でも少し心地よい夏の夜です。

 ふと考えるともう明日が、石川県消防操法大会。でもなんだか、そんな気がしないので、のんびりしたいたら、今日から準備でいろいろと会場に搬入しなくてはいけない。持って行くものの最重要物資が、飲み物関係。この他にも、スポーツドリンクやお茶も大量に作って行きます。でもお天気が、非常に微妙でもしかしたら涼しいかもしれない。まあそうなったら、そうなったらで良いのだが、もし太陽が出るとガンガン飲み物がなくなる。無くなったからと言って、100人ほどの分団員と応援の関係者の分をそうそう買出しに行けない。会場の石川県消防学校は、河北潟の干拓地にあって周りにコンビニもスーパーもないのだ。一番近くのコンビニなど、当日、オニギリも飲み物も売り切れてしまう。それらを冷やす桶に入れる水も水タンクに入れて予め米倉庫で冷やして持って行く。

 そして今回は、昨年要望があった「スイカ」を持って行く。私は、「どうしてもスイカを食べたい派」では、ないので不思議なのだがとりあえず持って行くことにした。ところがスーパーに行くと、一玉3,000円以上!高い!聞くと今年は、不作で値上がりしているそうです。いったいこの天気のどこが不作の原因なの?と思いつつ、スーパーの売り場で立ちすくんでいました。ところが母親が、知人からスイカを12個ももらっていたのを発見、少し分けてと頼むが、断固拒否。そこでその知人を頼って2個お願いしたら快く頂けました!感謝感激です。これで準備完了ですが、明日は、野々市じょんから祭りの警備が午後3時からあります。操法は、アサアサ~っとやって警備に直行の予定です。あくまで国民の生命財産を守るのが消防の使命、警備がメインの明日です、、って、でも良い成績で気分良く警備をやりたいものです、、o(^o^)o

石川県消防操法大会の飲み物その他、、準備万端!
石川県消防操法大会
今年は、高価なスイカです、、頂き物です!ご協力ありがとうございます!
石川県消防操法大会

 昨晩、消防訓練を終え自宅のガレージに車をバックさせていたら、モニターに一瞬猫の影!慌てて飛び出しておっけけると、ライスセンターと工場の間の雨で濡れた路面に浮かぶ影は、明らかに猫!「ちょみのすけ!」と呼ぶとこっちを振り向くが、遠くて分からない。でもすぐに向こうの闇へ消えて行きました。ハリーポッターのシリウスブラックに登場に似たシーンだったが、あまりの心配で幻を見たのかと、あとで考えると感じた出来事でした。実は、昨日早朝、叔母さんが亡くなった。救急出動指令をいつものように聞いていたら「藤平○○番地、、年齢69歳女性、、」と言ったのでビックリして飛び起きて近くの叔父さんの家に走って行くと、すでに冷たくなった叔母さんがベットにいました。ここ数年、具合が悪かったのだが、あまりの突然の死に驚くばかり。子供の頃から世話になった方で、思い出もたくさんある。ご冥福を祈りたい。

 ちょみのすけが行方不明になって、5日が経った。まったく消息がつかめないので、ただただ待つしかない。いつも消防の練習で帰ると、足元に甘えてすり寄ってくるので、今でも毎晩、ちょみすけが、ひょっこり現れる錯覚に陥る。妻も母親も、息子二人がいない今、ちょみのすけだけが、心のよりどころなので、寂しくて仕方がないようだ。すると妻が、林さんちのかつての研修生よし君のブログに書いてあった、猫が帰ってくる「おまじない」をしたらどうか?と提案してきた。さっそく彼に、教えてもらい思いっきり新品のマッキーで黒々と念を込めて書きました。これをいつものキャットフードのお皿のそばに置けば、帰ってくるはずです。

行方不明の「ちょみのすけ」、、いったいどこに行ったのだ!カムバァ~~ック!
ちょみのすけ
最後の手段、猫が帰ってくる「おまじない」
おまじない

 朝からまたまたテンションの上がるモノが、林さんちのお店の前にポイ捨てされていました。恒例の?マクドナルドのゴミ!7月13日にも、林さんちに通じる道路上に同様のゴミが、落ちていたので、同一犯の仕業か!どうもこのラインを走る何者かが、捨てていったのかも知れない。「マクドナルドを食べるな」とは、言わない、でも明らかにマクドナルドを食べている人間の道徳心の低さは、顕著です。食は命、結果がその食のレベルを物語っていることは、明らかと考えるのは、間違いか?マクドナルドのポイ捨て画像が、どんどん溜まってきたので、ファイスブックページ「マクドナルドポイ捨画像集」が出来そうである、、( ̄^ ̄)

 昨晩の消防メシで、炊飯器のスイッチを押し忘れるミスを犯した。原因は、夕方の突然の雷雨により地域で水が溢れて水防出動したからである。我々が出動したお宅では、40センチほどガレージに水が浸入、物置が水浸しになってしまった。分団員で、荷物を搬出、水を掻き出したが災難である。このお宅の上流は、10年前は、林さんちの田んぼもたくさんあった、農地でした。それが今では、華やかな商業施設で溢れる開発地区になりました。でもそのツケは、確実に現れて来ていると感じます。でもわずか40センチでも、大変なのに東日本大震災を考えると想像もつきません。そして帰庫後、二階に上がり炊飯器を覗くと、なんと米と水のまま!!慌ててスイッチを押すも時すでに遅し、分団員には、冷凍ご飯を解凍して食べてもらいました。せっかく得意の「鶏肉とキューリの甘辛炒め」だったのに台無しでした。

 今日は、午前中、町内の子供達から壁新聞の取材を受けました。町主催でコンクールがあるそうです。子供達の質問に、いろいろ答えましたが、ちゃんと取材できたか少々不安。頑張って優秀な成績を取って欲しいものである。

子供達の壁新聞の取材を受ける
壁新聞
マクドナルドゴミシリーズ、、2011年7月13日
マクドナルドゴミ
マクドナルドゴミシリーズ、、2011年7月26日、同一犯だな、、(-_-#)
マクドナルドゴミ

 先日から、画像が多くて、せっかくのナイスな画像もお蔵入りになりそうなので、今日は、まとめてアップ。でもやはり綺麗に撮れるのは、ライカのマクロレンズなので、良い被写体の時は、レンズ交換する。しかし今日、珍しいハグロトンボを発見して、慌てて交換するも、どこかへ飛んでいってしまった。これじゃぁ~UFOが現れても撮影できないかも、、(* ̄▽ ̄*)

 そして実は、この2日間、林家のお猫様「ちょみのすけ」が行方不明。私が最後に見たのは、金曜日の夕方、消防カレーを作りに出発した時。母親が、土曜日の朝、エサをあげたらしいので、それが最後の目撃になる。いつも居て当たり前のちょみのすけが、いないと家の中が空虚に感じます。みんなが「ちょみのすけは?」「ちょみのすけは?」と誰とも無く聞いてくるが、どうしようもない。基本的に虚勢してあるので、遠くには、行かないはずだが、近所で数日して戻って来た例もある。もう少し、待ってみます、、(ToT)

夏桔梗、、この時期咲く涼しげな花です
夏桔梗
夏の太陽で美味しく仕上がって行きます、、林家定番の味です
梅干し
消防カレー、、トドメは、グリーンカレーでした
グリーンカレー

 昨晩、虫送りの警備を、つつがなく終えて深夜に帰宅。そして今日も、朝から格納庫集合で、石川県消防操法大会の抽選に出かける。ポールを立てたり、大会の注意事項を聞いたり、そしてメインの抽選会、ホースの検査もありました。それらを終えて、各分団、順番で20分づつ練習を行いました。全て終わって昼飯を食べて帰宅したらもう3時でした。結局、この土日は、完全に消防漬けでした。ちなみに、操法順は、18隊中10番目、、まあかなり微妙というか、中途半端というか。でも今まで、早めが多くてそれが焦りの原因にもなっていたと思うので、今回は、ゆっくり出来るのでヨシとしよう。

虫送り祭り、、巨大たいまつへの点火は、私がしました、、アッツゥ~~!
虫送り
新調した藤平の提灯、、良く見ると他の集落も結構ボロボロでした
虫送り
石川県消防操法大会の抽選日、、まずは、登り旗のポール立て
石川県消防操法大会の抽選日
そして抽選、、操法順番は、10番です、、微妙~~やけどまあいいっか!
石川県消防操法大会の抽選日
その頃、ホースの長さの検査、、20m以上で合格!当然、一発合格です
石川県消防操法大会の抽選日
これが石川県消防操法大会の参加賞、、七宝焼きの色が毎年違います、今年は青
石川県消防操法大会の抽選日
そして最後にようやく会場練習を20分、、長い週末でした
石川県消防操法大会の抽選日
2011年07月23日

 今日は、地域のお祭り「虫送り」があり消防団で警備をする。国民の生命財産を守ることが使命の消防団なので、当然メインは、虫送り警備。しかし朝から消防学校で会場練習の割り当てがあり、選手達と出かけた。選手達は、ハードスケジュールの中、落ち着いた操法が出来た。しかし会場の水槽には、地球外生物が多数生息していて怖い。河北潟の水を引いているので仕方がない。まあ私は、手は、入れないが補助員は、肘の上まで突っ込むので大変である。もし夏休みの宿題で生き物調査をするなら最適かも~もちろん大会本番では、地球外生物は、除去されています、、(^_^)v

地球外生物?の生息する水槽、、これに手を突っ込むのは勇気がいります
地球外生物

 優秀過ぎる?スタッフの頑張りで、ついに私は、一度も穂肥え散布には、参加しませんでした。普通じゃないコシヒカリ、ミルキークィーン、超普通じゃないコシヒカリの3回目がすでにほぼ終了、カグラモチは、1回で良いので既に終わっています。今日、普通じゃないコシヒカリの最後の田んぼに穂肥えを投入して終わります。画像を見ると若干、田んぼの真ん中の緑が薄い。おそらく散布ムラのせいなので、3回目は、その薄いところを目がけて散布します。有機肥料は、粒が大きくて比重が軽いのであまり飛ばない、しかも色が茶色で飛んで胃いるのが見えないので、微妙な調整が必要だが、それもこれも経験である。逆に、カグラモチに散布した有機入り化学肥料は、粒が小さくて比重が重いので、遠くに飛びます。しかし色が白くてよく見えるので、割りとコントロールが効きます。

 林さんちの水回りバイクは、私のフォルツア、専務のDAX改、中村君のDio・ZX、そして新人社員用に長男が通学に使用していたゴリラ初期型を、貸与している。一度、私もこのゴリラで水回りをしたが、もう遅くて遅くて、、(×_×) とてもじゃないが、私の水回りエリアの市街地では、車に轢かれてしまう。専務もDAXを購入するも、やはりあまりの遅さに、80ccにボアアップ。ゴリラは、永い間、ガレージの隅に置いてあったのを、長男の通学用に復活させたのだ。電気系統を6Vから12Vに変更して、ノンビリ屋の長男には、ちょうど良かったのだが、結局、草食男子の長男は、自転車で通学していました。その長男も東京に就職してバイクが空いていたのだが、今年から復帰となりました。このゴリラ、とにかく燃費が良い、おそらくこのガソリン給油も、今シーズンで1回目か2回目では、ないだろうか?このご時世にあっています。ちなみにタイヤは、オフロード用に専務が交換しました、、(o^-')b


涼しいので一気に穂肥え散布を終了させました
穂肥え散布

1978年式ホンダ製ゴリラ、、初期型!バリバリ水回りに現役です
ゴリラ

 私が、夏風邪でダウンでも、林さんちの優秀なスタッフは、ガンガン穂肥え散布をしています。昨年まで、私の仕事だったので、完全に世代交代してしまった。寂しい反面、助かっています。カグラモチに散布している肥料は、LP有機060、LPは、ロングプレイヤー、特殊なコーティングで長く肥料が効きます、060は、チッソ・リン・カリの配合割合を表しています。0=チッソ20% 6=リン6% 0=カリ10% 有機が付いているので有機成分が含まれています。超普通じゃないコシヒカリと普通じゃないコシヒカリに散布している肥料は、アグレット727は、チッソ7%・リン2%・カリ7%、通常肥料は、20キロ袋なので、1袋にチッソ1.4キロ、リン0.4キロ、カリ1.4キロ入っています。その配合量を見て、農家は、散布量を決めています。ちなみに、カグラモチは、10アール当たり30キロなので、チッソ6キロ、普通じゃないコシは、10アール当たり70キロなのでチッソ4.9キロとなります。農家同士では、チッソ何キロ入れたか?というのが、この時期の主な会話です。この時、チッソをたくさん入れた方がエライので、みんな競ってたくさん入れたのを自慢します。林さんちは、チッソ成分をあまり入れない珍しい農家なので、そんな時は、小さくなっています、、( ̄○ ̄;)

シースルーの袋で読めないが、LP有機060号って書いてある
カグラモチ穂肥え散布
背負い式動力散布機、、通称「動散」で撒きます
カグラモチ穂肥え散布
均等に散布するのは、なかなか難しい、、ムラムラにするなよ!
カグラモチ穂肥え散布

 昨日、HPドクターの指導を受けてから、知恵熱が出たのか、不覚にも風邪をひいたようだ。喉がいたくて体がダルイ。たしか3月からほとんど休んでいない気がする。さっそく風邪クスリを飲んで午後は、大人しくしていたが、今週末は、消防で大切な訓練や会合が多いので休めない。なんとか治さないと。でも、昨日、教えてもらってFBに画像をアップすると、コメントがたくさん来た。そうか、みんな見てるのね!と思い、頑張って林さんちの画像をアップしました。初夏の林さんちの周りは、生命の息吹が一杯です。特に、可愛い夏野菜の赤ちゃん達は、グングン伸びて来て凄いです。これを食べて美味しくないわけがありません!夏野菜食べて、風邪治そう、、o(^o^)o

 林さんちのツバメパラダイスの納屋で、またまた落ち雛ツバメを発見。レスキューするも、何度も落ちる。こいつは、ヤバイかもしれない。巣が小さいのもあるのか、兄弟に落とされているパターンのようだ。身内といえども、自分が生きて行くためには、落としてしまう自然界の厳しさを垣間見る。

穂揃いしたハナエチゼン、、隣のコシヒカリと色がまったく違います
ハナエチゼン穂揃い
林さんちの家庭菜園のナス、、夏野菜ガンガン出来てます
ナス
林家の茶の間の窓の具グリーンカーテンのゴーヤ、、消防メシに投入中
ゴーヤ
育苗ハウス内のサツマイモ、、苗の肥料分で育つ育つ!
サツマイモ
落ち雛ツバメ2羽目、、巣が小さいのか兄弟喧嘩か?
落ち雛ツバメ
レスキューするも、2度3度落ちる、、いや落とされている、これは、弱肉強食の掟か
落ち雛ツバメ

 今日は、連休明け、そして火曜日は、メルマガを書く日で、なかなか時間的は、タイトになりがち。ネタさえあれば、あっと言う間に、書けるのであるがそう簡単には、思いつかない。そして今日は、HPの検索エンジン対策を向上させようとISICOさんの事業で、HPドクターの指導を受けた。もう初っ端からダメ出しの連続でした。しかも言っていることの半分は、よく理解していないのが事実。でもその半分、いや半分以上は、林さんちのHP制作をお願いしている方にオンブにダッコである。しかし連休中、サッカー観戦等で不規則な生活をしたツケが回って来てダルイ。

 決勝戦は、日本人としては、絶対に生で観たいと朝三時半起床。もう、何度死んだか( ̄∀ ̄) でも二度追いついてPK戦で見事、世界一!凄かった!

なでしこジャパン、世界一!リアルタイムで観れて良かった!
なでしこジャパン

  昨晩の消防メシのケララカレーは、午後2時から製作開始。前回、煮込む時間が足りず冷や汗ものだったので十分時間をとった。しかし格納庫の台所は、暑くて練習前にすでにヘロヘロでした。しかし頑張ったおかげでゲキウマでした、、!(b^ー°)

 今日は、消防の練習は、お休み。しかし午前中、石川県の強豪中の強豪の三波分団の県大会の会場練習があると聞いて、選手と有志で見学に行く。やはり全国大会優勝チームは、凄かった。選手達もそれを見て何かを感じてくれたと思う。

熱中症寸前の台所でもケララカレー作り
ケララカレー
他の強豪分団を見学するのも、大事な練習です
会場練習

 野々市町の舘野小学校の給食試食交流会でサマーカレーを食べて来ました。私も野々市町の給食に大豆を出荷しているので農家代表の3人の一人として呼ばれました。3クラスに分かれての試食でしたが、子供達に囲まれていろんな話や質問を受けました。私の5年1組は、テンションが上がってなぜか「ビリーブ」の歌を全員で合唱!同じクラスに派遣されたのは、野々市町粟町長でしたが、子供達に「小学校の時、同級生だったんだよ」と話すとビックリしていました。粟町長は、牛乳も町内の明治牛乳で今年から作っていて、パッケージも野々市オリジナルだよとコマーシャルしていました。さすが、老若男女、世代性別を問わず、話をするのが上手い!もっともっと、野々市でとれる産品で子供達の給食を作れるように頑張らないと思いながら帰ってきました。

 今朝、水周りに行くと、ハナエチゼンに「走り穂」が見え始めていました。走り穂のあとは、次々と出穂して「穂揃い」状態から約1ヶ月で稲刈りなので、今年の稲刈りは、やはりお盆の後すぐに適期になりそうです。穂は、株元から幼穂と呼ばれる穂の赤ちゃんが、ジワジワと大きくなりながら最後の止め葉の茎から、ニョキニョキと出て来ます。出た後すぐに、籾が開いていわゆる開花、受粉、そして閉じてここから先は、中にお米が育って行きます。この時期は、水が大量に必要なので、せっせと入水してあげます。どんなに暑くても、冷たい水を供給してくれる霊峰白山と七カ用水に感謝です。

林さんちの一番打者・ハナエチゼンの穂が出始めました!
ハナエチゼン出穂
止め葉と呼ばれる葉の茎の中からニュキニョキと出てきます
ハナエチゼン出穂
野々市町の町内の野菜を使ったサマーカレー、、地産地消の勉強です
野々市町サマーカレー
11月11日に市長になる粟貴章町長、実は、幼馴染です
粟町長

 昨晩、ついに我慢できずに女子ワールドカップ日本対スウェーデン戦を録画観戦してしまい眠い。そして眠い目をこすって起きたらテレビで「今日、野々市町でサマーカレーの農家3名参加しての給食交流会があります」と言っていました。これって、もしかして俺?今日、そんな予定もあったかなという程度でしたが、結構、おおごとと判明して一気に目が覚めました。

 仕事の方は、昨日、私は、午前中、祖母のお盆のお参りで東別院に行って、午後は、野々市中学で評議員会に行き、授業参観、避難訓練とてんこ盛りだったので、スタッフが予定分全て散布してくれました。これで1回目の普通じゃないコシヒカリと新顔のミルキークィーンの穂肥え散布を終了。来週、紙マルチの超普通じゃないコシヒカリの1回目の予定です。あとは、2回の散布を予定しています。そして来週後半には、カグラモチへの穂肥えも始まるので、7月下旬は、肥料づくしの毎日です。でも、梅雨もどこかに行ってしまいキッチリ予定どおり散布できそうです。そこで今日は、1日空いたので、残りの苗箱を片付けました。もうこれ以上涼しい日は望めないのでちょうど良かったです。

 そして消防メシ恒例の土曜日カレー用に、ケララカレーを購入しました。先日、作ったキーマカレーセキットと同じシリーズ。前回、非常に美味しかったので、今回も期待が出来ます。前回、キーマカレーをわざわざ近江町市場まで買いに行ったのに、こんなレアキットが、農協のスーパーで販売してあってビックリしました、しかもシリーズで!今から土曜日が楽しみですって肝心の消防操法訓練は、どうなの?とお思いでしょうが、もう暑くて暑くて、、( ̄○ ̄;)

抜けるような夏空の中、肥料散布、、肥料散布は、農家の醍醐味です
普通じゃないコシヒカリ
もう2階倉庫の気温も限界!苗箱を片付けてしまいます。
苗箱片付け
ケララカレー、、って食べたことも見たこともないのに、ちゃんと作れます
ケララカレー

 昨日は、社員の皆さんは、プチ社員旅行で能登の方に行っていました。その間、私は、消防本部での訓練の見学や、普及員さんと幼穂の確認をしていました。しかし完全な夏空で今まで、こんなに空が広かったの?と思うほど澄み切った夏空です。おかげで見事な入道雲が時々見られます。あまりに見事で惚れ惚れするのですが、そんな時に限って手元にカメラがない。天空のラピュタ並みの「龍の巣」の撮影を目指しています。その猛暑の中、完全装備で、消防の訓練が行われていました。我々消防団は、基本的には、火災の建物内部への進入は、禁止されています。その危険な任務のための訓練ですが、要救助者を助けるというのは、並大抵の体力と精神力では、できないことを感じた訓練でした。そのあと普及員さんと田んぼを回って生育調査。ようやく普通じゃないコシヒカリの幼穂を確認、今日から穂肥えの散布開始です。でも私は、東別院へ祖母のお参りと午後は、野々市中学の評議委員があるので、優秀なスタッフにお任せです。

見事な入道雲がたくさんできています、、これは、60点かな
入道雲
消防本部での訓練、、訓練棟にハシゴをかけて要救助者を搬出します
消防訓練
紙マルチの田んぼにたくさんいる蜘蛛達です、、頑張れ~!
紙マルチの蜘蛛
普通じゃないコシヒカリの幼穂、、ようやく2ミリ~4ミリ穂肥え散布開始
普通じゃないコシ幼穂

 詳しくは、専務の日記 参照ですが、ずいぶん前から、コイン精米機の内部タンクの移設を言っていたがついに完成。私もたまに、コイン精米機の内部に入るが、インディジョーンズ状態の時もあって確かにこのフレコンタンクは、外に出したいと思いました。お米の精米時に、虫が入らないとも限らないので今回のリニューアルは、クボタさんに特許を売りたいくらいです。この内部タンクを入れた小型物置は、この東日本大震災の影響で入手困難になっていた商品です。ようやく手に入れることが出来ました。おそらく仮設住宅等の需要が多いのだと思います。意外なところで爪跡を感じて心が痛みます。

 先日、購入したマンフロット社製のポケット三脚ですが、残念なことにカメラ用品を撮ろうにも肝心のカメラに付いているので撮れません。仕方がないので、携帯カメラで撮影しますが、やっぱりクォリティーが低い。今回は、ちゃんとマクロレンズにて撮影しました。こんな小さいのに一眼レフカメラの結構大きなレンズ装着でも安定しています。まあ立派な一眼レフカメラをポケット三脚に付けて撮影する人はいないと思いますが、私のオリンパスペンでは、十分です。脚は、スプリングでダンパーが効いていてどんな角度でも自在に止まります。そして持ち運びは、折り畳んで3本目の脚で、付属のねじ回しを止めて行います。

コイン精米機の内部タンク移設、、専務の力作です
コイン精米機
まさしく手のひらサイズの三脚です、、結構ズッシリしてます
マンフロット・ポケット三脚
可愛い小袋付きです
マンフロット・ポケット三脚

 いきなりの梅雨明けの連日の猛暑で、稲の幼穂の伸びが気になりバイクで見て回りました。しかし土曜日に確認した時と比べてそんなに、極端な伸びもなくやはり当初の予定14日からの肥料散布になりそうです。それに関しても明日13日の普及部との生育調査で確認されます。昨年、土日の関係と天気予報の兼ね合いで、肥料散布が早過ぎて一部の田んぼで倒伏させてしまったので、今年は、ピンポイントでの散布を狙っています。でもハナエチゼン、ひとめぼれ、そして普通のコシヒカリに関しては、一発肥料がすでに自動的に溶け始めているはずです。その普通のコシヒカリの幼穂は、すでに4ミリ程度になって籾の超マイクロ粒々が目で確認できます。この粒々の撮影で、さっそくポケット三脚を広げてみましたが、それでもなかなかピントが合わずに苦労しました。もう顕微鏡レベルのフォーカスを要求されます。上手く合ったと思ったらそ~~っとシャッターを押して2秒タイマーで撮影。何十枚も撮影しましたが、それでも満足のいくのは、なくて今回の画像もまあ60点レベル。でもふと見たトンボの撮影は、連写で撮ったら意外にバッチリ撮れて満足でした、、(⌒‐⌒)

普通のコシヒカリ幼穂、現在4ミリ、、超マイクロ籾の粒々が見えます
普通のコシヒカリ幼穂
超普通じゃないコシヒカリ、、幼穂ゼロミリでしたがトンボがたくさんいました
超普通じゃないコシヒカリのトンボ

 私のブログ巡回の中に、長野ポンプ社長のブログがあります。もちろん消防の関係で、見始めたのですが、最近は、もっぱら長野社長の経営の考えにいろいろと示唆をいただけるので見てます。そして先日みた中に、なにやら見たことのない物体がアップされていました。どう見てもただの板切れ?にしか見えないその物体は、なんと超小型の三脚だったのです。「え~こんなモノあるんだ!」といっぺんで欲しくなってしまいました。この手の小型三脚は、いろいろありますが、タコの足のように不恰好で、結局は、持ち運びもしなくては、ならないので、たまに出先でタイマー撮影をしようとする時は、何かの上にカメラを置いて撮っていました。でもそれでは、アングルもなかなか決まらないし不安定。そしてマクロ撮影では、特に三脚は、必須アイテム。これからは、このポケット三脚を付けてお出かけです、、(⌒‐⌒)

 しかし昨日は、午前中の消防訓練で予定より1時間半もオーバーしての練習後、あわてて帰宅して8月28日の田んぼのフェスティバルの打合せ、夕方終了後、ふとメールを見ると富陽学童野球クラブが根上大会野々市支部予選で優勝したので祝勝会をするとのこと。先日も暑い中審判したし、暑いのでお祝いのビールを持参して参加しました。でもさすがに、この週末はハードだったのか、1次会でダウン。今日も、まさかの2週間早い梅雨明け宣言は
冗談かと思っていましたが、どうも本当らしい真夏の空模様。朝から、すでにうだっています、、(×_×)

イタリア製のポケット三脚、、速攻で買ってしまった
Manfrotto・MP3-D01
まるでカニの足のようですが、これで見事に踏ん張ります、、機能美です
Manfrotto・MP3-D01

 昨晩の消防メシは、分団員のリクエストで、キーマカレーを作った。しかしキーマカレーって聞いても「一体キーマって何?」とまったく知らないのに、請け負ってしまい困ってしまった。さっそくネットで調べると、ひき肉を使ったインドのカレーと分かった。でも、これってどこで買えばいいの?と思っていたところ、風土金澤の納品があったので、近江町市場の有名な「世界の食品・ダイヤモンド」に行くことにした。ここになら世界中の食材が売っているので、キーマカレーもあると思ったのだ。そして期待通り、手作りキーマカレーという私でも作れそうなセットが売ってました。さっそく購入してから、いつものようにAコープに他の食材を買出しに行ったら、なんと同じモノが売っているじゃありませんか!わざわざ近江町市場まで行ったのに、、( ̄○ ̄;) でもインドカレーと言えば「ナン」これが売っていない。そこでまたまた別のハイカラな食材が多いスーパーへ行き探すが見つからない。やっと店員さんに聞いて4枚入りを2袋だけ見つけました。結局、ナンを見つけるのに一番時間がかかってしまった、、まさしく「難有」である。そして急いで格納庫にこもって仕込み始めるが、タマネギのみじん切りに時間がかかり、練習に間に合うかもう冷や汗もんでした。それでも案ずるより生むが易しレシピどおりスパイスを入れて行くと、どんどん良い香りと美味しい匂いが増して行きました。そして出来上がりは、今までのカレーの中でもベストの仕上がり。こいつは、クセになる味ですわ。そして今日は、明るい中での練習も必要ということで、朝から日曜練習でした。でも梅雨明け直後で、もう暑いのなんの!この暑さ対策も、今後の課題です。

初めて作るキーマカレー、、バリ美味!!
キーマカレー
梅雨明け入道雲に囲まれながらの操法訓練、、暑過ぎ!
操法訓練

 朝から超暑い!そんな中、藤平地区の田んぼ周りがあった。関係機関、農協、農協青壮年部で、管内の田んぼの成育状況を見て回るのです。この巡回で、肥料を撒くタイミング、農薬散布のことを指導受けます。林さんちは、独自に普及員さんに来ていただいているので、どっちかというと、地域行事としての参加の色合いが濃い。こんな時に、地域の人と世間話をしながら歩くということが重要なのだ。でもハナエチゼンに関しては、8月16日頃から刈れそうな勢いで、穂が伸びています。早過ぎないか!

藤平地区の田んぼ周りに参加、、普通じゃないコシヒカリを抜く
田んぼ周り
カッターで切って幼穂を確認、、やはり0.2mm程度
田んぼ周り
女性普及員さんに優しく指導を受けました、、(⌒‐⌒)
田んぼ周り

 昨日、野々市中学のわくワークの最後の締めで、田んぼ周りを予定していたが、あいにくの雨。私は、合羽着用で行ったが、生徒さんは、傘持参で出かけた。しかし、傘を差して生育調査が出来るほど甘くはなくて、結局ずぶ濡れになってやりました。雨がひどくて、カメラも持って行けず携帯だけの撮影になった。肝心な普通じゃないコシヒカリの幼穂は、まだ0.3ミリ、超コシの幼穂は、ゼロ。通常の田植えと違い、遅く植えているので他の地域より、幼穂が短いようです。昨年は、早く散布し過ぎて一部で倒したので、今年は、ピンポイントを狙っています。そこで結局、来週、もう一度、普及員に来てもらって再度、生育調査をすることになった。でも普通のコシヒカリは、すでに3ミリ、ハナエチゼンは、穂が出る寸前!ひとめぼれは、5センチと、穂が出来上がっていました。これを見ると、もうすぐ夏だなぁ~と実感します。来週は、マクロレンズと三脚を忘れずに持っていかなきゃ、、o(^o^)o

わくワークで田んぼ周り、、お~い一番長いのを抜けよ!
田んぼ周り

 野々市中学のわくワークも最終日。毎日、苗箱縛りなので、大変だと思います。午後は、生育調査に連れて行くので、もう少し頑張ってくれればと思います。でもわくワークで雨でも降ろうものなら、苗箱が、夏まで野積み状態になってしまうので、やはり中学生の力もあなどれません。そして毎晩の消防練習も熱を帯びて来ています。でも熱心なあまり、消防メシの時間が度々タイトになります。昨晩は、近所のスーパーで幻?の「金のパスタ・フィットチーネ」を発見。たまには、麺類を作ろうと思っていましたが、練習後、格納庫に駆けつけるも、やはり煮る時間が足りない。煮ている間に、分団員は、練習会場から続々と帰ってくるので焦る焦る。焦ったあげくに、せっかくのパスタがくっついてしまい、しかもソースの分量配分もバラバラ。かと言って、練習前に仕上げておくと味が落ちるし、、そうなると惣菜コーナーが輝いて見えます。

野々市中学わくワーク定番の苗箱縛り、、1万箱あります
わくワーク

 タイムカプセルの実行委員の長男が、他の委員と相談して地元の委員が校長先生にタイムカプセルのことでお願いに行くも、やはり掘り起こす方向の話になった。その委員の娘は、林さんちの餅っ娘の一人だったので、今度は、格納庫で消防メシ作りに没頭中の私に直訴。この件に関しては、妻は、学年委員長、私は、PTA会長として卒業記念行事に大きく関わっていて、思い入れも大きかったので、政治力発動を決意。さっそく朝、校長先生に電話をすると快くすぐに来てとなった。当時のタイムカプセル設置 の様子の画像を印刷して持参。子供達、そして私と妻の熱い思いを語って、上のプレートは、工事の邪魔なのでどこかに保管して、なんとか出来ればカプセルは、そのまま埋めておくことで話しがまとまりました。しかし埋めてある中庭の設計がまだ決まっていないので、もしかしたら掘り出すことになるかもしれないことも言われました。子供達は、18年後に掘り出すことを夢見ているが、やはり18年という年月は、いろいろとあるということである。

2002年2月28日12歳で埋めたタイムカプセル、、30歳に掘り出す予定が
タイムカプセル
卒業生89名の名を刻んだ石を埋め込んだ名盤、、力作です
タイムカプセル

 今日から野々市中学の職場体験「わくワーク」が始まった。3日間であるが、この時期は、草取りばかりで子供達向けの仕事がない。そこにちょうど野々市町の食育事業で町内の保育園を回り食育する事業が、近所の「ふじひら保育園」であった。これ幸いと生徒さん3名を連れて行きお手伝いしてもらいました。お向かいさんにあるのに、入ったのは初めてでした。子供達のやり取りは、いつもどおりでしたが、例の質問の答え「いのち」がなかなかでないのに、ここでもやっぱり「こころ」がすぐに出た。家庭や幼稚園で、「いのち」という言葉を使っていない場合は、なかなか出ないのだが、「こころ」がどの幼稚園でもすぐに出るということは、どこかで「こころ」という言葉が、多用されているということである。東日本大震災の報道等の影響ではないかと妻が言うが、ほんとうだろうか。それにしても、この時期の食育授業は、究極に暑かった。しかも会場が2階だったのもあり、先日のとくの津幡幼稚園の比では、ありませんでした。ヘルメットの隙間から、汗がポタポタ落ちるのが分かりました。でもその熱意は、子供達に伝わったかな、、(o^-')b

ふじひら保育園での食育、会社のお向かいさんなので歩いて行きます
ふじひら保育園
七夕飾りがしてあって保育園らしい雰囲気の中食育開始
ふじひら保育園
暑くて汗がポタポタとヘルメットの間からしたたり落ちます
ふじひら保育園></center>

</div>
		
<div id=やっぱりダウン・激しい雨

 昨晩の第2分団第7回白山野々市消防訓練大会の慰労会で、盛り上がりすぎて今日は、二日酔いでダウン状態。しかし外は、激しい雨なので現場も、加工場の仕事や配達業務と割りとノンビリなので助かった。明日は、野々市中学のワクワークで中学生が3人来るので、今日のようにはいかない。食育授業も、なんと林さんちの地元中の地元の「ふじひら保育園」である。近いのだが初めて行きます。

 朝から一斉美化清掃だが、妻が、お疲れでしょうと代わりに参加してくれた。しかしほどなく、野々市学童野球連盟の審判に出かける。富陽学童クラブが勝つと審判の担当。おにぎり持参で、その試合経過を応援しながら観戦するが、もつれにもつれてもう負けるかと思いきや、粘り勝ちで勝利。もう、ギリギリまで審判服が着れない状況でした。でも勝利できて良かった。しかしその後の審判は、なんと先輩から「こーよー、おまえ球審やれ!俺、倒れそうやし!」と1年ぶりに球審をした。しかし、そう言われるように、ちょうどお昼の一番暑い時間帯。暑くて集中力を保つのに、いつも以上に元気に声を出してやりました。しかしくたびれました。そして夕方から第七回白山野々市消防訓練大会の慰労会。やはり長い1日になりそうだ。

暑い中、熱戦が繰り広げられる「根上大会野々市支部予選」
根上大会野々市支部予選

 現場では、そろそろサマータイムと週休二日モードに変わりつつあります。それまでに、草取り、除草剤散布を終わらそうと、みんな頑張っています。その空いた時間に、わが社の最年少社員のタクマ君に、貨物の中型免許を取得させようとしています。さすがに、自動車学校だと10数万円かかるので、免許センター横の取得センター?に行ってもらうことに。しかし問い合わせたら、予約で一杯とのこと。このご時世、同じような人がたくさんいるようです。でも今の2007年以降は、3トントラックに乗れないって本当かな?消防車は、3トンベースだけど、総重量5トン未満なので、普通免許で乗れるとも言われた。公安委員会に聞くと、3トン車は、普通ではダメと言われたので、とりあえず中型を取得してもらうことにしたが、未だに判然としない。これから若い人が消防団員になるとき障害になりそうな気がします。

 先日、野々市町の市政移行に伴い、タイムカプセルを作ろうという話があって、ふと長男達が富陽小学校卒業で埋めたタイムカプセルの話題になった。すると今、増築中で工事に引っかかるのではないか?という話になった。そこで長男にそんなことになっているとメールしたら、卒業アルバムを探して巻末に、タイムカプセル実行委員が載っているからメールくださいというので、撮影して送信してやりました。本当は、2020年30歳で開けるはずだったが、どうするんでしょう?ちなみに、長男が6年生の時は、私がPTA会長、妻が、学年委員長でタイムカプセルの設計まで携わった覚えがあります。確かステンレスの特別製の容器を作ってもらったと思うけど無事かなぁ~。

 午前中、県庁横の石川県産業創出支援機構ISICOに行って、今年も専門家派遣事業をお願いしてHPドクターと今のHPのSEO対策をやるための面談に行きました。面談というからには、なめたこと言ってたのでは、事業を受けれないと思い気合を入れて行きましたが、事なきを得て無事、事業を受けることになりました。このような「魚を与える」事業ではなく、「釣り竿を与える」事業は、本当に素晴らしいと考えます。私も10年前に、ISICOのお店ばたけに参加していなかったら今ごろどうなっていたか分かりません。感謝してもし切れない多くの支援を頂いています。