わくワークにピッタリ・コシ苗に変更

 今日は、月末業務とカグラモチ田植え最終日と野々市町布水(ふすい)中学の職場体験「わくワーク」が重なった。さらに久しぶりの好天にカグラモチに除草剤散布も散布しようということで、テンコ盛りの1日になった。でも今まで、わくワークに来る中学生は、あまり中学生向きの仕事の無い時に来ることが多くて困っていましたが、今回は、うまく田植えにはまってくれました。やはり田植えの下仕事は、中学生向きの作業が多い。苗運びに田んぼ均しと、私も子供の頃さんざんやりました。通常は、空箱の片づけを延々とやらされて可哀想だが、田植えなら時間の経つのも早くて、充実感があると思います。私は、田植えをスタッフに全て任せて午前中に先週植えた6ヘクタール分に除草剤散布を完了。これでしばらく枕を高くして寝れます。

 しかしカグラモチの苗が、今年、伸び過ぎて軟弱だったせいと雨の中の田植えが多くて、濡れて重かったせいで、苗の消耗が激しくて途中足りなくなって来た。最初、無理やり、細くしたり株間を空けて予定通り植えようとしたが、結局、コシヒカリの苗と肥料が余っているので足りない分は、そっちに変更した。以前、無理やり植えたら結局、生育や収量が良くなかったのだ。でも上手いことコシヒカリの苗と肥料が余っていたもんです。管理が大変なので何度も捨てようとしたが、思い留まったコシヒカリ苗です、、(⌒‐⌒)

カグラモチ田植え最終日、、ラストスパート中
カグラモチ田植え&布水中わくワーク
はじめて中学生のわくワークで田植えが出来た、、やっぱり田植えがピッタリ
カグラモチ田植え&布水中わくワーク
新調した藤平町内会の虫送り用の提灯、、大事に使ってね
カグラモチ田植え&布水中わくワーク

このエントリーをはてなブックマークに追加