アメアシコ・カグラにコシ一発特号

 なんで法事って疲れるんでしょうか?昨日は、帰宅後、ひたすら寝てました。お休みの日の雨音は、水周りに行かなくて良いので、なんと心地よいことか。こんな日、昔の人は、「アメアシコ」と庄屋さんが宣言して、田んぼに出るのを禁止して休めないお百姓を守ったそうです。でもなんだか、ここのところのハードな生活に節々が痛む。原因の一つが、カグラモチの苗の重さ。伸び切った苗は、日が差すと急激に乾くので、母親が思いっきり水を与えているので重いのなんの。しかも雨の中の田植えをしたので結構こたえたのだ。それでも一人で頑張って11ヘクタールの通常施肥地区6ヘクタールをほぼ植えた。

 残りは、大型変形田が多くて、今まで穂肥えを散布してもどうしても届かなかったりしてムラムラになってしまい困っていたが、2年前に、田植え時に側条施肥機で散布するコシ一発特号をカグラモチに流用できることを教えていただきました。試しに使ってみるとその年は、通常施肥地区より収量がありました。昨年は、それほどでもなかったのですが、気温が上手くストライクゾーンに入ると効果が大きい肥料です。でもそれ以上に、側条施肥によりどんなに変形田でも一定量を散布できるので、ムラがありません。今年も上手くストライクゾーンに入ってくれること祈っています。そして今日は、ラスト1.4ヘクタールと1日分だったが、激しい雨で田植えを順延。明日は、お天気が良さそうなので、一気に済ます予定。

社長の超高速カグラモチ苗積み、、疲れから棚に入ってない苗箱多数、、(×_×)
カグラモチ苗積み
カグラモチの大型変形田用のコシ一発特号肥料、、なかなかグッドです
コシ一発特号肥料
田植え機の足跡、、ターンでは、こうやって盛大に穴が空きます
田植え機の足跡
田植えの足跡をレーキと呼ぶ、大きな熊手の道具で均します
レーキ均し後
もう梅雨空?に栄える一輪のバラ、、ずいぶん上達したタクマ君撮影
バラ

このエントリーをはてなブックマークに追加