2011年5月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 今日は、月末業務とカグラモチ田植え最終日と野々市町布水(ふすい)中学の職場体験「わくワーク」が重なった。さらに久しぶりの好天にカグラモチに除草剤散布も散布しようということで、テンコ盛りの1日になった。でも今まで、わくワークに来る中学生は、あまり中学生向きの仕事の無い時に来ることが多くて困っていましたが、今回は、うまく田植えにはまってくれました。やはり田植えの下仕事は、中学生向きの作業が多い。苗運びに田んぼ均しと、私も子供の頃さんざんやりました。通常は、空箱の片づけを延々とやらされて可哀想だが、田植えなら時間の経つのも早くて、充実感があると思います。私は、田植えをスタッフに全て任せて午前中に先週植えた6ヘクタール分に除草剤散布を完了。これでしばらく枕を高くして寝れます。

 しかしカグラモチの苗が、今年、伸び過ぎて軟弱だったせいと雨の中の田植えが多くて、濡れて重かったせいで、苗の消耗が激しくて途中足りなくなって来た。最初、無理やり、細くしたり株間を空けて予定通り植えようとしたが、結局、コシヒカリの苗と肥料が余っているので足りない分は、そっちに変更した。以前、無理やり植えたら結局、生育や収量が良くなかったのだ。でも上手いことコシヒカリの苗と肥料が余っていたもんです。管理が大変なので何度も捨てようとしたが、思い留まったコシヒカリ苗です、、(⌒‐⌒)

カグラモチ田植え最終日、、ラストスパート中
カグラモチ田植え&布水中わくワーク
はじめて中学生のわくワークで田植えが出来た、、やっぱり田植えがピッタリ
カグラモチ田植え&布水中わくワーク
新調した藤平町内会の虫送り用の提灯、、大事に使ってね
カグラモチ田植え&布水中わくワーク

 なんで法事って疲れるんでしょうか?昨日は、帰宅後、ひたすら寝てました。お休みの日の雨音は、水周りに行かなくて良いので、なんと心地よいことか。こんな日、昔の人は、「アメアシコ」と庄屋さんが宣言して、田んぼに出るのを禁止して休めないお百姓を守ったそうです。でもなんだか、ここのところのハードな生活に節々が痛む。原因の一つが、カグラモチの苗の重さ。伸び切った苗は、日が差すと急激に乾くので、母親が思いっきり水を与えているので重いのなんの。しかも雨の中の田植えをしたので結構こたえたのだ。それでも一人で頑張って11ヘクタールの通常施肥地区6ヘクタールをほぼ植えた。

 残りは、大型変形田が多くて、今まで穂肥えを散布してもどうしても届かなかったりしてムラムラになってしまい困っていたが、2年前に、田植え時に側条施肥機で散布するコシ一発特号をカグラモチに流用できることを教えていただきました。試しに使ってみるとその年は、通常施肥地区より収量がありました。昨年は、それほどでもなかったのですが、気温が上手くストライクゾーンに入ると効果が大きい肥料です。でもそれ以上に、側条施肥によりどんなに変形田でも一定量を散布できるので、ムラがありません。今年も上手くストライクゾーンに入ってくれること祈っています。そして今日は、ラスト1.4ヘクタールと1日分だったが、激しい雨で田植えを順延。明日は、お天気が良さそうなので、一気に済ます予定。

社長の超高速カグラモチ苗積み、、疲れから棚に入ってない苗箱多数、、(×_×)
カグラモチ苗積み
カグラモチの大型変形田用のコシ一発特号肥料、、なかなかグッドです
コシ一発特号肥料
田植え機の足跡、、ターンでは、こうやって盛大に穴が空きます
田植え機の足跡
田植えの足跡をレーキと呼ぶ、大きな熊手の道具で均します
レーキ均し後
もう梅雨空?に栄える一輪のバラ、、ずいぶん上達したタクマ君撮影
バラ

 台風の影響で梅雨真っ盛りのような天気の中、親戚の四十九日法要に出席。午後、帰宅後、ひたすら静養に努めます。幸いに雨で水周りもしなくて良いので、久しぶりに明日朝ものんびり出来ます。

四十九日の法要
四十九日の法要

 今日は、残り2日分のカグラモチを植えるべくバイト君を呼んで、ラストスパート田植えです。そして代掻きを終えた中村君と田植え機オペレーターを交代。私は、これで田植え機乗車は、今期ないはずです、、(⌒‐⌒) でも結局、なんやかんやとカグラモチは、半分以上、私一台で植えました。子供達の田植えも、実は、今日は予備日の最終日。もしもお天気が悪くてずれ込んだら今日も、子供達とワイワイやっていたはずでした。子供達の田んぼの枠回しに使用する「枠」が、現在、林さんちには、2個追加されて5個所蔵しています。富陽小学校の急激な児童数増加に備え、今年近所の方から頂きました。その二つももらいに行くとビックリ、レアモノの「七角枠」が1個あったのです。以前から林さんちには、野々市農協組合長宅から譲っていただいた七角枠が一個ありますが、まだ地域に存在していたとは、驚きです。それほど七角枠は、高級品なんです。先生や保護者には、セルシオクラスの枠ですと自慢しています。七角形の造形美は、いつ見ても惚れ惚れします。でも一体どうやって作ったのかな?

枠の世界では、セルシオクラスの七角枠、、機能美です
枠
林家所蔵の六角枠、、永年愛用のカローラクラス
枠

 田植えと毎晩の消防団の訓練で、フラフラになって来た。今日は、代掻きに田植えが追いついたので、一日田植えを中止して加工場の仕事に、専念した。おかげで私は、午前中、お世話になっている小学校の先生のご尊父の告別式に参列できた。午後は、もう疲れて動けず、夕方になりようやく始動。昨年もそうだったが、田植えと消防が重なると、さすがにこたえる。昨晩は、雨でグラウンド練習が中止かと思いきや、選手のたっての願いでグラウンドで練習をした。私は、格納庫の上で激しい雨音を聞きながら消防メシを作っていたが、下に降りてみて誰もいないのでビックリした。グラウンドに行くと、激しい雨の中、一生懸命練習をしていました。実際の大会でも雨の中で行われる確率が高くて、選手、特に初めての選手は、いろいろと貴重な経験を積んだようだ。しかし、この雨で外練習とは、やはりみんな消防バカです、、(⌒‐⌒) 

 消防メシは、野々市町消防団第2分団の伝統で、副分団長が作ることになっている。強さの秘訣は、「同じ釜のメシ」を食うことと私も固く信じている。今年は、2年目、昨年は、全国大会を含め4ヶ月間あまりやったので、手馴れたものです。でも毎日のメニューを考える大変さは、変わりません。でも今年は、子供達が家に一人もいないので、妻がとかく「介入」してくることが多い。ある意味、手伝ってくれるので助かるのだが、イチイチ、買い物にも味付けにも口を出して来ます。昨晩のサラダも、トッピングのスイートコーンを見て、シャケフレークが良いとダメ出し。でもこのわずか1㎡もない台所では、逃げようがないので、ハイハイとひたすら耐えています、、( ̄○ ̄;)

もう一つの闘い、消防メシの台所
消防メシ

 午前中、代掻きチームが1台になったので田植えを専務と交代。事務作業や諸々をする。午後は、田植え機2台、代掻き1台のフルマックスでの作業に戻ったので、田植え機に再度乗車。カグラモチ田植えもようやく折り返し地点を過ぎた。ここから先は、人員と作業を見ながら私も田植え機に乗る変則シフトになる。上手く行けば今週中に終わるかな。今日は、三角点の近くの田んぼを植えた。さりげなく農道にポツンとあるが重要な「点」であることを、今の若い人は知らないみたい。世の中、全てJPSで決まるもんではないんですよ。先人達の知恵に敬意を表すことは、非常に大切なことだと、ここに来るといつも感じます。

田んぼの真ん中の三角点、、今の若い人は知らないみたい
三角点

 子供達の田植えも全て終わり、ようやく週末まで1日中、予定のない状態に突入した。カグラモチの代かきもいよいよ終盤に差し掛かって来た。ようやくエンジン全開という状態だが、月曜日から始まっている消防団の食事作りですでにお疲れちゃんです。スタッフの一人もよその分団の選手なので毎晩の練習でグッタリです。私の操法訓練は、もう指導者的な立場なので体力的には、慣れている分もあり消耗しないが、食事の準備は、昨年の経験上も最初の1週間は、調子が出ないので非常に疲れるのである。その準備も、田植え機に終日乗っていると、買出しにも行けず、薄氷の思いで行なっています。カグラモチの田植えが終われば、時間的な余裕も少しできると思うので、それまでの辛抱です、、o(^o^)o

消防訓練疲れでぐったりしている社長とスタッフの2名
カグラモチ田植え
それでも好天に恵まれて高速でカグラモチを植えていきます
カグラモチ田植え

 朝からカグラモチの田植え、そして第2クォーターに藤陰幼稚園の田植えで、一時田植え休止。午後から、田植えを再開します。藤陰幼稚園で、子供達の田植えは、無事、全部終了です。子供達も、田植えの3本植えの呪文どおり植えてくれました。問題は、植えた後、元気な藤陰っ子は、走って戻るので、、、( ̄○ ̄;) まあそれに負けない元気な稲になってくれると信じています。しかし昨晩から消防操法の練習が始まったが、田植えもフルマックスなので夕食の支度の時間が無い。買い物にも行けない状態が続いている。どないしょ~~!チキンラーメンでも並べておくか、、(* ̄▽ ̄*)

好天に恵まれて絶好の田植え日和です、、さあサンダル脱いで!
藤陰田植え
藤陰幼稚園伝統?のダイナミックな田植え開始、、みんな走ってます
藤陰田植え

 昨日の消防の家族バーベキューは、盛り上がり過ぎて?午前中、頭が痛い中、とくの幼稚園の田植え。雨が、。ポツポツ降り始めていたので焦りましたが、無事終了しました。午後は、雨の中、カグラモチの田植えをしました。実は、先日の土曜日、白銀幼稚園の田植えの後、またまたウッカリしてフォルツアのバッテリーを上げてしまいました。1週間で2度もやっちゃうというのは、相当疲れているようです。でも明日が、子供達の田植えの最後、藤陰幼稚園です。集中して頑張ります。

二度目の痛恨のバッテリー上がり、、押しがけは出来ません
フォルツアバッテリー上がり
園児110名余り、、保護者を入れると200人を超えます!
とくの幼稚園田植え"
とくの津幡園長の恒例の苗投げ、、見事なコントロールです
とくの幼稚園田植え

午前中、雨で操法講習会が中止。午後の消防団の家族バーベキューの準備をする。雨は、止んだが風が冷たい。盛り上がるかなぁ~。

消防団の家族バーベキューは、七輪を使用します、、すごく美味しく焼けます
消防家族バーベキュー

 朝、専務がお餅の袋詰めがあるため、1時間ほど代わりに代掻をする。その後、速攻で今晩の消防訓練が雨の予報なので屋内練習場を予約しに近所のスポーツランドへ急行、その足で精米所にお米を取りに、これまた急行。そしてその頃には、白銀幼稚園の子供達と保護者が田んぼに集合していました。ヤバッ!と思って帰社後、お米を降ろし着替えて田んぼにフォルツアでスクランブル。なんとかギリギリセーフで間に合いました。

 白銀幼稚園は、今年で4年目の新しい米作り体験授業です。高層マンションに囲まれた街中の幼稚園なので、田んぼ自体が珍しい子供達や保護者達です。だからこそ貴重な体験学習が出来ると感じています。そして4年目となれば、最初の頃と比べてずいぶんたくましくなったなと思います。途中、田んぼの神様の「巨大ミミズ」の登場で、騒然とする場面がありましたが、一事が万事で街中では、体験できないことばかりのようです。


 無事、白銀幼稚園の田植えを終えると、午後からカグラモチの田植えを開始します。予定では、来週からだったのですが、苗の生育が思ったより順調だったので少し早めました。紙マルチ田植えで、もう社長の出番はないかと思っていましたが、有難いことに再出動命令が出ました。しかし日曜日に向けてお天気が悪そう~( ̄○ ̄;) 

最初は、おっかなビックリの子供達と保護者達
白銀幼稚園田植え
今年の田んぼは、畑跡で、ドロドロ、、ちゃんと植えれたかな?
白銀幼稚園田植え
白銀幼稚園の田んぼの神様「巨大ミミズ」
白銀幼稚園田植え
田植え終了後、泥んこ自慢の子供達
白銀幼稚園田植え
泥のソックスを履いたような子供達の足
白銀幼稚園田植え

 午前中、ようやく今まで田植えした分の田んぼ全てに、除草剤を散布できました。今年は、風が強くて遅れ遅れの散布作業だったし、風でホースが揺れてムラムラの危険性もある。影響は、これから出てくるはずだが、効果が十分であることを祈るだけです。そしてスタッフもカグラモチの代掻きと昨日搗いたお餅の袋詰めと大忙し。田植え期間中の餅つきは、かなり厳しいが、有難いことに在庫が危なくなったのでやむを得ず作った。私は、今日が、この1週間で唯一、夜会合や消防のない日です。明日は、白銀幼稚園の田植えと自社のカグラモチの田植えを開始します。そして夜は、消防訓練、日曜日は、午前中、野々市町消防団の操法講習会、午後は、家族バーベキュー、そして月曜日から毎晩の操法訓練開始です。それと同時に、夜食の準備もまた始まります。6月中の日曜日も、全て予定で埋まっているので、そんな意味からすると、今晩だけが6月末まで休める夜となりそうです。


 画像は、紙マルチの田んぼで発見した大きなヘビです。田んぼの主かもしれませんが、私だとこんなヘビに遭遇したら半径5m以内には、近づきません、、(×_×)

紙マルチの田んぼに住む主?
ヘビ

 朝、1時間だけ除草剤を散布して午前中、富陽小学校の田植え。ここのところの宅地化で、一気に児童数が増えて5年生も3クラスから4クラスに増えました。基本、クラス単位で、米作りを行うので、田んぼの区切りも4等分に直し、枠回し用の枠も近所から2本追加で譲っていただき増やしました。でも5年生130人は、多すぎでした。まず田んぼに並びきらない。そして田植えを始めると大混雑で、せっかく植えた苗が子供の行き来で踏まれてしまいヘロヘロ状態。でも熱心な先生の指導のもと、しっかり話しも聞いてもらえたので、きっとたくましく育ってくれると信じています、、でも大丈夫かなぁ~~。

 午後は、餅つきを行うために、代掻きトラクターに乗りました。カグラモチの代掻きだが、大豆跡なので、水が砂漠のように田んぼに吸われてしまい時間がかかること、このうえない。どうしても畑作をするとこうなってしまう。やはり水田は、水田にしておかないといろいろと大変です。

今年は、4クラス、、枠4つ、苗箱12箱、洗車ブラシ4つ準備万端
富陽小田植え
保護者による枠回し、、曲がってますよ~~!
富陽小田植え
苗は、三本植え、、1本目は、鳥さん用、2本目は、虫さん用、3本目がみんなの分
富陽小田植え
しかし130人を超すと大変です、、植えた苗が踏まれてヘロヘロです
富陽小田植え

 昨日、もう朝から夕方までバタバタだったが、トドメが、愛機フォルツアのバッテリー上がり、、(×_×) 紙マルチ田植えは、スタッフ全員で行うので、乗っていく軽トラがないのでいつも私は、バイク通勤です。ところが、疲れからかボケてしまいキーをオンのまま田植えをしてしまいました。ところがこのメンテナンスフリーバッテリー通称MFバッテリーは、すぐには充電できないのです。結局、専務が、自分のDAXのバッテリーを繋いで始動。MFバッテリーは、持ち帰って専用充電器で一晩でした。私は、その時は、すでに風土金澤の会議に向かっていましたが、1時間以上ロスしたそうです。そして紙マルチ田植え2日目。もうヘロヘロ状態ですが、残すところ約半日分です。今日は、落ち着いて納得のいく仕上がりになったと思います。これで、あとは、子供達の田植えとカグラモチを残すのみです、、o(^o^)o
 

快晴の2日目の紙マルチ田植え、、順調です
紙マルチ田植え
紙マルチ田植えのあと、スキマ紙マルチを敷いて行きます
紙マルチ田植え
スキマ紙マルチに水をかけて田んぼにくっつけます、、これで完璧
紙マルチ田植え
水周りスペシャル愛機フォルツアで登場だが、この後事件が、、
紙マルチ田植え

 今日は、紙マルチ田植えと気合を入れていたら、朝から、田んぼに車が落ちて、その事故処理等で、バタバタ。でも落ちた運転手の方には、ケガがなく良かったです。田植えのことは、明日詳しく!もう日記を書く時間すらない!

林さんちの田んぼに畦に追突して止まった車、、ケガなくて良かった
交通事故
社長は、以前苗積みでギックリ腰になってから苗積み禁止
紙マルチ
紙を敷きながら植えます、、今年の苗は素晴らしい!
紙マルチ
紙マルチ田植え機のコックピット、、すべてが大雑把です
紙マルチ
撮影は、タクマ君です
紙マルチ

 朝から強風が吹き荒れている。この風は、先週の月曜日から止んでいない気がする。でも除草剤散布の時期がとっくに過ぎている田んぼもあり、何が何でも散布しなくてはならない。そこで散布を強行するが、風で引っ張られてホースは暴れ、真っ直ぐ引っ張るために、お互いあっちとこっちで、綱引きをしながらの作業になった。もう畦の上から何度も落ちそうになるわ、ホースがはらんで道路上に飛び出すわと、普段の3倍は疲れた。そしてついに、突風が吹いたと思った瞬間、ホースがプッチンプリン!と切れた。哀れ「いったんもめん」のようにヒラヒラと飛んでいきました。1本5000円もするシロモノなので、テープで補修しながら頑張って使ってきたがついにお釈迦になった。まあ元は、取れたでしょう、、(o^-')b

 そして今日は、ミルキークィンのの田植え。これが、約半日で、午後は、紙マルチ田植えを行う予定でいたが、あまりの強風にさすがに断念。ここであわてて、しっかり植えれないと元も子もないので延期となった。しかしこの風、なんとかならないかなぁ~。風で予定が翻弄されています。

ずいぶん愛用したがついに切れた除草剤散布用ホース
ホース切れ

 昨日の午後、福井市まで、日本創新党主・山田ひろし氏の講演を聴きに出かける。コシヒカリ田植え終盤の薄氷のスケジュールでの参加だったが、久しぶりに山田氏にお会い出来て良かった。講演終了後、高速で消防練習に、すぐ戻りギリギリ練習会場に滑り込んだ。おかげで昨日一日中目一杯動いてフラフラだが、今日は、祖母の一周忌。つつがなく終えるよう頑張ります。

夕日の中、たたずむ田植え機2台、、兄弟舟~~♪
田植え

 今日は、スタッフにオペレーターを任せて田植えチームから外れた。そして子供達の田んぼに、肥料散布と代掻きを行いました。ライスセンターで肥料を積んでいると、最近、よく現れる隣の猫と遭遇。さっそく呼んであげると、スリスリして行きました、、カワイイ~~!今までは、我が家のちょみのすけが、近所のアイドルとしておばちゃん達のハートをワシ掴みしていたのだが、今では、外出禁止なのでその座を奪われている。しかし肝心な時に、私の携帯のシャッターが遅い。猫が近づき過ぎてパシャ!遠くに行き過ぎてパシャ!これじゃUFOに遭遇した時にシャッターチャンスを逃すじゃないか、、(×_×)

世代交代か?アイドルの座を奪った隣の猫
隣の猫
シャッターが切れずにモタモタしているうちに去っていく隣の猫
***
富陽小学校の田んぼの肥料散布と代掻き完了
富陽小学校の田んぼの

 午前中、田植え、、と思ったが、昨晩からの豪雨で水が多いのと農道が緩くて壊すので、一旦待機。天気は、良くなって来たが風が凄くて、何もかも吹っ飛んでいます。ところが、この強風の中、藤陰幼稚園が代掻きを強行、前回の苗見学も豪雨で強行。昨年以上に、お天気に恵まれない藤陰幼稚園ですが、それをモノともしないのは、さすがです。しかし田植えは、穏やかなお天気を期待しています。そして午前中、昼前に専務チームが田植えに出動。午後は、私も参戦します。でも風止まないかなぁ~。

強風の中、寒い寒いといいながらも、全員田んぼに突入
藤陰幼稚園代掻き
よ~いドンでかけっこ、、この後、大縄跳びとかくれんぼをするそうな、、(* ̄▽ ̄*)
藤陰幼稚園代掻き

 昨日の豪雨と打って変わり、午前中晴れ。昨日の雨天田植えでヘロヘロの体にムチ打って、ここぞとばかりに遅れていた除草剤散布を行う。代掻きチームも、普通じゃないコシヒカリに続き、超普通じゃないコシヒカリのエリアに突入。すると超コシは、畦の草に除草剤を散布できないので草刈りチームが出動。つまり、除草剤散布チーム、代掻き2チーム、草刈りチームと4チームが、一度に動きました。林さんちのフル稼働モードです。


 そんな中、とくの幼稚園さんが、代掻きに来ました。しかし昨日の豪雨で用水がストップ、水が無くなっていて、代掻きのピンチでした。しかし少ない水でありながら、さすが、とくの幼稚園、気合で泥を掻き混ぜてくれました。


 そして午後の作業を開始したら雨が、降ってきて慌てて除草剤散布に向かいました。でもどんどん雨足が強くなってしまい、ずぶ濡れでなんとか予定エリアまで到達しましたが、散布は早々と中止。でもこれ幸いと、夜に予定していた野々市小学校50周年記念事業の打ち合わせを、急遽、担当実行委員の方にアポして行いました。おかげで夜は、家でゆっくり出来ます。でも打ち合わせを終えたら雨が上がっていました。天気予報では、また降るようですが、もうここまで来ればこっちのモノです。今週中で、普通と普通じゃないコシヒカリの田植えを済まし、来週早々に紙マルチ田植えで超コシを植える予定が見えて来ました、、(o^-')b

とくのっ子のドロドロだらけの可愛いお尻、、今年は泳ぐ子がいないだけマシか?
とくの幼稚園
とくのっ子のドロドロの可愛いお手手、、公認の泥遊びは、なかなか出来ないね
とくの幼稚園
市街地での除草剤散布、、ホースをあっちにやったりこっちにやったり
除草剤散布
超コシの田んぼの草刈りチーム出動!
超コシ草刈り
見事に丸坊主です、、代掻きチームがすぐに突入
超コシ草刈り
専務の水周りスペシャルDAXと、KL3950トラクター
DAX
2011年05月11日

 午前中、田植えをお休みしてひたすら机の書類やら事務仕事をする。それでもあっという間に時間は、過ぎた。代掻きチームは、朝から雨の中出動していたが、午後は、私の田植えチームも出動。しかし、段々雨が強くなってきて、時々、上から振っているのか、下から降っているのか分からなくなるくらいでした。そのうち大雨警報と洪水注意報が発令。まあ雷さえ鳴らなければ、体が濡れるだけで田植えには、支障がないので最後まで頑張った。こんな時の数枚のアドバンテージが後で、明暗を分けるのを良く知っているからだ。それにしても、帰ってみると作業着がビショビショ、雨合羽が、まったく機能していないなぁ~。でもさすがに明日は、代掻きに追いついたので田植えを1日止める予定です。

まずは、市街地の中を田んぼを最初に田植え、、高級住宅街です
大雨警報田植え
もう呆れるしかないような激しい雨の中の田植え、、雨粒まで写らないなぁ~
大雨警報田植え

 今日は、朝から土砂降り、方言で「ガチャブリ」と言うが、何が何でも田植えをしようと気合いを入れていたので、合羽着用で出動。毎年、何回かこんな日があるが、やはり雨の日の田植えは、キツイ、それでも幸い気温がそう低くなくて良かった。頑張って植えていたが、午後になって油圧系統のパイプが外れてオイルが漏れていることに気づく。急激に油圧低下ということもないが、さすがに、みんなずぶ濡れで疲れて来たので、ここが頃合いと思い、夕方、早めに引き上げて洗車して修理することにした。明日は、半日、田植えを休みにすることにした。今日も、農道が軟弱で、もう少しで用水に落ちるところだったが、ここから先は、細い土の農道ばかりなので、雨の中強行するわけに行かないのである。強行して農道を傷めてクレームを何度も受けているのである。でも明日以降もお天気は、雨模様。田植えできるのだろうか?

 そんなガチャブリの中、藤陰幼稚園が、昨日のとくの幼稚園に続いて、苗見学に来た。さすが藤陰幼稚園、こんな雨でもまったく問題なし。可愛い合羽着用で元気に登場。しかし育苗ハウスで、お話しをするのだが、雨の音でかき消されて私の声が通らない。いろんな大事なお話しをしたのだが、みんな分かったかなぁ~~?

雨で煙る中全開で田植え中、、時々凄く降って参りました
雨天田植え
完全防備のはずだが、少しづつどこからともなく濡れて行きます
雨天田植え
藤陰幼稚園の苗見学、それにしても可愛い合羽のオンパレードです、、(⌒‐⌒)
藤陰幼稚園苗見学

 午前中、ようやく除草剤散布を始める。しかし昨日の日曜日も全開で動いたので、フラフラ状態でなんとかハナエチゼン全部とひとめぼれの少しを済ました。1日1日と草も伸びて来ていて、なんとか急ぎたいのだが、せっかくバイト君も揃ったので田植えもしたくて、結局、午後は田植えをした。しかし、天気予報は、明日からずっと雨模様。ますます遅れそうな予感。この1回の除草剤散布を決めないと、あとあと響いてくるのだ。マズイなぁ~~しばらく枕を高くして眠れない状態が続きます。


 昨日、母の日のために注文してあったバラが、いつものG&B川端園芸さんより届いた。毎年、花の苗を贈っていたが、植えるのが面倒だと言い始めて何を思ったか、バラが欲しいとの要望。奮発して5千~1万円のバラをお願いしたら、請求が9万4500円で来た!えええ~~~電話でお願いしたから間違って伝わったかも~~( ̄○ ̄;) でも来てしまった以上、10万でも100万でも買わないとG&B川端園芸さんも困るしと思いつつ、恐る恐る問い合せのメールをするが返信がない。ドキドキしながらの到着でしたが、一桁間違いでした。メールは、アドレス違いでした、、(⌒‐⌒) まあこれでしばらくは、母親のご機嫌も大丈夫だろう、、ほんのしばらくであるが。

母の日のプレゼント、、綺麗な鉢植えで届きました
母の日
バラの中でも優しい色使いの花です
母の日
ピエール ドゥ ロンサール、、どんな意味だろう、渦巻き状になるのかな
母の日

朝、水回りのあと、少し休んで、消防のポンプ点検の準備。そして午後は、ポンプ点検と操法訓練と小隊訓練を慌ただしく行う。充実した訓練ができたと思う。そのあとの上がりは、次回の家族バーベキューの練習を兼ねて焼き肉。一日中消防漬けでした。

有事に備えての点検と訓練、、成果がありました
ポンプ点検

 快晴の早朝、いつものように愛機「フォルツア」を駆って気分よく水周りに出かけた。しかし野々市中学のそばの田んぼに行くと、路上にゴミが散乱している。近づくとマクドナルドのゴミでした。私は、マクドナルドを失礼にも非国民の店と呼んでいる。あまり汚い言葉は、慎みたいが、田んぼに捨てられているゴミの中に、マクドナルドが多すぎるのだ。食べている人口が多ければ、田んぼに平気でゴミを捨てる人数も比例するのかもしれないが、他の外食に比べて圧倒的に多いのも事実です。子供たちに、オマケを配ることにエネルギーを注ぐ前に、お客様へ道徳教育をしたらどうかと思う。瑞穂の国の国民は、絶対に田んぼにゴミは捨てない。だから田んぼにゴミを捨てて行く人が行く店を非国民の店と呼ばせていただいています。


 そんなこんなで朝からテンションが上がってしまって、その後のカグラモチの苗出しでミスを連発。どうも覆土が違うと思しき苗箱を、分けてハウスに並べる予定だったのだが、配分を間違えてしまい、慌てて並べたパレットの脇を通って修正しようとしたら見事に、はまってしまった。今日は、朝から暑くてハウス内は、蒸し風呂のよう、しかも通常より社員2名バイト1名減の厳しい人数だったのでなおさら、このようなミスは、こたえます。それでもなんとか並べて田植えに出動。これまた暑い中、熱い田植えを全開で行いました。ようやくこれで明日は、日曜日、つかの間のお休みをいただきます。

田んぼの横の路上に捨てられた「いつものマックのゴミ」、、(-_-#)
マクドナルドのゴミ
ズラリを並べて、さあ完了と思いきや、、配分を間違えた
カグラモチ
脇を通って修正しようとしたらフォークリフトがスタック、、でも誰が撮ったの?
カグラモチ

 さすがに1週間ぶっ続けで田植え機に乗っていると、ダメージが強くなって来た。それでも今日は、ようやく全て林さんちのコシヒカリなので、これまでのうっぷんを晴らすように、全開で植えて植えまくった。それでも2ヘクタールちょっとというところか。明日は、カグラモチの苗をハウスに搬入する日なので、半日、肩休めできる。カグラモチは、今年植え終わった苗箱を使用するので、お客様の田植えが進まないと苗箱が不足する。しかしゴールデンウィーク前半、なかなか苗を使ってくれず、当初の種まき予定日を1日ずらしたのだ。しかもなんとか種まき出来ても、今度は、苗を入れるハウスも、苗が減らないと入れることが出来ない。まあ自転車操業なのだが、ちょっとヤバイかなぁ~と思っていたら、この2日間で急激に苗が減った。おかげで、明日は、余裕でカグラモチの苗を搬入できます、、(o^-')b

 今日は、子供の日、現場スタッフは休日です。しかし社長は、恒例の有志を募っての田植えです。毎年、通常の人員だと、多くのスタッフを遊ばすような状況になるような、難しい作業の場合、行っている休日の田植えです。今日は、無農薬で米作りをしているお客様のところに、田植えに行きました。無農薬栽培だと各種の除草機を田んぼの中を走らすので、苗と苗の間隔を一定にしなくてはならない。田植え機には、両側に「マーカー」と呼ばれる棒が付いていて、それを田植えしながら下ろすと田んぼに、隣の列のセンターに線を引いていってくれます。その線に田植え機の先端のポールを合わせていくと、自動的に次の列も苗の間隔も揃うし真っ直ぐに植えることができます。しかし例年、ここでは、無農薬のために水を多く張ったままです。すると線を引いても水面下で見えない。植えた苗も水の上にわずかしか出ていないので見えない。さらに耕運機で耕しているので底が凸凹で、田植え機は、左右上下に揺れます。しかし困難であるほど燃えるのが、林さんち。スタッフのアイデアで泥を均す「レイキ」をわずかに見える線に合わせて立ててくれました。これに狙いを定めて、あとは、自分と田植え機の性能を信じてひたすら真っ直ぐ植えました。ゆっくりゆっくり集中して頑張って上手く植えることが出来たと思います。そして午後は、ついに林さんちのコシヒカリの田植えを開始しました。しかし燃え尽きてしまい早めに切り上げました。さあ少し休んで明日から、最高速田植えです、、(o^-')b

レイキの棒を田植え機のポールに合わせて植えて行きます、、真っ直ぐ!真っ直ぐ!
田植え
湖の上で田植えをしているような気分です、、しかも波で酔うんです
田植え

 午前中、5回目のカグラモチ種まきに、幸いにもバイト君が何人もヘルプで参戦してくれたので助かりました。そして余裕で開始した種まきでしたが、イレギュラーなことが続出。カグラモチの苗の覆土は、高温で伸びすぎないように、無肥料タイプを使用している。しかし用意されていたフレコンには、表示がない。それでも担当の中村君は、無肥料のフレコンが置いたあった倉庫から間違いなく持ってきたとのことで、使用したら様子が変。覆土用は、粒状と呼ばれる粒々が大きいタイプだが、粒々が小さいし不揃いなのだ。なんだか肥料入りの床土に似ているのだ。しかしどっちにしろ、覆土はこれしかないので、もしものことを考えて載せるパレットを分けた。そしてそのうち種籾が不足していることに気づいた。あれ?と思いパソコンに向かって調べたら、当初カグラモチだった田んぼをコシヒカリに変更し忘れていて、予定数が多すぎたのだ。結局、足りない計算が正解だったので事なきを得た。でもそんなかんやで、余裕と思われた種まきが午前中一杯かかってしまった。午後、田植えを再開したが、午前中のビハインドが響いてかなり遅くまでの作業になってしまった。明日は、私と有志のバイト君2名で、田植えを行い、社員は、基本的にお休みです。毎日、2台の田植え機、1台の代掻きの段取りばかり考えているので、1台だけの作業は、気楽なモンです、、(⌒‐⌒)

怪しい覆土出現、、肥料有り?それとも肥料無し?
種まき

 今日は、頑張りました。ゆめみづほのお客様、コシヒカリのお客様2軒、そして自社のひとめぼれと、全て、品種、肥料、農薬もパターンが違うので、その度に、田植え機に余った苗を下ろしてハウスに戻し、肥料を抜いて、農薬も抜くと作業をした。この切り替え作業が一番時間がかかるのです。今回、スタッフも同じメンバーなのですぐに覚えてくれてスムーズに行えています。しかも決して簡単な田植えでないところばかり、時間的にギリギリでした。それでも昼食や休憩時間に、うまくキリ良く戻って、苗や肥料を切り替えて積んで行けたので、なんとか予定の田植えを終えることが出来た。明日は、カグラモチの田植えなので、午前中は、田植えなし、軽トラックの苗も全てハウスに戻して空の状態で、身も心もスッキリです。

 田植えの最中、なにやらバイト君が撮影していたと思ったら、カエルの卵でした。今では、市街地の田んぼの方が、生物多様性です。そして今度は、育苗ハウスで、トノサマガエルを発見。今では、絶滅危惧種のカエルですが、久しぶりに育苗ハウスで見ました。林さんちの苗は、化学合成農薬を使用していないので、居心地が良かったのでしょう。でも色白だったので、もしかして今頃冬眠から還った?育苗ハウスもそろそろ片付けるので、横の林さんちの田んぼに入れてあげました。

絶滅危惧種のトノサマガエルを育苗ハウスで発見、、色白やねぇ~なんで?
トノサマガエル
超市街地で発見したカエルの卵、、もうすぐオタマジャクシです
カエルの卵
今日の田植えは、壁、壁そしてまた壁の連続でした、、ギリギリ田植えです
田植え

 田植え機の修理で、朝から私も乗車して代掻きを2台で行う。ふと山の方をみると、霞がかかっている。そう、黄砂が降っているのだ。お天気が良いのに白山なんてまったく見えません。そしてJAの農機修理のおかげで、想定より早く午前中に田植え機修理完了。さっそく田植え再開です。後輪のクラッチ交換で、駆動力が戻りました。坂もスイスイ登ります。JAさんありがとう!しかし作業請負のお客様は、点在している上に、肥料や農薬散布が全部違う。ふと次の段取りを考え事していたら、田植えの方法を間違えて、周回部を全部バックで戻る失態。しかもそんな時に限って地主さんが見てました、、( ̄○ ̄;) 明日もさらに激しい田植えが続きます。ミスをしないようにします。

真っ白に霞がかかっています。夕方というか午後には、早くも太陽が黄色い
黄砂
これが磨り減って交換した後輪のクラッチ、、意外に小さい
クラッチ
あ~~間違えた思い、バック中をバイト君にパチリ、、(* ̄▽ ̄*)
田植え

 今日から社長チームが、作業請負のお客様へ田植えに行き、専務チームが、ハナエチゼンとひとめぼれの自社の田植えに行く予定でした。しかし朝から、予定していたバイトさんが体調不良でドタキャン。結局、人手不足で、専務チームを組めず、代掻きを2台動かすことになった。なかなか頼んである人達も来れないので、厳しい状態が続いている。しかし田植えに行った私のチームも終日、凄い強風に悩まされた。何もかもが吹っ飛んでいくし、桜吹雪が機関銃のように顔に当たって痛いのなんの。しかも田植えでも難関の田んぼで、すごく深くて柔らかい上に、田んぼに入るスロープが富山湾のようになっていて、自力では上がれない。そこでアルミブリッジをかけるのだが、完全にめり込んでしまい、引き上げるのに四苦八苦。しかもそのアルミブリッジを洗う用水が全て暗渠で洗えないので、ドロドロのまま作業をすることになります。そんな時、私の田植え機が、嫌な動きをし始めました。本来4WDなのに、前輪駆動つまりFFになるのです。この症状は、専務がそろそろ後輪の駆動クラッチが滑るかもしれないと言っていた症状そのもの。FFだと深い田んぼでは、前に進まず、田んぼから上がるにも登らず。結局、今日一日だましだまし使って、明日の午前中に修理となりました。壊れそうなら先に直しておいてよ、、と思うが難しい判断やろな。そんなドタバタの中、専務チームが、なんとか無理やりハナエチゼンだけ田植えに成功。明日からは、ひとめぼれ田植えの開始になった。私は、午前中、代掻きチームに戻る予定。はぁ~それにしても、、そろそろバイト揃わないかな、、( ̄○ ̄;)


桜吹雪が、こんなに痛いとは思いませんでした、、苗も風で辛そう
田植え

一見緩やかなスロープが田んぼの中で富山湾、、一瞬ホタルイカを見ました
田植え"
そしてアルミブリッジがめり込んで取れません、、渾身の力で引き抜きます
田植え