雨の代掻き・職人の店へゴー!

 ブログ化された新しい社長の日記

 今日は、朝から雨。それでも全天候型の林さんちのスタッフは、代掻きに出動。私も負けじと合羽着用で、入水作業に向かう。順調に作業を進めていたが、止木板(しぎいた)と呼ぶ、水をせき止める板が不足して来た。そこで午後、トラックでいつもの材木屋さんに行く、ところが、なんとお休み。職人の店なのに週休二日なのか!往復1時間が無駄になった。ガックリして、もう1軒の職人のお店にパイプと鋸の替え刃を買いに向かう。このお店は、新幹線の工事に伴い移転して新しい店構えになっていました。でも雰囲気は、いつものままで、まさしく「職人の店」で愛想も何もない。しかし材質も最高で、しかも安く買えるである。以前は、板を切るための鋸を、安い折り畳み式のモノをスタッフに与えていたが、切れ味も悪く、そのうち刃こぼれさび等で使えなくなってその辺に放置されることが多かった。そのことにキレて、それなら最高の切れ味の鋸を用意するから大切に使えということで、替え刃式の高級鋸を購入した。効果は、絶大で、電動鋸並みの切れ味で、愛用してくれるようになった。刃も毎春に交換してあげています。ホームセンターの工具を使って満足している人達は、一度、職人の店で、愛想の悪い店員から購入してみることをお勧めします。病み付きになりますよ。

鋸の替え刃、、柄は、そこそこだが刃自体1,000円程度で安い
鋸の替え刃


ホンモノの超高級のこぎりとは、違うが田んぼで使うには十分過ぎる性能です
鋸の替え刃

このエントリーをはてなブックマークに追加