林さんちは、クリスマスを超えてすでにお正月です。

 昨日の夕方、餅加工の男性チームでなにやらチマチマやっていると思えば、「加賀百万石仕様」超普通じゃないコシヒカリ2合【白米300g】の袋詰めでした。風土金澤さんからの注文ですが細かい作業なので袋詰め担当の女性陣もなかなか時間が取れず男性陣でやったようです。作ってからもう6年以上経ちますが地味に売れている林さんちの影のヒット商品です。そして今日は、Aコープ各店を回って店長さんと餅担当の方との打ち合わせをしています。でも店長も担当者も広い店内で見つけるのが一苦労です。まあ毎年同じような形なのですが今年は、年末の土日が12月17日(土)18日(日)と早いパターンなので納品も早くなりそうです。というか毎年毎年早くなっているような気がします。

 そんな中、千晴くんが来てくれました。実は、夢太が先々週から風邪を引いていてしんどそう。林家のドリンク薬や漢方薬を飲んでいたけどようやく昨日医者に行き薬をもらって来たそうです。しかし今日この薬を忘れて来たので郁美さんが持って来てくれたようです。まあどんな理由でも千晴くんがやってくるのは、大歓迎です。先日の初お宮参りでは、お疲れであまり笑ってくれなかったけど今日は、ご機嫌でよく笑ってくれました。まあジジイの方がよく笑っているのですが、、(* ̄▽ ̄*)

千晴くんが家に来てくれました
千晴

加賀百万石仕様の2合袋、、細かいので大変です(* ̄▽ ̄*)
加賀百万石仕様
このエントリーをはてなブックマークに追加

 備えあれば憂い無しです。

 昨日の消防団のポンプ点検は、1月22日の文化財防火デーの訓練のための予行練習をしました。今回の想定は、末松廃寺の発掘された遺物の収納庫です。今まで神社やお寺が多くて何か変わった場所が無いかなと常々考えていました。しかもここは、水利があまり無くてもしも火災の場合は、放水がかなり難しい場所です。消火栓から200mも距離があるので果たして水が出るか不安だったので試してみました。ところがいざ開始しようとしたら野々市署のポンプ車が現れてビックリ!聞くとたまたまここでやるという話を先日の役員会でしたのを聞いていた署員が通りかかったというのです。また誰かに変なことしてると通報されたかとビビリました(* ̄▽ ̄*) 結局8本160mと途中小型ポンプを中継して3本60mの220mで放水しましたが大丈夫でした。これで本番もバッチリです。そして格納庫に戻り平成29年1月8日の出初式に向けてハシゴのサラシを新調しました。「 消防ハシゴのサラシの巻き方。ちょっと笑えます。2016」動画。これが1年ぶりでなかなかピッタリ来ません。それでも3回ほど巻きなおしていまく出来ました。出初式に向けこっちも準備万端です。

 そして今日は、午前中に岡山県倉敷市から食と農の研究会の高橋会長を迎え、会宝産業で自然栽培米の会議をしました。羽咋市さんJAはくいさんも来られて初めて一同に会しての会議です。でもあまり時間もなくてお互いの考えをテーブルに出しただけになりましたがちゃんとお互いの腹のうちを出せたのは良かったと思います。しかし次回の会議が12月27日になってしまったが大丈夫かオレ?しかも帰宅後、今度は、会宝産業の青年塾20期生と東海クラス塾頭さんが会社に来られて来年1月29日に入塾説明会を開催して欲しいと来られました。本当に大丈夫かオレ、、(◎_◎) まあ頼られているうちが花か、、。

文化財防火デーの予行練習、、ホース延長200m
文化財防火デー

深い水利でも吸えるディスクストレーナーの練習です
ディスクストレーナー

はしごのサラシ巻きをしました、、何度もやり直しましたが(* ̄▽ ̄*)
勇み鳶

打ち上げは、石川県民のソウル鍋「とり野菜鍋」です\(^o^)/
とり野菜

会宝産業さんで石川県の自然栽培についての会議
会宝産業
このエントリーをはてなブックマークに追加

 時代の流れなのかそれとも新しい時代を作るのか?

 今年の祝い餅の注文のペースが遅いです。きっと今年の人は、ノンビリ屋さんが多いのでこれから爆発するだろうと考えていましたが一向にその気配がありません。今日は、12月の最初の日曜日なので例年なら社員全員が出社して準備、そして配達来店だが私を含め3名のみで準備した。まあ仏滅ということもあるだろうが最近では、あまり皆さん気にしていないのでそれは、関係なさそうです。来週は、今年は、数少ない大安の日曜日です。まだまだ間に合いますので注文をいただけることを祈っています。でも注文の少なさは、核家族化、少子高齢化、伝統文化の衰退といろいろと理由はあります。でもカップルの減少でバレンタインが衰退。単身の増加でハロウィーンの台頭。世の中のすう勢を見ながら色んな市場が開拓されています。林さんちも新しい時代の市場を考えないといけません。毎日、毎時間、毎秒、アイデアを考えているのですがなかなか出て来ません。まあアイデアが天から降ってくるためには、相当ジタバタしないといけないのは、分かっています。それでもなおまた考えることが大切でしょうねo(^o^)o

もう12月だというのにすでに収束モードか?祝い餅です(* ̄▽ ̄*)
祝い餅
このエントリーをはてなブックマークに追加

 週末はいろいろと錯綜しますが危なかった。

 昨日の夕方に野々市市より行方不明者の捜索依頼がありました。今日の午前8時に野々市交番で関係者と消防団幹部が集まって打ち合わせとのこと。しかしこの土日は、たくさんの報恩講や祝い餅の配達があります。さらに今日は、社員さんバイトさんの休みが重なってしまい餅製造数を減らして調整したくらいです。だから私も早朝からフルマックスなので交番には、行けません。そこで分団役員に電話してなんとか代りをお願いして次は、朝からの捜索の人員の召集の連絡と慌しく動きました。でも朝の配達が終わったら私の捜索に合流しなくてはいけません。こりゃエライ週末になりそうと困っていました。ところが夜9時前に、発見されたとの連絡。しかも発見場所が、彦三町という金沢市の中心部で20キロ近く離れている場所でした。歩いて行ったのかバスで行ったのかは不明ですがどっちにしろ野々市市内を捜しても絶対に見つからないパターンです。でもここ3回のパターンでも、野々市市内ではなく金沢市内で見つかっています。認知症とは言えかなり遠くまで移動するので厄介です。だから夜のうちに無事発見されて本当に助かりました。これで今日は、安心して仕事が出来ました。でもうちの消防団で「分団員がいない町内でいろいろ起きる」というジンクスがありますが今回もこれが当ってしまった。決してそうではないと思うがぜひ分団員を入団させて欲しいと願っています。

 ということで最低人員でなんとか鏡餅の袋詰めをしました。通常は、この3倍の数を詰めているのですがスーパー用の「ちょうどいい鏡餅」を前倒しで作って詰めました。この「ちょうどいい鏡餅」は、スーパーの販売担当から他社でお供え用鏡餅と5合鏡餅の中間の3合鏡餅を販売していて林さんちの鏡餅が売れない。という訴えで作った中間サイズです。でもアイテム数を増やせば増やすほど作業のロスは、多くなります。以前は、お供え用鏡餅も大中小と3つのサイズがありました。しかし良く似たサイズだと自社商品で競合して結局売れ残る事態になりました。さらに製造現場が、混乱の極みに陥ります。そしてこの中間サイズの「ちょうどいい鏡餅」が爆発的に売れるわけでもないのでスーパー分だけ限定して作っています。お客様の要望と生産効率と収益と言った難しい問題に常に悩んでいます。今年も販売計画を練ったが果たしてどうなることか、、うまく売れますよ~に!

早朝から久しぶりの社長の配達、、天気が良くて助かります
お正月餅

ちょうどいい鏡餅、、スーパー専用です
ちょうどいい鏡餅
このエントリーをはてなブックマークに追加

 野々市市の「3010運動」は、とても良いことです。

 昨晩、野々市市消防団幹部のご苦労さん会が金沢市の割烹みや川さんでありました。この千載一遇の機会に先日購入した二日酔いの薬ミラグレーンを実験してみました。「 ミラグレーンは二日酔いに本当に効くのか?実験その2.2016」動画。そして野々市市の消防主任から「3010運動」に協力して欲しいという話が冒頭にありました。食べ物を残さないように乾杯の後30分と締めの10分前はご膳に座って食べる運動です。食育授業をしている私は、どんな宴会でも完食を心がけていますので問題ありませんが他に人を見ていると酷い食べ方の方が多い。特に消防団員の幹部の皆様は、飲兵衛が多いのでその傾向が強いです。消防団主催の家族温泉でも来賓の消防団幹部の皆さんの食事がほとんど残っているのでいつも「かっぱエビせん」や「柿ピー」と言った乾き物だけ置いておけばいいのではないか?とマジで思います。今回のこの「3010運動」に皆さん、概ね?協力されていましたがやはり皆さん好き嫌いの多い方々が多いですね、、d( ̄^ ̄)

 今日の午前中に予定より1日早くお正月餅の新聞折込チラシが、届きました。最近は、ネット印刷という便利で安い方法でデザイナーさんがやってくれています。しかしこの方法だと自分で折込センターに午前中に搬入しなくてはいけません。担当の妻に言うと実は、明日の午前は、都合が悪いので今日行きたいとのこと。でも時計を見るともう11時を回っています。折込センターは、20分ほどかかる美川にあります。超重いチラシの箱をギックリ腰にならないように注意してなんとか車に積んで出発しました。そしてなんとかギリギリ午前中に搬入完了。12月4日日曜日に近隣3万世帯に折込まれます。たくさん注文がありますよ~に!

3010運動、、乾杯の後30分と締めの10分前はご膳に座って食べる運動です
***

新聞折込チラシが完成、、ネット印刷で出来ています
***

美川にある折込センター、、昔と違って便利親切です
***
このエントリーをはてなブックマークに追加

 林さんちの鏡餅はスピーマーという機械でパックされています。

 昨日、たくさん作ったお供え用鏡餅を今日は、一斉に袋詰めをします。林さんちの鏡餅は、スピーマーという機械で饅頭用フィルムと呼ばれるビニルシートでピッタリパックします。「林さんちの鏡餅はスピーマで瞬間パックされます。2016」動画。この機械は、実は、皆さんが良く目にする工業製品や生活用品のパックにも使われています。この機械は、真空成型機と呼ばれて金沢美大にもありました。私の卒制は、遊具用の自転車だったのでそのホイールカバーをこれで作りました。まず石膏で型を作りそこに細かい穴をいくつも開けます。そして上に熱したプラスチック板を当てて下から一気に真空ポンプで吸うのです。すると型どおりのプラスチック板が出来てそれを切ってホイールカバーにしました。まったく今のお餅で使っている原理と同じ機械でした。でもこのパックは、下から空気を吸うための多孔シートを敷いています。だから真空パックじゃないのでカビには、無防備です。そこでワサビを搗き込んでいるのですがさらに外袋に入れて脱酸素剤エージレスを入れています。これで長期保存が可能になります。今年もお客様のお正月を彩ってくれることを祈っています(o^-^o)

 さらに今日は、月初めでバイトさんの給料支払いやなんやかんやで走り回っています。さらに午後は、トヨタ式農業収益向上プロジェクトの講演会。夜は、消防団の役員会です。その後の意見交換会で飲むのでミラグレーンの実験とテンコ盛りです。 

スピーマーでパックされたお供え用鏡餅です、、綺麗(o^-^o)
お供え用鏡餅

これを昨年から導入した縦型のスタッドパックに入れます、、これが難儀です
お供え用鏡餅

最後に表示シールを貼って完成、、たくさん売れますよ~に!
お供え用鏡餅
このエントリーをはてなブックマークに追加

 お正月餅製造が佳境に入って来ました。

 今日からお正月餅の中でも一番手のかかるお供え用鏡餅の製造に入りました。とにかく小さい鏡餅で製造ノルマも7千組以上なので時間もかかります。だから人海作戦で作りますが見ているこっちの目が回ります。「 林さんちのお供え用鏡餅製造は早過ぎて目が回ります。2016」動画。この動画を見ているとお餅の成型で型を使っています。でも私も騙されたのですがこの型だけでは、ちゃんとした鏡餅には、なりません。今から30年前に餅加工を始めた頃にメーカーの営業の方が教えてくれたのは素人でもお餅を搗いて切ってポンとこの型に入れるだけで鏡餅が出来ますよということでした。ところがいざやってみると型に餅がくっ付いて出て来なかったり型から出しても形が歪になったり、、もう散々でした。それからと言うもののいろんな方法を試して今の姿になっています。結論は、型に頼らずに「ちゃんとこねる」のが大事ということです。まあそのおかげで人海作戦となって私の仕事がこれだけの人員を集めることになりました。毎年毎年、この人のお手配で胃が痛くなります。今年もまだ完全に人数が揃っていません。なんとかしてバイトさんを探さないとo(^o^)o

まるで千手観音のようにたくさんの人手で作っています、、目が回る
お供え用鏡餅

一日にこの小さな丸餅を5千個ほど作ります、、(◎_◎)
お供え用鏡餅
このエントリーをはてなブックマークに追加