こんな秋晴れが続くと良いのですが、、。

 こんなに晴れたのは、本当に久しぶりです。でもここのところの涼しさに身体が慣れていて30℃オーバーは、かなりこたえました。そしてどこからともなく流れて来るキンモクセイの香りの中全開で稲刈りをしました。午前中は、まだ雨露が残っているので1時間ほど遅れて私が開始。そして1時間半後にもう1台を投入して午前中と午後の少しだけ2台体制で稲刈りをしました。でもここのエリアの田んぼは、林さんちの平均7aよりさらに小さい6aなのでクルクルと本当に激しく機動したので疲れました。さらに乾いたカグラモチには、特有のチクチクした籾殻に付いた「毛茸(もうじょう)」が飛散して顔や目が痛い。しまいには、作業ズボンを突き抜けて太ももに刺さって痛い。次回からもう少し重装備で臨みます。しかし明日の午前中は、富陽小学校の稲刈りで私が参戦出来ず。しかもお天気が超微妙。予備日の30日は、もっとヤバそう。明日は、小雨決行でなんとか刈りたいですo(^o^)o

久しぶりの秋晴れ、、カグラモチ全開稲刈りですo(^o^)o
カグラモチ

霊峰白山も綺麗に見えます、、2台体制で午前中刈りました
カグラモチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋雨前線の停滞で雨マークの連発です。

 今日の天気予報は、朝から80%。研修明けでいきなりの雨では、社長としては顔が立ちません。でも外は、小雨が降っていて万事休すか?と思いきやまだ刈れるということでスクランブル発進しました。刈り始めからポツポツ来ていましたがここ2日間の好天で稲が乾いていて問題なく刈れます。この調子で突っ走ろうと思いきや西の空に雨のカーテンが見えます。それがドンドン近づいて来て大粒の雨に。ここで無理して危ないというのでタンク2杯分を刈って早々に撤収。明日は、晴れマークなのでまた全開で臨みます。でもその後は、連続の雨マーク。28日には、富陽小学校の稲刈りがあるのでこれはマズイです。曇りでも小雨でもいいからお天気がもつことを祈るのみです。

朝イチで行ける!と急ぎ稲刈り開始しました、、しかし(×_×)
カグラモチ

タンク2杯であえなく雨、、撤収しました(ToT)
カグラモチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京の防災拠点を見学しました。

 研修2日目は、メインの東京臨海広域防災公園の見学と体験です。ここには、全国消防操法大会で2回来ているお馴染みの場所です。ここは、避難所ではなくて防災本部としての機能を持った場所です。ここに有事の際は、200人のスタッフが集まって各所の避難所や関係施設に指令を出すところです。中で見せてもらった72時間をいかに生き残るかのアニメを観せてもらったがこれが実に泣かせる。姉と弟が被災して生き残るお話ですがもうウルウルでした(ToT)

東京臨海広域防災公園、、防災体験施設「そなエリア東京」
東京臨海広域防災公園
このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝から消防団の幹部研修。稲刈り日和なので後ろ髪引かれての参加。

 早朝に市役所に集合。かがやきで東京駅そこからまずは、靖国神社に参拝と遊就館を見学。遊就館には、靖国の歴史そしてこれまでの戦争のことが多く展示してありました。とてもじゃないけど1時間やそこらでは、観られない内容です。英霊達そして遺族の多くの思いを感じました。そしてその帰りには、雨が降って来ました。次の目的地の仲見世通りと浅草寺に着くころには、土砂降り。私の携帯用にミニ傘では、役に立たずびしょ濡れになりながらなんとか雷門で記念撮影。しかし仲見世通りは、ほとんどが外人さん。というかここでは、日本人が外人です。それからは、スカイツリー、、こんな雨でまったく下界が見えない日に行くところじゃありません。当然、空き空きで余裕で上の天望回廊まで行けました。「雨の日のスカイツリーは貸切状態です。2016」動画。前回、行った時は、2時間のうちエレベーター待ちで1時半だったのでお土産も買えませんでしたが今回は、しっかり買えました。そして夜は、ちゃんこ屋さんで鍋を囲んで懇親会。相変わらず長い夜でした(* ̄▽ ̄*)

20160924151208.JPG
20160924134652.JPG
20160924110717.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加

 雨でカグラモチの稲刈りが出来ず。

 かすかな望みを持って朝起きたが外は雨で濡れていて万事休す。結局、1日カグラモチの籾摺りになった。どっちにしろ籾摺りをしないといけないので良しとします。そしてこの機会に「林さんちの籾殻はリアルタイムで運搬します。2016」動画を撮影しました。多くの農家さんで籾殻の処理に苦労されていると思います。林さんちも籾殻の排出運搬は、昔から苦労していました。最近のライスセンターには、籾殻タンクがあってそこに排出して後でトラックで運ぶのが定番です。でも林さんちには、その籾殻タンクがありません。昭和53年の専業農家を始めた頃は、外に山にして燃やしていました。でも台風が来る度に燃え上がって危険です。そこで100m離れたキウイ畑に途中中継機を介して延々とパイプを伸ばして排出しました。でもこのパイプが破れたり中継機で詰まったりと散々。時には、籾殻を全部袋詰めして山にして販売もしました。でもこの籾殻の袋を運送屋が来るのが年末。風雨に晒された籾殻袋に水が染み込んで重くなったりしました。そしてある年末に取りに来てトラックに積んでいたらその水が入って急に重くなった籾殻袋でギックリ腰に!それ以来ずっと腰痛持ちになってしまった。そんな痛恨の思い出もある籾殻ですが現在のライスセンター横から直接に軽トラックに積む方式にしてから解決しました。満タンにして軽トラで田んぼに撒きます。籾殻やワラは、基本的に田んぼに戻すのが基本ですので一石二鳥です。軽トラ1台で約1トンは、籾摺りできるので30~40分に1回の運搬が必要ですが慣れれば大丈夫。籾殻タンクに貯めて後で運ぶ手間も不要なので効率的です。籾殻の排出パイプも短い方が籾摺りには、好都合です。長いと排圧という圧力で籾殻が戻って来て玄米に混じるのです。玄米カラー色彩選別機ピカ選もあるけどやはり基本的に籾や籾殻の混入を防ぐシステムが前提ですので今は、うまく機能していると思います。

カグラモチの籾摺り開始、、一昨日刈れて良かった(o^-^o)

カグラモチ

林さんちの籾殻の排出運搬方法です、、皆さん苦労されていると思います
カグラモチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 モヤモヤした1日です。

 昨日は、なんとか「クボタAR70の揺動盤のシリコンゴム交換です。2016」動画で修理完了してカグラモチの稲刈りが出来ました。ところが今日は、秋分の日でお休み。でもお天気が長続きしないので晴れたら有志で稲刈りをすることにしました。でも朝起きると無常の雨。やる気失くして二度寝してふと目が覚めると外が明るい。なんと青空になっていました。しかしライスセンターから乾燥機が稼動する音が聞こえます。え?まだ乾燥出来てないの!と見ると2番、3番がまだ乾燥中、、しかもまだ数時間はかかる予定です。それでも1番、4番が乾燥終了しているので10前後は、刈れる計算。そこで慌てて雨雲レーダーを確認したらこんな青空なのに午後から雨!う~んしかも明日も雨マーク。実は、24、25日と消防団の研修旅行で私が不在。だから今日明日で少しでも刈りたかったのだが本当にモヤモヤした休日を過ごしています。

午前中から青空が、、どうしよう?
カグラモチ

でも乾燥機がまだ2台仕上がらない、、(◎_◎)
カグラモチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 台風一過だが置き土産で雨が降りました。

 昨日の台風16号は、石川県には、大きな被害もなく通り過ぎて行きました。そしてさぁ~朝からカグラモチの試し刈りやぁ~と気合を入れていたら何や有り得ない音が、、雨音がしています。え?と思って外を見るとしっかり田んぼが濡れています。仕方ないので試し刈りも午後に延期。まあその間に餅つきやAR70の修理。お米の検査とやること満載なのでちょうど良かったかもしれません。調べると昨年は、9月24日に試し刈りで小学校と幼稚園の隅刈りをしています。でもどっちにしろAR70の揺動盤のシリコンゴムの交換をしないと出来ないのでこっちもちょうど良かったのでしょう。明日は、祭日ですが返上で稲刈り予定なので頑張ってやります。

稲刈り機械コンバインのクボタAR70の揺動盤の修理、、3人がかりで引っ張り出します
クボタAR70

劣化してバリバリになったシリコンゴムを交換します
クボタAR70
午後からの試し刈りは、幼稚園の田んぼでします、、まずはER467から
カグラモチ
揺動盤修理が終了したAR70も持って来て試し刈り、、富陽小の田んぼです
カグラモチ
このエントリーをはてなブックマークに追加